• 未分類

 

広瀬すずさん主演ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」が大爆死したことによって、脚本を担当した北川悦吏子さんが精神崩壊してしまったようです。

 

というのも、今ドラマにはジャニーズ事務所・ジュリー社長が溺愛している永瀬廉さんが相手役として出演していたからで・・

 

◆とても美味しかったです。



 

 

[以下引用]

「永瀬にとって、同作が初めての本格的なラブストーリーだったんです。しかも、グループ的にもメンバー脱退後も人気を維持できるかどうかの大事な時期。それなのに、視聴率がまったく上がらず、藤島ジュリー景子社長のイライラがピークに達していると言われています」(芸能ライター)

 

初回の平均世帯視聴率は8.0%だったが、第2話以降は6%前後をうろつき、3月7日に放送された第8話では5.4%まで落ち込んだ。

 

すでに物語は佳境に入っており、離脱した視聴者が戻ってくる可能性は低い。TBSはジャニーズ事務所に平謝りだというが、同作に関してさらに衝撃的な出来事も起こっていた。

 

脚本家の北川悦吏子氏(61)が、3月7日に自身のツイッターを更新し、〝休業宣言〟ともとれるツイートをしたのだ。

 

「ごく個人的なお知らせです。私は、しばらくホン(シナリオのこと)書かないと思います。諸事情があって。書くとしてもずいぶん先かと思われます。今日の#夕暮れに手をつなぐ 8話。私はこの回が書けただけでも、このドラマをやったかいがあると」

 

さらに「役者さんも演出も素晴らしい」などと連投し、自信作だという第8話を観てほしいとも訴えていた。

 

「北川さんは、もともと数々の難病と戦ってきたことを明かしています。今作のオファーも、体調不良で最初は断っていたそうで、ご本人も満身創痍の状態だと言っているようだから心配ですね」(他局のスタッフ)

 

木村拓哉と山口智子の『ロングバケーション』(フジテレビ系)、同じく木村拓哉と常盤貴子の『ビューティフルライフ』(TBS系)、豊川悦司と常盤貴子の『愛していると言ってくれ』(同局系)などで社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録。〝恋愛ドラマの女王〟と呼ばれた北川氏だけに、『夕暮れに』の惨敗が受け入れ難いのかもしれない。

 

さらに、9日の午前3時すぎには、こうもツイートしている。

 

「私は今が怖くてここから逃げる。昔に深く沈む」

 

木村拓哉の人気を不動のものにした立役者だけに、ジャニーズ事務所から〝圧力〟があったとは思えないが、北川氏は何におびえているのか。

[週刊実話]

 

 

既に逃げの姿勢は見せていましたが、これは完全に折れてますね、北川さん。

 

 

 

北川悦吏子が責任逃れか。視聴率低迷に巻き込まれて回復困難になりそうな永瀬廉

 

何に怯えているのか・・といったら、それはジュリー社長の逆鱗もそうですが、業界全体からの「北川は終わった・・」という失望感、冷たい視線に対してではないでしょうか?

 

「怖くて逃げる」

 

というからには、精神的にかなり追い詰められていることは確実。

 

「昔に深く沈む」

 

というのは、過去の栄光に浸らないと自分の心が壊れてしまうという”SOS”のようにも聞こえてきます。

 

・・大丈夫でしょうか?

 

まあ、いずれはホンを書くことを再開すると言っているのでまだ元気は残ってると思いますが、そもそもテレビ局や芸能事務所は放送前に脚本をチェックしないんでしょうか?

 

テレビドラマがコケた場合、いつも主役や脚本家が責任の槍玉に挙げられますが、監督や偉そうなプロデューサー様には責任がないのでしょうか?

 

こういうのだって、大物脚本家を止められるのはそれなりの立場の人間でしょうに。

 

 

 

情報解禁前の漏洩、広瀬すずに娘の名前…北川悦吏子のドラマの私物化がヤバすぎる

 

もし一緒になって、「それいいねえ!」なんてやってたなら、北川さんとともに休職しては。

 

北川さんは数々の大ヒットドラマを送り出してきた脚本家ではありますが、すでに60歳を超えた老人でもあります。

 

今の時代に合った恋愛ストーリーを作れというのは、どう考えても無理があります。

 

そんな素人でも分かることが、テレビの世界で何十年も飯を食ってきたプロフェッショナルたちには分からないとしたら、もはやただのお荷物野郎に過ぎません。

 

北川さんに対して「責任を取れ!」と言う前に、まずは自分たちが率先して手本を見せるべきでは?

 

昨年放送され、女性たちの間で大ブームを巻き起こしたドラマ「silent」は、2021年にフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した、29歳の新人脚本家が担当したもの。

 

映像作品の中でも恋愛ストーリーに関しては、若い世代にしか書けない部分がたくさんあると思います。

 

しかし、それは同時に「若い作家には中高年に”刺さる”作品は書けない」ということでもあります。

 

北川さんも、しばらく休んで心が落ち着いたら、今度は業界のイヤらしい柵とは全く関係ないところで、自分の好きな作品を思いっきり自由に書いて欲しいです。

 

期待しています!

 

◆テレビで仕事してる人なのに、こんなこと言うんだ…

北川悦吏子の恐ろしい発言→ geinou ranking geinou reading

北川悦吏子の恐ろしい発言→ geinou reading geinou ranking

 

◆活字で読むと、また新鮮です。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※北川悦吏子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー