昨年12月25日、キングコング西野亮廣さんが原作、製作総指揮、脚本を務めたアニメ映画『えんとつ町のプペル』が公開され、10日間で、動員63万人、興行収入8.7億を記録し話題になっています。

 

しかしこの好調な記録のウラに、西野さんのオンラインサロンを利用した眉をひそめたくなるような信者ビジネスがあったとか。

 

 

 

目次

閉じる

一般男性が明かした「80セット23.6万円」の台本&チケット

 

[以下引用]

「ネット上では現在、ある一般男性が、情報発信サービス『note』につづった記事が注目を集めています。記事によると、この男性は西野のサロン会員らしく、映画『えんとつ町のプペル』の“シナリオ台本&前売りチケット”を原価で仕入れ、販売できる権利を手に入れたそう。『80セットで23.6万円』と高額ながら、値段を上げて売れば利益も出るということで、『普通に売れる』と思って購入したといいます」(同)

 

しかし、男性は結局“売るのは難しい”と痛感し、自分で映画を80回見るという方向に切り替えたようだ。

 

「この男性の投稿が話題を呼ぶと、ネット上では『西野のオンラインサロンで一般人が食い物にされてる』『西野的にはチケットがはけて金も入るけど、うまい話に乗っかったサロンメンバーは損でしかないな』『西野はノーダメージだからなモヤモヤする』『これはまさに信者ビジネス』といった西野への批判が飛び交うようになりました」(同)

[サイゾーウーマン]

 

 

西野さんのオンラインサロンの登録者は7万人だそうで、単純に全員がこれに挑戦したとしたら100億軽く超えちゃいますが、流石にそういう権利ではなかったようで、人数はかなり限定されていたようですね。

 

しかし、西野さんもえげつないですね。

 

チケットと台本の原価は3000円で、これをたとえ3500円で全部売り切っても4万円の稼ぎにしかなりません。

 

この方のnote見ましたが、なんと5月に「仕事を辞めてやりたいことをする!今しかできない経験をする!」と仕事を辞め失業保険を受給中で、決してお財布が豊かな人ではないようです。

 

それでも挑戦したのは、「やりたいことはないけど何かはしたい」という自分を鼓舞する気持ちだったり、「オフ会で輝いている人たちと同じ舞台に立ちたい」という、何ともうまく乗せられた感じの部分だったり。

 

ちなみに、同じようにチケットと台本を買う権利を得た別の人は、経営する飲食店のパスタとドリンクをサービスして3500円で売っていたというネットメディアの記事もありました。確かにこういう形であれば、チケットと台本を買った人も満足ですし、売った方も、結果ネットメディアに取り上げられたわけですからお客さんも増えそうで支払った金額以上のリターンがあったかもしれませんね。

 

 

西野亮廣のオンラインサロンで販売されるトンデモ権利

 

[スポンサーリンク]

 

noteを最後まで読むと、失業保険受給中の人もこの人なりの気付きがあったようなので、おそらく後悔はしていないと思います。

 

が、大きなお世話ですが、西野さんが大吾さんに「捕まってないだけの詐欺師」と呼ばれていたのもわからないではありません。

 

今回のことも、例えばですが、同じことを他のタレントがファンクラブを通してやっていたら大問題では。

 

西野さんがずるいというか賢いというか、「やりたいことはないけど何かはしたい」「自分もあの中心メンバーの位置に行きたい」という微妙なところを刺激することですかね。

 

そして信者になってしまえば、もはやよくわからないことでも賛同できるみたいです。

 

[以下引用]

西野のオンラインサロンは月額980円の会員制で、会員数は約7万人。年商は8億円を超えるという。サロンメンバーは西野に心酔し、彼の携わる企画に率先して一緒に取り組むケースも少なくないようだ。

 

たとえば西野は2019年8月から9月にかけて、東京タワーで個展を開いたが、会場の後片付けをする権利を5万円で販売した。これもネットでは「せめて西野本人に会えるならまだしも……」「信者はおかしくなっている」と炎上していたが、西野ファンにとっては、西野の個展の後片付けをする権利はお金を払ってでも欲しいものなのだろう。

 

また、2018年に立ち上げたウェブサービス「レターポット」も賛否を呼んだ。「レターポット」は一文字5円で“文字”を送ることができ、誰かから文字を受け取ると、受け取った分だけの文字を別の相手に送ることができるというサービス。SNSで誰でも手軽に発信できる現代、文字をお金で買って相手に送ることで、より言葉選びが慎重になり、ネガティブな発言で相手を傷つけることもなくなるという狙いがあるそうだが、ネットでは「LINEでいいのでは?」「一文字5円は高すぎる」と冷静な指摘も。LINEなど他のツールで代替可能なものだが、西野の思想に感化されてあえてレターポットを使いたいというユーザーは確実にいるわけで、売上は運営側の懐に入る。

[ウェジー]

 

 

オリラジの中田敦彦さんの教祖様ビジネスとは違う方向ですが、西野さん、貪欲ですね。

 

 

 

自らを「御神体」と呼ばせチケットを売りさばく…中田敦彦の教祖様ビジネスの実態が酷い

 

以前、西野さんが近畿大学で挨拶をしたときの動画を観たことがあるのですが、否定してから持ち上げるという非常にわかりやすい話の流れで、それなりの社会経験を積んだ大人はともかく、若い人であれば、そのまま心酔して場合によっては信者になるというのもあるんだろうなと思いました。

 

とはいえ、法的に問題がないならば、自分が納得して信者になって、納得してお布施を払っている以上誰も文句は言えないですよね。

 

ただ、怪しげな自己啓発セミナーとは違うというところをしっかり全面に出さないと、周りの目は厳しくなっていくかも。

 

◆これが西野亮廣の「洗脳」

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

※累計50万部突破

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※西野亮廣さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!