大人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏との交際を認めた小島瑠璃子さんについて、ここにきて業界から悪行が噴出しているといいます。

 

これまでは好感度タレントの代表格だったものの、実際に好かれていたのは男性からだけで、業界内の女性からはかねてから白い目で見られていたそうで…

 

 

※買う人いるの?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おもしろtシャツ 俺流総本家 魂心Tシャツ ゲス不倫【名言 漢字 文字 メッセー...

価格:2380円(税込、送料無料) (2020/9/1時点)


楽天で購入


 

 

目次

閉じる

 好かれていたのは男性からだけで、女性からは嫌われていた!

 

『キングダム』作者原泰久さんとの熱愛が報じられ、小島さんは珍しく交際宣言をし本気アピール。最近、小島さんは交際相手は自分の収入に引かない人がいいと、暗に金持ち希望であることを明かしていたこともあり、ここで結婚を決めるつもりなのかと思われました。

 

しかし、原さんが最近離婚したばかりであることから不倫略奪疑惑が浮上し大炎上。小島さんは誹謗中傷をやめるようSNSで発信するも、状況が落ち着く前に、原さんが離婚前に歴ドルと結婚をちらつかせ不倫するも、離婚後は小島さんの猛アタックにより小島さんと交際に至っていたことが文春に報じられ、なんとも泥沼なイメージになってしまいました。

 

そんな中、業界内からも小島さんに対する悪評が噴出し始めているよう。

 

 

[以下引用]
小島は誰にでも親しみやすい態度で接し、評判は良かったはずだが …

 

「それは男性スタッフ、もしくは力がある女性に対してだけ。 小島が凄いのは、立場が上の男性だけではなく、下っ端のADにも優しく猫なで声で接していた。だから業界に小島ファンは多く、今の地位を築いたと言ってもいい。しかしテレビの現場にはメイクさんとか女性スタッフも沢山いる。こちらに対する態度は、 良くもなく悪くもなく。ただ男性に対する態度とは明らかに違う。だから以前から女性スタッフが集まると『なんか感じ悪いよね』という話で盛り上がっていた」(女性のテレビ局関係者)

 

小島に関して、SHELLYはテレビ番組で「飲んでいるといつもの明るい感じではあるんですけど、女になるんですよね。絵に描いたような女の子に嫌われる女子になるというか、ニャンニャンしだ すんですよ」と暴露。この時は笑いで流されたが、 決してそれはジョークではなく、真実に迫ったコメントだったのだ。

 

「小島は大の面食いとして有名で、合コンを繰り返してはイケメンを探していた。過去に噂になったのがモデルの呂敏、関ジャニの村上ということからも分かるだろう。それと同時に大事にしているの が、相手が金持ちであること。今回は『お金を選んだんだね』などと陰口を言われている」(前同)

 

着実に築き上げたポジションが、崩れかけている。

[TOCANA]

 

いやなんか、すごいわかります。

 

小島さんはその仕切力やコメント力、頭の良さが評価されており、真面目なイメージがありましたが、以前『ナカイの窓』で、男を勘違いさせる女だと言われていて印象が変わりました。

 

証言していたのはサンシャイン池崎さんとJOYさんでしたが、池崎さんは小島さんが後ろから近づいて来て肩に両手を乗せてきたり、話しかけてくるときの距離が近いと言っていましたし、JOYさんは二人で食事に行き交際中の彼女についての話題になると、別れる方向に話を持っていこうとすると話していました。

 

文春オンラインの記事によると、小島さんは中学のときには既にボディタッチ多め、距離近めな人だとみなされており、彼氏にも自分以外の男性との距離が近いことを理由に振られたことがあるそう。

 

狙ってるのかどうかは不明ですが、そういう人なんですね。女が嫌いな女の典型かもしれません。

 

以前、「こじるりとかは賛否分かれるけど、たおは9割ぐらい嫌ってんじゃない?(笑)」という一般人のツイートに「いいね」をし、後に削除していたことが話題になりました。

 

 

 

やっちまった小島瑠璃子、「土屋太鳳は9割が嫌い」ツイートに「イイネ!

 

これは裏アカで「いいね」したつもりがうっかり公式アカウントでやってしまった可能性も指摘されていて、そういう下地があったために、もしかしたら何気なかったかもしれない発信にマウント疑惑も浮上しています。

 

 

小島瑠璃子にマウント大好き疑惑。元嫁のみならず元不倫相手にもやっていた

 

不倫略奪をしていてもしていなくても、なんだかイメージダウンが激しすぎますね。

 

 

 第二のベッキーになりそうなこじるり

 

[スポンサーリンク]

 

さて、業界の女性たちから悪評続出のこじるりですが、最近になって「視聴者からもアレルギー反応が激しくなってきた」(テレビ局関係者)といいます。

 

実際、ネットでは

 

「こじるり出るとチャンネル変えちゃう」

「もともとそんなに好きじゃないけど、最近は特にそう」

「こじるりがテレビに映ったらチャンネルが自動で変わる設定が欲しい」

 

などといった否定的な意見も見受けられ、これまであまり表に出てこなかった”アンチこじるり”たちが、不倫略奪スキャンダルを契機に声を上げ始めています。

 

そのため、テレビ局でも彼女の起用を自粛する動きが広がっているそうで…

 

 

[以下引用]

気になるのが今後の小島をめぐる動きだが――。

 

「(小島が所属する)ホリプロとしては“とんでもない男にひっかかった”という思いで、別れさせたいのは山々でしょうけれど、かといって自分の考えをしっかりと持つ小島だけに、無理やり別れさせようとして小島の機嫌を損ねるわけにもいかず、ホリプロとしてもコントロール不能という状況のようです。

 

小島サイドが気にしているのは、原氏の元妻の動きです。小島と原氏が初めて対面したのが昨年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)で、同年の末までに原氏は離婚。そして今年8月には仲睦まじくデートしたりお泊りする様子がキャッチされ、堂々の交際宣言まで飛び出したわけですが、たとえ正式に交際が始まったのが離婚成立後だったとしても、もし元妻が“小島に夫を略奪された”と感じて今後週刊誌などで訴えでもすれば、時系列的な事実からも完全に否定するのは難しくなる。

 

そうなれば小島は“第二のベッキー”状態となる。こうした事情もあり、レギュラー番組は別としても、テレビ各局は新規での小島の起用を見合わせるムードです」(テレビ局関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

ホリプロの小島さん売出しは凄まじいものがあったそうで、様々な番組で重宝されてきたのは、よく言われる頭の回転が速さや立ち回りの上手さ以上にゴリ押しあってのことだったよう。

 

活躍の場が多かった割に一般視聴者からの人気はそれほどでもないのが現実で、今回のこともあって下半期も露出が減っていくと見られています。

 

コロナで中止になりましたが、小島さんはもともと4月から中国に移住する予定でしたから、テレビ局としても小島さんを外して企画していたというのもあるのかなと思いますが、こんなことがあって露出が減れば、やっぱりね、となりそうです。

 

ちなみに中国行きは昨年から物件探しをし、年末年始には現地に内見にも行ったそうです。そういえば、原さんとの初対面も『キングダム』=中国の歴史絡みでしたね。

 

ベッキーさんも真面目がウリで、でも実は不倫していて、嘘も平気でついていて、というのがバレて今に至りますが、小島さんは、さてどうなるでしょうか。

 

◆村上信五が小島瑠璃子との熱愛を否定した説明が

白々しすぎる→ geinou ranking geinou reading

白々しすぎる→ geinou reading geinou ranking

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【glamb KINGDOM】GB0219 / KD01 : Shin T

価格:7590円(税込、送料無料) (2020/9/1時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小島瑠璃子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー