松居一代さんと船越英一郎さんの離婚が成立し、松居さんが「未来の扉が開いた」「本当にうれしい」などと喜び、慰謝料、財産分与がないことも明らかにした勝利宣言をしましたが、これが実は自ら敗北を宣言したことにしかならないとか。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

会見の初めに笑顔で「離婚が成立しました。やりました!」とガッツポーズした松居さん。

 

そもそも離婚は船越さんから求め、松居さんが応じないから調停になったというのに「やりました!」って…というのが素直なところです。

 

が、「私の理想的な形で決着がつきました。財産分与はございませんでした」と話したように、松居さんなりの「勝利」の線引きは財産分与だったようで。

 

※いろんな方法で稼いできました[楽天市場]



 

[以下引用]

今年6月28日、船越の申し立てにより始まった離婚調停。当初、松居は「船越が『申し訳なかった』と頭を下げるまで、命を懸けて最高裁まで争います」と主張し、離婚ではなく「船越からの謝罪」を求めていた。しかし離婚調停で決着がつかず裁判となった場合、財産分与が生じる。松居のほうが船越よりも財産は多く、仮に財産が折半されると損失を被ると考え、早期決着に切り替えたようだ。

[日刊スポーツ]

 

 

財産分与だけでなく慰謝料もないということも明らかにしていた松居さん。

 

それは松居さん自身あれだけのことをしておきながら、と考えれば松居さんにとって勝利でしょうが、船越さんが不倫をしていたのが本当なら負けになるでしょうし、微妙な気もします。

 

そもそも船越さんの不倫が夫婦不仲の原因ならば有責配偶者は船越さんで、基本的に有責配偶者からの離婚申し出は難しいのにこうも早く決着がついたこと自体が松居さんの負けな気も。

 

また、松居さんが「自宅建物の船越の持ち分である5分の1を私が好意で買い取らせてもらった」と話していた都内の“松居棒御殿”は、敷地約260平方メートル、地価は推定2億円と言われています。

 

松居さんが建物分として支払ったのがいくらなのかわかりませんし、建物の価格は中古になった時点で値段があってないようなものだといいますからそんなに多額ではないかもしれませんが、いずれにせよ支払いが発生したのは松居さんだけということ。

 

実質的にそれが慰謝料だと思えば払った方の松居さんが負けなんじゃないですかね。

 

高らかに勝利宣言した松居さんですが、その会見を生中継したワイドショーでワイプに表示されていた芸能人の反応は爆笑だったり笑いをこらえる様子だったり。あたかも「笑ってはいけない」シリーズを見ているようでした。

 

会見や船越さんを中傷する動画で見せた演技力はさすが女優と言いたくなるものでしたけど、まず女優の仕事はもう来ないでしょうね。

 

今後芸能界で仕事するのは絶望的だと考えれば、やっぱり勝ったのは松居さんではなく船越さんだったのではないでしょうか。

 

 

船越さんは息子さんへの影響と松居さんが今後誹謗中傷しないと約束したことを考慮し、プライバシー侵害で訴えた民事訴訟を取り下げたと明らかにしています。

 

そういう部分もきちんと冷静に考え、反省できればいいですが。

 

◆いろんな泥沼がありました。

芸能人泥沼離婚いろいろ→ geinou ranking geinou reading

芸能人泥沼離婚いろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

※船越さんはホリプロだし仕事に影響しなそう[Amazon]

http://amzn.to/2BsaiUv

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松居一代さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

よかったらシェアしてください!