[スポンサーリンク]

 

長年交際してきた糟糠の妻・クミさんにプロポーズした直後に、フライデーによって金髪美女との”不倫”…じゃなくて”二股交際”を報じられ、爆アゲだった好感度が急降下してしまったオードリーの春日俊彰さん。

 

しかし、この報道によって困ったことになったのがクミさん。

 

実は、彼女のとある過去を暴露した漫画が急速に広まっていて、ネットでは「お互い様だろ」と微妙な雰囲気になっています。

 

※知ってました…よね?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナナメの夕暮れ [ 若林 正恭 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/4/27時点)


楽天で購入


 

 

ネットで話題となっている漫画

 

さて、問題の漫画をまずはご覧ください。

 

 

これは”チャーミングじろうちゃん”という売れない芸人さん(失礼)が描いたものですが、最後のコマを見れば分かる通り、どう考えても春日さんからプロポーズを受けたクミさんのことを描いています。

 

この漫画、今年2月に春日さんがクミさんとのツーショットをフライデーされた後に描かれたもので、テレビで公開プロポーズが放送される前に某雑誌から出版されていたもの。

 →オードリー春日が結婚決めて彼女の実家に「お泊まり愛」

 

つまり、売れっ子芸人との結婚にこぎ着けて大きな話題になってるクミさんに便乗して名前を売ろう…というわけではなく、ただ単に「びっくりしたなー!」という意味合いで描かれた可能性が高いと思われます。

 

※名前が売れて良かったですね。

芸人生活

芸人生活

 

結局、どっちもどっちで好感度には影響なさそう?

 

まあ、二人は11年近く交際しているといいますし、若い頃からプロ彼女としていろんな芸人さんを取っ替え引っ替えしてたクミさんの過去を分かった上で、春日さんも受け入れていたのでしょう。

 

一方、春日さんも普段からラジオなどで合コン三昧の毎日や大人対象のお店でハメを外していることを、本人自らが隠すことなく明かしていました。

 

そのため、オードリーファンからは「むしろ想定内」「浮気程度では動じない」「裏切り者とか、本当の春日を知る立場からは笑ってしまう」「リトルトゥースなら春日がどれだけ変態か知ってるので、なんとも思わない」など、世間の批判的な意見とは間逆な反応となっています。

 

彼女がいながら、そういった派手な女性関係をオープンにしていたということは、クミさんもそんな春日さんを受け入れていたのでは?

 

まあ、プロ彼女ですから、ちゃんと持って帰ってくれるものさえ持って帰ってくれれば「文句なし」といったところ?

 

春日さんも、そんな男前?なクミさんに惚れ込んでプロポーズしたんでしょう、恐らく。

 

とにかく、男女の関係について、本当のところは当事者以外には分かりません。

 

今回の二股について、「春日、サイテー」「芸人のカキタレ女だったなんて、軽蔑」などと批判が起きるのは仕方ないかもしれませんが、本人たちは屁とも思ってないのでは?

 

ちなみに、今回の浮気騒動についてのコメントを求められた春日さんの所属事務所・ケイダッシュステージは、次のように回答しています。

 

とんだ大バカ変態野郎ですね。クミさんには口もきいてもらえないみたいです

 

このコメントにネット民は敏感に反応。

 

「とんだ大バカ変態野郎に笑ってしまった」

「かつて、これほどあけすけな事務所コメントがあっただろうか」

「明日のラジオ楽しみ。とんだ大バカ変態野郎は何と言うのだろう」

 

など、かなり大ウケしてるようで、なんとなくこれで幕引きになりつつあるような。

 

今後、所属タレントの異性スキャンダルが勃発した際には、今回のような対応がスタンダードになるかも?

 

いずれにせよ、思わぬ援軍?の登場によって、春日さんは「セーフ」だったようです。

 

※プロ彼女と結婚した芸能人ランキング!

 決してネガティブな言葉ではないんです→ ranking reading

 決してネガティブな言葉ではないんです→ reading ranking

 

※まさか、全てネタ作りの仕込みだったわけじゃないですよね?



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※オードリーのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング