オリエンタルラジオ・藤森慎吾さんがツイッターにアップした”週刊誌撃退法”によって、マスコミ業界が騒然としているといいます。

 

※こ、これは・・



 

 

[以下引用]

藤森は10月28日、Twitterに「最近立て続けに家の前に週刊誌記者がいて、突然写真を撮ってきたので、こちらも動画を回したら想像以上に動揺」などと投稿。「嘘記事書かれたら動画も出そうっと」と、目線入りの記者とカメラを構えて顔が見えないカメラマンの静止画像をアップした。

 

「具体的な媒体名は書かれていませんが、有名女性週刊誌が直撃を行ったようだとマスコミの間で噂されています。藤森は24日に出演した『サンデー・ジャポン』で、かねてより交際していたブラジル人ハーフの一般女性との破局を明かし、元交際相手の田中みな実との“復縁説”がネット上で盛り上がりを見せている。このあたりの実情を、週刊誌サイドは本人に聞こうとしたとみられています」(スポーツ紙記者)

 

藤森の投稿からは、相当な怒りが感じられるものの、当初メディア関係者の間では「自作自演説」もささやかれていたとか。しかし、今回の騒動は“仕込み”などではなく、週刊誌サイドが藤森を本気で怒らせてしまったために勃発したようだ。

 

「藤森の言い分を見る限り、記者との会話もほぼ成立していないし、記事化したところで週刊誌サイドが世間から批判されるのは目に見えています。しかし、もう吉本から注意を受けるという心配はないため、記事化を強行する可能性もゼロではない。今回の“撃退法”はプライバシー侵害の観点も含めて、芸能マスコミの在り方に一石を投じるものになり得るだけに、今後、同誌が藤森の記事を出すのかどうか、関係者は固唾をのんで見守っています」(情報番組スタッフ)

[日刊サイゾー]

 

ということで、問題のツイートはこちら。

 

 

どうやら藤森さん、相当オカンムリのようで。

 

ただ、週刊誌側が藤森さんに対して無遠慮に突撃取材を繰り返したのは、昨年にオリラジの2人が吉本興業を退所したことが原因のようです。

 

つまり、芸能界に大きな影響力を持つヨシモトの庇護から離れたことで、マスコミからも守られなくなったということ。

 

藤森さんは温厚な人物として知られているものの、そういった現状を目の当たりにして

 

「今後は自分の身は自分で守らなくては!」

 

と、覚悟を決めて“強硬手段”に出たみたいですね。

 

ネット民に窮状を訴えれば、必ず自分の見方になってくれる・・との読みもあったでしょうけど、実際、SNSでは藤森さんの行動を支持する意見が圧倒的。

 

一方、トラブルを引き起こした週刊誌を非難する声もありますが、それ以上に芸能人のプライバシーを平気で踏みにじるマスコミ全体の取材姿勢に対する批判の声が多い印象。

 

こうなってくると、マスコミ業界が騒然とするのも無理はありません。

 

彼らがどこまで自分たちの”仕事”に誇りを持ってやっているのかは分かりませんが、少なくとも世論を敵に回せば圧倒的不利になるのは明白ですからね。

 

「週刊誌側の今後の出方が焦点になってくる」(情報番組スタッフ)との証言もありましたが、成り行きによっては芸能人のスクープやスキャンダルを巡る状況が一気に変わってしまう可能性もあるだけに、注目です。

 

◆クズにはクズなりの論理も倫理もある!

 元フライデー編集長の言い分→ geinou ranking geinou reading

 元フライデー編集長の言い分→ geinou reading geinou ranking

 

◆復縁のためなら何でもする!みたいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロフェッショナル 仕事の流儀 田中みな実 ~求められて、私は輝く~ [ (ドキ...

価格:3478円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤森慎吾さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー