複数女性に対する性加害報道で大きな注目を集めている松本人志さんと小沢一敬さんが、ここにきて反撃に出始めました。

 

※あっという間にバレンタイン

 

昨年末に文春が報じた内容はこちら。

 

 

松本人志性強要で強制終了!スピードワゴン小沢は女衒。吉本が法的措置宣言で、文春続報あるか

 

さらに大晦日直前には、小沢さんと被害女性A子さんとのLINEやり取りとみられる画像が流出するという展開になっていましたが・・

 

 

[以下引用]

「記事を読むと、女性と小沢さんや松本さんとのLINE、ショートメッセージのデータが証拠として掲載はされているものの、性加害のくだりについてはほぼすべてが女性の証言によるもの。松本が性行為の強要を否定していることに加えて、吉本興業が『事実無根』との声明を出した以上、状況証拠だけで一方を批判することとなってしまうだけに、各メディアや著名人らもこの件の取り扱いには慎重なスタンスを見せています」(スポーツ紙記者、以下同)  

 

そんな中でさらに状況を混沌とさせたのが、小沢とA子さんのLINEやり取りとみられる画像だ。

 

「12月29日、フリーライターと思しきアカウントが『芸人界隈から回ってきた』としてXに投稿されたもので、小沢さんのスマートフォン画面をスクショしたものと見られている。文春に一部掲載された、小沢さんがA子さんにホテルの部屋を伝える連絡や、『大丈夫?』『無理すんなよ』と気遣うメッセージも確認できます。しかし、最も目を引くのは、性加害に遭った直後のA子さんが小沢さんに送った“お礼メッセージ”でしょう」  

 

A子さんのメッセージは《小沢さん、今日は幻みたいに稀少な会をありがとうございました。会えて嬉しかったです。松本さんも本当に本当に素敵で、●●さん(※画像では実名)も最後までとても優しくて小沢さんから頂けたご縁に感謝します。もう皆それぞれ帰宅しました ありがとうございました》というもの。  

 

松本と小沢ともうひとりは、文春にも書かれている放送作家のX氏のこととみられ、記事ではX氏もA子さんに性加害を行っていたことが伝えられていた。

 

「A子さんと見られる人物による小沢さんへのお礼メッセージは、0時26分に送信されている。文春によれば、この日女性たちが開放されたのは深夜12時過ぎということで、内容や状況も合致しています」(同)  

 

本サイトはこのスクリーンショットの現物を入手。一部のお笑い関係者の間に出回っているもので、内容は本物で間違いないことも分かった。

 

「小沢さんはこの一件で『松本さんに迷惑を掛けてしまう』と気が気でなくなり、当時の状況を説明するため親しい関係者にこの画像を送っているようです。芸能関係者の間では、小沢さんの旗振りによるパーティや合コンは有名な話ですが、まさかこんな大事に発展するとはと周囲も心配しています」(中堅お笑い芸人、以下同)

 

同芸人によると、小沢の人脈は芸能界でも指折りだと有名で、大御所芸能人の誕生会を仕切ったり、ジャニーズタレントとの“自宅飲み”も定期的に開催しているのだとか。しかし、少なくとも文春で報じられたような性接待目的での“アテンド”は一度たりとも目にしたことはないという。

 

「記事では女性を気遣うLINEを『アリバイ作り』と書かれていましたが、少なくとも自分の知っている飲み会での小沢さんは盛り上げ役の紳士というイメージ。ある会合で、夜11時を過ぎたくらいのタイミングで『電車で帰る人はそろそろ危ない時間ですよ~』と注意喚起していたのが印象的です」  

 

今回の報道について小沢が沈黙している理由については、 「ただただ、松本さんを始めとして交流のある人たちに迷惑が及ばないようにと苦慮した結果でしょう。黙っている=悪になってしまうのは、ある意味仕方のない話かも知れませんが……。ですが、このLINEで世間がA子さんに批判的になっているのは問題だし、かといって松本さんや小沢さんがすべて悪いとも思えない。もう少し状況がハッキリとするまで、自分は静観していようと思います」とのことだった。

[週刊女性プライム]

 

 

今ネットで出回っているLINEスクショ画像がこちら。

 

 

 

 

文春に掲載されていた、A子さんサイドが提出しているLINEスクショ画像。

 

 

 

 

 

 

これがホンモノなら、かなり風向きが変わります。

 

A子さんは、松本さん本人にも直後に〈タクシー代、ありがとうございました〉というメッセージを送ってるんですよね。

 

で、約1時間後の1時半過ぎに、松本さんから〈こちらこそ。ありがとうなー。またなー^^〉という返信があったと、文春に記載がありました。

 

お礼メッセージを送るなら、松本さんにも小沢さんにも同じタイミングで、というのは筋が通ります。

 

が、ネットでは、このLINEに使用されている絵文字が2015年当時には存在しなかった、とか、そもそもダークモードが搭載されたのは2019年だった、という点から、このLINE画像は捏造だと指摘されています。

 

絵文字はどうも根拠が微妙ですが、ダークモードについて言えば、8年、9年前のLINEだとしても、データさえ残っているのであれば、過去の画面をダークモードで表示することも可能だと思うので、問題は絵文字になると思いますけどね。

 

このLINE画面がホンモノだったとしても、本音と建前を使い分けるのは社会人にとって常識なこと。

 

この怪しげな会が始まるとき、小沢さんに「粗相があったらその辺歩けなくなる」くらいの脅しを言われていたとも証言していましたし、業界に身を置いていたA子さんが、文春記事の通り完全拒絶だったなら、

 

「やばいやばい拒絶しちゃった。取り繕ろっておかないと危ない」

 

と混乱していた可能性もあるでしょう。

 

または、携帯を予め回収しているくらい用意周到な小沢さんなら、お礼メッセージは必須としていた可能性もあります。

 

過去の似た案件の判例で、事件当初「正常性バイアス(強烈な衝動を受けた直後、これは日常の範囲内の出来事だと自身の中で認識しようと努める)がかかっていたかどうか」が争点になり、女性側が勝訴したケースもあるといいますし、これが決定的に女性が不利な証拠となるとも思えません。

 

一方、このLINE画面が小沢さん側による捏造だったとしたら、大変なことになります。

 

LINEのサーバーはアチラの国にあることは有名な話。

 

そして、吉本興業はアチラの国の芸能事務所と共同でJO1やME:Iなどをプロデュースするなど、極太のコネクションを持っていることは明らか。

 

アチラのお国柄として、コネとマネーさえタンマリと与えれば、LINEサーバーの日付を変更して「存在しない」ものを捏造するくらいは技術的にも可能でしょう。

 

さて、今回の反撃を受けて文春サイドはどんな行動に出るのでしょうか?

 

今後の成り行きに注目です。

 

◆因果は巡るのか?

こちらの松本さんも辛い→ geinou ranking geinou reading

こちらの松本さんも辛い→ geinou reading geinou ranking

 

※追記

告発のあった事件の翌年である2019年に小沢さんがスマホが壊れデータがなくなったと投稿していた記事が発掘されています。

松本さんのみならず小沢さんもスマホ複数持ちで、A子さんとのやり取りしていたスマホは無事だった、という可能性はありますが、はてさて。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 一敬 小沢 (@ozawakazuhiro)

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング