[スポンサーリンク]

 

フライデーの第一報から約2ヵ月半が経過し、すっかり収束した感のある吉本興業のお家騒動ですが、未だに去就の決まっていない宮迫博之さんと田村亮さん以上に今後が不透明なのが、加藤浩次さんだといいます。

 

 



 

もともと闇営業問題には無関係だったのに、宮迫さんと亮さんの謝罪会見後、マジギレしながら吉本批判の大独演会を演じ、「スッキリ」視聴者の度肝を抜いた加藤さん。

 

あっという間に主役の座を奪い取り、そこから連日のようにワイドショーで取り上げられるなど、闇営業問題をさらに大きな話題に広げる立役者となりました。

 

その後、最終的には吉本興業とエージェント契約を結ぶことで落ち着きましたが、実はすでに大崎会長の術中にハマっているともっぱらだそうで…

 

[以下引用]

「大崎会長サイドが好条件で話をまとめたらしい。加藤は実績的にも特別待遇らしいが、それもあと半年の命というのがもっぱらのウワサ」(吉本を良く知る芸能記者)

 

これはどういうことか?

 

「さまざまな媒体でも報じられていますが、早ければ来年の3月でスッキリを降板する予定らしい。会長は表面上は加藤と和解したかにみえたが、結局はエージェント契約という名の島流し扱い。『歯向かった者は必ずさらし首』というまさに任侠の世界。吉本はつくづく怖い会社だと痛感した」(同前)

 

そもそもエージェント契約であれば、吉本には大した利ざやもなく、事務所の取り分が多い所属のタレントを使ったほうが良いのは明白である。とくに毎日の帯のレギュラー番組なら尚更だろう。

 

「加藤は、あそこまで言ったからには事務所も芸人さえも辞める気持ちがあったはず。周囲に説得されてエージェント契約という道を選んだが、それは今までのように吉本経由の仕事が沢山回ってこないのは理解した上でのこと。かなり以前から帯番組は50歳までと決めていたという声もあり、このタイミングで一度仕事を整理したかった部分もあるのでは。家族5人で暮らせる蓄えも充分あるでしょうし」(夕刊紙記者)

[覚醒ナックルズ]

 

要するに、来年4月からは吉本の別の芸人を「スッキリ」の後任司会に起用するということのようですが、「50歳で帯番組を引退」という思いが本当なら、今回の件は自作自演の炎上商法だったのかもしれません。

 

加藤さんが大崎会長らに噛み付いたのも、もとはといえば相方・山本圭壱さんをいつまで経っても復帰させないことに業を煮やしていたからだとも言われています。

 

泣かせてくれよ(山本圭壱盤)(特典なし) - 吉本坂46

泣かせてくれよ(山本圭壱盤)(特典なし) – 吉本坂46

 

つい先日には、地上波テレビから干されている元SMAP・香取慎吾さんを約1時間に渡って「スッキリ」に出演させたことが話題になっていましたが、そういった「芸能界のタブーがナンボのもんじゃ!」みたいな態度を見ると、「スッキリ」降板を決心しているというのも信憑性を感じてしまいます。

 

まあ、引用記事にもある通り、もはや貯金もウン十億円は貯まっているはずで、しかも北海道に帰れば仕事に困ることはないでしょう。

 

「スッキリ」降板と同時に吉本興業も辞めて、今後は仕事よりもプライベートを優先させて家族とともにゆっくり過ごすというのもアリでしょう。

 

なんのために仕事するかと考えたときに、家族との時間をもう少し取りたいとか、お笑い芸人らしくありたいとか、希望もあるかもしれませんしね。

 

ということで、2006年4月にスタートしてから13年半にも渡って日テレの”朝の顔”を務めてきた芸人・加藤浩次さん。

 

そろそろ、潮時かもしれません。

 

◆山本圭壱が復帰できない理由、それは大崎会長にあった!

 これが全て→ geinou ranking geinou reading

 これが全て→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加藤浩次さんのツイッターはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング