両親とも創価学会員の家庭に育ち、小学校から大学まで創価系列に通った“エリート信者”で、2012年に脱会した元創価二世長井秀和さんが、芸能人の創価事情について言及し話題になっています。

 

 

 

 

長井さんによると、芸能人は「芸術部」というところに所属しており、大きな役目は信者獲得のための“広告塔”になることだそう。

 

信者を勧誘する際の『折伏セミナー』に有名芸能人が来ると、「人気アイドルグループの〇〇くん、同志なんだ」と大盛り上がりするそうで。

 

また、選挙の際の応援演説でも召集されるそうで、学会員であることが有名な久本雅美さんは、多忙にもかかわらず2004年の選挙で23回も応援演説していたと語り継がれているとか。

 

週刊Flashの取材の中で、長井さんは次々と驚く名前を挙げていきます。長いですがそのまま引用します。

 

 

[以下引用]

2005年1月7日、長井氏は、本部幹部会に招かれた。両隣には、氷川きよし(45)と滝沢秀明(40)の姿が。このとき、池田大作名誉会長は、長井のネタ「間違いない!」を披露したという。

 

「芸術部の『躍進3人衆』のような形で並ばされたんです。当時、私が急激に売れたころですね。池田氏に近い席で、相当な厚遇でした。でも私は、池田氏に小学校から大学まで70回ぐらいお会いしていたので、はっきり言って新鮮味がなかった。でも、氷川くんはおそらく池田氏に会うのが初めてで、涙ぐみながら話を聞いていました。メモは禁止だったんですが、後でレポートを出さなきゃいけないから、話をメモっていたんですよ。そうしたら、隣にいた氷川くんに睨みつけられて、『メモを取っちゃいけないじゃないですか!』って怒られてね。氷川くんは、本当に池田氏に心酔しきってましたね」

 

滝沢は、池田名誉会長に気に入られていたという。

 

「滝沢くんのお母さんは、頑張って活動していましたよ。池田氏は歴史好きでもあるので、NHKの大河ドラマ『義経』で源義経役をやったときなんか、本当に喜んでいました」

 

本部幹部会に3人が参加したことについて創価学会広報室に問い合わせると、「会合の内容等についてはお答えを控えております」と回答した。芸術部で、久本や岸本、柴田らを超えるベテランが、歌手の山本リンダ(71)だ。

 

「創価学会や公明党の集会で、士気を上げたり、対立陣営を煽るときに、彼女のヒット曲『狙いうち』がよく歌われるんです。サビをみんなで合唱して、対立候補や学会内の『仏敵』とされる人たちの名前を挙げて、最後に『お前は絶対、地獄行き。ヘイ!』と、みんなで叫んで盛り上がるんです」

 

ミュージシャンの学会員として、ほかに長井氏が挙げたのが、TM NETWORKの木根尚登(65)だ。

 

「木根さんはセミナーにも熱心に来ていましたが、一人だとちょっと盛り上がりに欠ける。ボーカルの宇都宮隆さんも一応学会員で、『なるべくセットで』という頼まれ方をしていました。いちばん盛り上がるのは、小室哲哉さんが来たとき。小室さんは学会員ではないんですが、木根さんのよしみで参加してくれたんです。小室さんは『俺はこの宗教、わからないけど、みんな目がキラキラしていていいよね』と言ってくれたそうです。小室さんは“理解者”と呼ばれていました」

 

THE虎舞竜のボーカル・高橋ジョージ(64)は、かつて「創価新報」で「(生命力の)源泉は信仰であり、学会活動」と告白している。

 

「高橋さんは以前、テリー伊藤さんと『サンデージャポン』(TBS系)で共演していました。そのテリーさんが『お笑い創価学会』(2000年)を書いたときに、『テリーさんって、創価学会が嫌いなのかな』と心配していましたね」

 

芸術部のなかには創価大学出身者も多い。ナイツの塙宣之(44)と土屋伸之(44)の2人もそうだ。

 

「ナイツは、私が創価大学3、4年のころに設立された落研(落語研究会)の出世頭です。それまでは、創価大出身の芸人といえば、アニマル梯団の2人か、私だったんですけどね(苦笑)。土屋さんは、私が学会を批判するようになってから、一度お笑いライブで一緒になったのですが、『もう話したくない』という雰囲気で、完全に『仏敵』扱いでしたね。エレキコミックも落研出身で、学会のセミナーや公明党の講演会なんかに、いちばん出てるコンビだと思います」

 

吉本興業所属の芸人にも学会員は多い。過去には、「週刊文春」がかまいたちの濱家隆一を、「週刊新潮」がとろサーモンの2人を信者であると報じたことがあるが、学会員だといわれているベテランコンビと、長井氏は実際に集会でよく会ったという。

 

「中川家の2人は、親の影響で幼少期から学会員ですよ。意外な組み合わせですが、2人は岸本(加世子)さんと仲がいいんです。学会の会合で一緒になると、よく3人で『タバコ吸えるとこないかな』って言いながら、会場の裏のほうで一服していました」

[Smar Flash]

 

 

 

ちなみに芸能人が創価学会に入るメリットは、よく言われる「キャスティングに有利」ということではないとのこと。

 

制作側に学会員がいれば1,2回呼ばれることがあるかもしれないものの、そこは能力ありきで実力がなければ出続けられず、それはドラマの世界も同じで、少なくとも長井さんは創価の力で大役に抜擢された、とかいう話は聞いたことがないそう。

 

とはいえ、1,2回でもチャンスがつかめれば、それだけでもありがたいという人はいるでしょうね。

 

創価学会の芸能人については、これまでも何度となく報じられてきました。

 

 

猫ひろしは創価学会員なのか?本当に創価学会に所属する芸能人はこの人!

 

しかし今回は初見の人もチラホラ。

 

こういうのを「信仰の自由があるのに、アウティングじゃないの?」みたいな声もありますが、素晴らしいと思って入ってる宗教であるはずですから、本人たちも言われて困ることもないのでは。

 

そうだとしても、こんなにボロボロと内部事情を話して、長井さん自身が心配です。

 

内部事情を知る元学会員として、これまでも様々なことを暴露してきていますが、芸能界は統一教会ほどに創価に対して厳しい態度を向けていないのが現実です。

 

 

創価学会は”第二の統一教会”になるか?ミヤネ屋が長井秀和の暴露を完全スルーする理由

 

が、一般人にとっては、なかなか興味深い話なのも事実。

 

個人的には、学会員と知らずに友人になった人に、目的を知らされず出かけた先が集会だったこと、その後、選挙のたび「公明党よろしく」と電話がかかってきていたこと、断ってもスルーされ続けたたこと、など、いい思い出がゼロなのが創価学会です。

 

ああいう勧誘を行うことを「是」としたり、学会員みんなで山本リンダさんの「狙い撃ち」を合唱し、「お前は絶対、地獄行き。ヘイ!」なんて盛り上がるのが「宗教」なんですよね。

 

いや怖い怖い。

 

◆芸能界のタブー。こちらも崩壊寸前

タッキーの…→ geinou ranking geinou reading

タッキーの…→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ナイツ土屋さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング