新型コロナウィルスが感染拡大する昨今、木村拓哉さんがサーファーに対し自粛を呼びかけましたが、まるで響かないと話題です。

 

 

※耳が痛くなりにくく、夏は涼しく冬は温かい洗えるマスク

 

 ドライブする車やマリンスポーツで賑わった湘南エリア

 

緊急事態宣言が出されたにも関わらず、あいも変わらずレジャーに勤しむ姿が確認される全国各地のレジャーエリア。

 

先週末は特に江ノ島周辺など湘南エリアの混雑が注目され、ドライブする多くの車やサーフィンなどマリンスポーツに興じる姿もニュースで報じられました。

 

増える車に危機感を抱いていた湘南エリアでは、週末は公共の駐車場を閉鎖する措置などをとったものの、その結果増えたのは路駐だったという呆れる話もあります。

 

神奈川県知事は「サーフィンなどのマリンスポーツやレジャーを楽しむための外出は、新型コロナウイルスの感染によりいのちが脅かされることよりも重要なことなのか、皆様には冷静に判断していただきたい」、日本サーフィン連盟も、「外出自粛の意味を一人一人がよく理解してください。今、私たちが出来ることは、コロナ感染のリスクを無くすこと、出掛けない、人に会わない、一番大切なのは、Stay At Home です」と、今週末は人が集まらないよう、改めて呼びかけています。

 

サーフィン自体がダメ、というか、混雑や人に会うことがダメ、ということですよね。

 

往復一度もトイレや休憩に寄ることがないと言えず、134号線沿いのコンビニで3密もありえますし、石田純一さんのゴルフのように、ついでの食事、なんてことになれば3密になる可能性が高いです。

 

もはや再起不能。新型コロナ感染の石田純一はゴルフ三昧!同席女性が感染経路か。行動歴がヤバい

 

※食べに行くより、お取り寄せで!

 

サーファーへ外出自粛を促した木村拓哉。ただし英語 

 

[スポンサーリンク]

 

そんな中、サーファー・木村拓哉さんもサーファーたちへ外出自粛を呼びかけたのですが…木村さんが出したメッセージはこちら。

 

 

 

マイナビニュースでは「今は、たとえいい波があっても、家にいよう!!」と訳されていました。

 

簡単な英語なので、まあわかる人も多いでしょうが、これ中国のSNSである微博でのコメントなんですよね。

 

その上英語だと、いったい誰宛のメッセージなんだ?キムタクはどこを向いてるんだ?という声がネットで見られます。

 

前もそんなことがあったような気がするなと思ったら、ジャニー喜多川さんが亡くなったときの追悼メッセージでした。

 木村拓哉のジャニー喜多川氏追悼メッセージに違和感

 

亡くなった当日、木村さんはいち早く微博で中国語で追悼文を公開したんですよね。

 

木村さんが自分の言葉で発信できるツールが微博だけだから、というのはもちろんあるでしょう。

 

なんとなく木村さんの微博を見て感じたのは、中国語は中国のファン向け、英語は中国以外のファン向けなのかなと。

 

しかし、どこの国のSNSでも発信すれば世界宛ではあるものの、日本のファンからすれば、日本語じゃない時点でこっちを向いてない感じがしそう。

 

 

せっかく木村拓哉さんが外出自粛を呼びかけるんですから、なにかもっと響く形でできればよかったなともったいなく感じます。

 

いつかの島谷ひとみさんの「コロナ差別やめて!」も、そうじゃなくて、感染多発地域からの地方移動をやめて!のほうが良かったと思いますし。

 

炎上で地方VS都会の様相…島谷ひとみが発信すべきは「コロナ差別やめて!」ではなく移動抑制だった

 

声の大きい人が発信するんですから、より効果的になるといいのですが。

 

ちなみに、微博の木村さんはかなりプライベートが散りばめられていて見るたび驚きます。

 

最近では「壊れた電球を交換してください!️明るさが元の状態に戻り、気分も良くなりました〜TAK(中国語自動翻訳)」と、自宅と思われるところで脚立に乗って電球交換する姿がありました。

 

また、「敬意を払い、すべての医療スタッフに感謝します...🙏✨✨✨✨TAK」という、せっかくの敬意が絵文字のせいで半減してしまうようなメッセージは、工藤静香さんが同様のメッセージを発信したのとほぼ同じ日。夫婦仲良しですね。

 

 

 

必要なのは新型コロナウィルスは他人事ではないという意識 

 

昨日新型コロナウィルスに感染し肺炎で亡くなった岡江久美子さんの夫・大和田獏さんは、「死を無駄にしたくない。ものすごく怖いウイルスです。自粛要請が出ていますが、自分のこととして考えて、自粛してください。気をつけてください。それが今の願い、祈りです」とコメントしています。

 

政府が自粛を求めているのは政府のためではなく、自分のため、自分の周囲の人のため、ということですよね。

 

4月3日に発症し、6日に急変して以降一度も会うことも話すことなく亡くなり、志村けんさんを含めた新型コロナウィルスで亡くなった方々のご遺族同様、最後に顔を見ることも叶わず火葬されて帰ってくるなんて、辛いです。

 

「コロナで死亡すると遺体と面会できないまま火葬」志村けんさん逝去で初めて知った現実

 

最後に日テレの藤井アナウンサーのコメントです。

 

「今、緊急事態宣言を受けて、自分を律している人ほど観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません。しかし、皆さんのような人たちがいるからこそ、欧米のような医療崩壊を防げています。今はみんなの足並みがそろわなくても、その姿勢は必ず誰かの行動を変えるはずです。そして、全国にはまだ感染者の少ない地域も多くあります。不用意に生活エリアを越えた移動をしないこと。これが誰かのふるさとを守ることにつながります」

 

今週末、そしてGWも家にいます。

 

◆アベノマスクの効果がすごい

こりゃマスコミが報じないわけだ→ geinou ranking geinou reading

こりゃマスコミが報じないわけだ→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング