[スポンサーリンク]

 

今月いっぱいで関ジャニ∞の錦戸亮さんが脱退・退所しますが、その次は誰かという話で、長瀬智也さんが筆頭に上がっています。

 

その根拠とは。

 

 

※ジャニーズファン以外も認める稀有な存在

 

 

長瀬智也が脱退・退所したい理由

 

元TOKIOの山口達也さんが不祥事で抜けて以降、長瀬さんが厳しい処分に不満を持っているとか、TOKIOが別会社に、といったニュースが見られるようになりました。

 

そんな中、長瀬さんの脱退・退所報道が初めにあったのは今年1月のこちらの記事ではないでしょうか。

 次のジャニーズ退所候補者はダークホース長瀬智也!

 

それ以降はたびたび「次は長瀬」と報じられ既に耳にタコ状態ですが、どれも共通するのが脱退・退所の理由です。

 

それは、山口さんが退所して以降、TOKIOが音楽活動を休止していること。

 

それが連帯責任だとして発表されましたが、その結果、何よりも音楽活動を大事にしてきたと言われる長瀬さんが退所を考えるようになったと言われています。

 

実際、長年出場してきた紅白連続出場は昨年途絶えましたし、今年9月21日にTOKIOはデビュー25周年を迎えますが、特にイベントの予定はありません。

 

一方で、長瀬さんは4年ほど前から個人で「THE SISSY BARS」というバンドを組んでおり、とにかくその人達と音楽ができれば、と望んでいるという話もあります。

 

 

長瀬智也が退所間近である根拠1:仕事をしていない

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

嵐の活動休止を提案した大野は事務所に「脱退」を相談した一六年頃からソロ活動をストップしたが、長瀬もCM以外、映画やドラマなど新規の仕事を入れていない。

 

「時間があるときはもっぱら趣味のバイクいじりか、自宅で曲作りに没頭しています。メンバーとの関係は悪くないが、明らかに彼らとは違う方向を向いている。事務所内でも、錦戸の次は長瀬だと見る向きが少なくない」(前出・プロダクション幹部)

[週刊文春]

 

 

長瀬さんは比較的俳優の仕事が多い方だったと思いますが、ドラマは2017年の『ごめん、愛してる』、映画は2018年公開の『空飛ぶタイヤ』以降ないですね。

 

まあこれまでも間があくことはありましたし、あとになって「ほら仕事してなかったでしょ?」と言われれば「そうだったのか!」というレベルの話です。

 

これだけではなんとも言えませんが、今回文春には滝沢秀明さんの衝撃的なほのめかしが明かされていました。

 

 

長瀬智也が退所間近である根拠2:滝沢秀明の発言

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

ジャニーズアイランドの社長である滝沢秀明も周囲に「TOKIOはもう難しいよ」などと、長瀬の退所をほのめかすような発言をしているという。

 

「メインの長瀬が抜ければグループの解散も必至。嵐の次はTOKIOという声がもっぱらです」(前出・プロダクション幹部)

[週刊文春]

 

 

ちなみに長瀬さん退所の第一報だったと思われるゲンダイは、長瀬さん周辺の異変として、

 

・グラミー賞の現地リポーターの仕事を降りた

 

・日本アカデミー賞で『空飛ぶタイヤ』主演の長瀬さんがノミネートされなかった

 

をあげていました。

 

グラミー賞については、音楽が好きな長瀬さんは会場でトップアーティストたちと交流できる機会を楽しみにしていたのに自分から降りるわけがないと、日本アカデミー賞については、各部門で『空飛ぶタイヤ』がノミネートされる中、主演の長瀬さんだけが外れていたという不自然さを指摘していました。

 

その前から山口さんの件やSNSを勝手に始めていたことから事務所と確執があり、このように仕事にも影響が出始め、長瀬さんが退所に向かっている根拠として報じていました。

 

滝沢さんはそんな裏事情を知った上で発言してるんだろうと思うと、「TOKIOはもう難しい」んでしょうね。

 

長瀬さんも40歳。

 

好きなことができない人生なら、方向転換を探りたくなるころなのではないでしょうか。

 

◆TOKIOメンバー内人気ランキングの結果が

とても意外→ geinou ranking geinou reading

とても意外→ geinou reading geinou ranking

 

※足、ながっ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※バイク仲間草なぎ剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング