昨年末離婚成立を発表したMEGUMIさんとDragon Ashの降谷建志さんですが、当初降谷さんは「慰謝料は0、親権は俺」というとんでもない主張をしていたと報じられています。

 

 

 

[以下引用]

別居当初は親権や慰謝料を巡って主張の食い違いがあったが、降谷サイドが折れる形で迅速な離婚成立に繋がったという。


「降谷さんは当初『慰謝料は払わない。親権は俺が持つ』と話していましたが、一転して、億近い慰謝料と養育費を払うことになった。息子である凪くんの親権はMEGUMIさんが持つということで話がまとまったそうです」(同前)

 

この判断は、降谷の決意の表れとも言えるという。降谷の知人が口を開く。

 

「降谷さんはA子さんに別居前から『もうすぐ離婚する』『二人で外を歩きたいね』などと言葉を投げかけていた。A子さんとの関係を彼なりに真剣に考えているからこそ、今回のスピード決着になったのかもしれません。降谷さんは億単位の資産を保有しているそうで、慰謝料に関してもスパッと払ったとか」

[週刊文春]

 

 

離婚の話し合い開始当初は親権や慰謝料を巡って主張の食い違いがあったものの、降谷さんサイドが折れる形で迅速な離婚成立に繋がった、なんて、降谷さんを立てるようなまとめがされていますが、いやいやいや・・・

 

そもそも

 

「慰謝料は払わない。親権は俺が持つ」

 

という主張がおかしいわけです。

 

慰謝料は払わない、ということは、自分が原因での離婚というのは自覚があったということです。

 

降谷さんの不倫発覚をきっかけに別居してるわけですしね。

 

それなのに「慰謝料は払わない」。

 

その上「親権は俺が持つ」。

 

まあ有責配偶者が親権を主張してはいけないということもないでしょうけど、慰謝料も払おうとせずに何を言ってんだという。

 

一転して億近い慰謝料を支払い長男の親権は譲ったということですけど、そもそも億単位の資産を持っていて、即支払うこともできたのに、自分に責がありながらなぜ「慰謝料は払わない」なんてアホなことを主張したのかと。

 

さっさと慰謝料を払って親権も諦めたのが「降谷の決意の表れ」というのも。。

 

不倫自体は数年前から「MEGUMIさん以外の周囲は知っている」というような状態だったといいます。

 

9月に文春が不倫を報じたとき、降谷さんは2023年の初めから話し合い離婚した、なんて話していました。

 

しかし実際にMEGUMIさんが不倫を知ったのは昨年8月で、それからすぐ家を出ています。

 

 

ゲス!!Dragon Ash降谷建志がMEGUMIと離婚未発表のうちに不倫相手とのベッドを買う

 

で、年末に離婚が成立と。

 

つまり、MEGUMIさんにバレなかったら不倫相手とはずっと不倫してるつもりだったんでしょうね。

 

もしバレてもMEGUMIさんが離婚しないと言い張ったら、不倫相手とは別れることもあったかも。

 

それなのに「降谷さんは不倫相手に本気だ」みたいな感じに印象操作してるんでしょうか。

 

矢口真里さん式に、不倫相手と再婚すれば「真実の愛」になる、みたいな。

 

そういう人の目を気にしないタイプなのかと思っていましたが、もしかすると結構気にしてるのかもしれませんね。

 

不倫が報じられたときも、相手を自宅に泊めながら「そもそも付き合ってはないです」 「(MEGUMIと)別れてからきちんと付き合うっていう約束のもと一緒にいるという形ですね」と、まるで関係がプラトニックかのように話していました。

 

その割に、お金あるのに「慰謝料はゼロ」主張したり。

 

この度の不倫離婚で、降谷さんには相当がっかりしました。

 

ダサすぎてダサすぎて…

 

◆なんか残念チームに振り分けられ始めたのは

旧ジャニタレM→ geinou ranking geinou reading

旧ジャニタレM→ geinou reading geinou ranking

 

キレイはこれでつくれます - MEGUMI, 長尾 沙也加

キレイはこれでつくれます - MEGUMI, 長尾 沙也加

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング