先日電撃結婚を発表した勝地涼さんと前田敦子さんは、そのスピーディーな入籍からできちゃった結婚が噂されていますが、やっぱりできてしまっていたようです。

 

 

 

[以下引用]

前田はかねてからインタビューなどで「26歳までに結婚したい」と公言。そんな中で出会ったのが勝地だ。05年の映画「亡国のイージス」では日本アカデミー賞新人賞を受賞、5年前のNHK朝ドラ「あまちゃん」では“前髪クネ男”でブレイクした、コメディからシリアスな演技までこなす実力派俳優だ。前田の母にも気に入られるのに時間はかからなかった。

さらに、前田がゲットしたのは新郎だけではないようだ。

 

都内にある芸能人御用達の病院の産婦人科フロアで、前田と勝地が手を繋いで歩いていたとの目撃談もあり、周囲も水面下では妊娠を認めているようです」(同前)

[週刊文春]

 

前田さんの妊娠については、結婚を報じたスポーツ紙にはお決まりの「前田は妊娠していないという」という一文がありましたが、女性セブンもお酒を飲まなくなりぺたんこ靴を履くようになったこと、周囲は授かり婚だと思っていると報じていました。

 

スピード結婚ですからどうしても妊娠の噂は出てきますよね。

 

そして、たとえ妊娠していたとしても何があるかわからないのに安定期に入っていなければ発表できないという事情もわかります。

 

周囲がなんと言おうと本人たちが幸せならそれで良いと思うのですが、なかなかそうはいきませんよね。

 

ちなみにデキ婚の離婚率は8割なんて話もありますが、実はそういう統計はないそうで信憑性のない数字です。

 

デキ婚が失敗しやすい理由は、経済的に苦しい、もっと遊びたかった、もっと良い人がいたかも、周囲からのイメージが悪い、きちんと結婚式をあげたかった、等々、計画的でないがために起こりうることだとか。

 

安室奈美恵・SAM夫婦、ダルビッシュ有・紗栄子夫婦、中村獅童・竹内結子夫婦、井戸田潤・安達祐実夫婦などなど、デキ婚ですぐ別れた芸能人も多いですが、木村拓哉・工藤静香夫婦、赤西仁・黒木メイサ夫婦、瑛太・木村カエラ夫婦などなど長く続いている夫婦もいます。

 

浅野忠信・chara夫婦のようにデキ婚し結婚14年で離婚した夫婦もありますが、そのくらいになると原因はデキ婚じゃないのかもしれません。

 

今週発売の週刊新潮には”「前田敦子」と結婚「勝地涼」実父の背中にくりから紋々”というタイトルで、勝地涼さんの実家について言及した記事があります。

 

こちらによると、勝地さんの父はもともと別に家庭があり、勝地さんが生まれてから勝地さんの母と再婚という複雑な家庭で育ったそうですから、自分の家庭はきちんと守りたいのではないでしょうか。

 

ちなみに同じ記事に父は暴力団に入っていたが20年以上前に足を洗いすっかり堅気の人で、今は不動産で財を成しているとありました。お父さんは新潮の直撃に自分の過去が息子の結婚に影響しないか心配していました。

 

「父」の20年も前の「過去」ですし、それが過去である限りなおさら勝地さんには関係ないと思いますし、何はともあれお幸せに。

 

 

 

◆はっきり言って髪型補正だなと思う芸能人

あっちゃんもいます→ geinou reading geinou ranking

あっちゃんもいます→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※前田敦子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング