「スッキリ」打ち切りによって17年間の司会者キャリアに終止符を打つことになった加藤浩次さんが、日テレサイドから番組終了後の”出入り禁止”を言い渡されていたことが明らかになりました。

 

◆五倍に膨らみます。



 

 

[以下引用]

「当たり前ですよ。加藤はテレビ界の掟を破ったわけです。本人も反省し、日テレの出禁措置に対しては渋々、従う姿勢を見せています」(芸能プロ関係者)

 

一部女性誌による『スッキリ』の打ち切り報道をめぐって、加藤は大失態を犯したというのだ。

 

「おそらく、驕りの部分があったんだと思いますが、日テレが公式見解を出す前に、記者の突撃取材を受け、あっさりと『スッキリ』の終了について認めてしまった。これは、テレビ界で飯を食っている者なら絶対にやってはいけないタブー。岩田絵里奈アナを始め、共演者の多くが何も知らされていなかった。しかも、付き合いのある音楽事務所やスポンサーにも根回しが完全に済んでいないわけです。

 

確かに『スッキリ』は、報道番組の一面も担っているのでネット関連のスポンサーはついていません。しかし、スポットや生CMを提供するスポンサーはいたわけで、公式見解が出る前に女性誌の報道で打ち切りを知ったことで、日テレの営業はスポンサーに対し不義理をしてしまったわけです。加藤はこの辺りの事情を知っていながら、取材を受けていると思います。日テレに対する意趣返しです」(事情通)

[週刊実話]

 

あらら、加藤さん。

 

確かに公式発表前に打ち切りを認めてしまうのは、大人の事情を知る立場としては絶対にやってはいけないこと。

 

日テレが激怒するのも無理はありません。

 

ただ、実は「スッキリ」の終了にあたり、両者の間では

 

「代わりにGP帯のバラエティー番組を任せる」

 

という密約が交わされていたといいます。

 

まあ、年間2億円とも言われる収入がゼロになっちゃうわけですからね。

 

17年間も日テレに貢献してきたことや翌年に控える納税のことを考えても、代わりの冠番組くらい用意してもらってもバチは当たらないでしょう。

 

ですが、今回の件でそれもパアになっちゃったと。

 

そこまで分かった上での”不義理”だったのなら、加藤さんの覚悟はマジなのでは?

 

[帝国崩壊]ジャニーズの次は吉本興業か!加藤浩次が自爆テロを予告した真意

 

なんか、とんでもない爆弾を落として故郷・北海道に去っていくような気が・・

 

今後の成り行きに注目です。

 

◆これは必見!加藤浩次とアイツがバラす・・

 芸能界の闇[動画]→ geinou ranking geinou reading

 芸能界の闇[動画]→ geinou reading geinou ranking

 

◆失うものがない奴が一番恐ろしい・・

死なばもろとも (幻冬舎単行本) - ガーシー(東谷義和)

死なばもろとも (幻冬舎単行本) - ガーシー(東谷義和)

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加藤浩次さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング