2017年も残りあと1ヶ月ほど。東京五輪が開催される2020年がどんどん近づいています。開会式で日本の伝統芸能・歌舞伎が登場するのはほぼ間違いないと言われていますが、国を挙げてのイベントで世界へアピールできるため、芸能界からもジャニーズやAKBなど何かしら関わろうとしていると言われる中、ジャニーズ事務所は随分前から五輪を意識した発言をしてきました。

 

しかし、どんなにアピールしてもジャニーズが東京五輪に関わることはないと報じられています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

その理由がこちら。

 

[以下引用]

「理由の一つにはジャニーズ事務所の極端なネット嫌いが、東京五輪の対外アピールにとっては足かせでしかないことがあります。記者会見の記念撮影すらネットには絶対に掲載させないジャニーズの方針は、五輪関係者にとって障害でしかありません。そしてもう一つはかつて、ジャニーズ事務所が『お役所』にタテ突いたという経緯です。民間企業の一つに過ぎないジャニーズ事務所が、お役所の業務を妨害しようとした過去は、今でも問題視している関係者が少なくないでしょう」(週刊誌記者)

[アサ芸]

 

ネット嫌いの件

 

最近は多少、ゆるくなりつつあるという話もあります。

 →ジャニーズがついにネット解禁

 

そのため、以前はなかった嵐のジャケット写真がネットで表示されることもあります。

 

[楽天市場]
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嵐/「untitled」(通常盤)

価格:3240円(税込、送料無料) (2017/11/26時点)



 

しかし一方で、こうやってグレーで抜いてあるものも。

 

[Amazon]

http://amzn.to/2A6B3wW

 

これ、表紙だけかと思いきや、こんな感じで中身も同様なんですよね。

 

 

 

雑誌はゴミになるし、と、雑誌を電子書籍で購入する人も増えているといいますが、そうやって買った雑誌の中身がこうやって抜いてあると、たとえジャニーズを目的に買ったんじゃなくても、違和感や損した気分になりそう。

 

徐々に解禁かと思いきや、先日行われた東京国際映画祭に参加した『鋼の錬金術師』でも主演の山田涼介さんに対し同様の規制がかかり外国人記者に嘲笑されたと報じられています。

 →山田涼介が時代遅れの社是のせいで。

 

東京五輪のときだけOK!とするのかもしれませんが、それもなんだか…

 

 

お役所トラブルの件

 

1996年、森且行さんがSMAPを脱退しオートレーサーに転身した際、ジャニーズ事務所はスポーツ紙や情報番組に対してそのニュースに触れないよう圧力をかけたというのは、実際そうだったので事実なんだと思われます。

 

これは一方でオートレースの所轄官庁である通産省(現・経産省)にとってはオートレースの宣伝機会を失ったということになります。

 

[以下引用]

「通産省では『いったい何様だ!』との騒ぎになったとか。結局、『元SMAP』という肩書は森自身の希望もあって使わないことになりましたが、オートレースのテレビCMなどに森を出演させることは当然、何ら制限なく行われています。その経産省(旧通産省)では国内の産業推進という面から東京五輪を後押ししていますが、そこにジャニーズ事務所の入る隙間はないとの観測も根強いのです」(前出・週刊誌記者)

[アサ芸]

 

だから、今度はジャニーズのチャンスを経産省が潰す、ということですが…

 

遺恨の原因となった森さんは、先日放送された『72時間テレビ』で元SMAPの3人と共演しています。

 

これはつまり、オートレース=経産省が元SMAPのバックアップについたともとれるとのこと。

 

現実にこういう過去の遺恨があったとしても、ジャニーズを起用することで五輪が大きく盛り上がると判断されればスルーせざるを得ないでしょう。

 

でも正直なところ、SMAPがいない今、嵐以外は小粒揃いですし、嵐も最近勢いが乏しく、あと2年後はさらに心配な状況で、なかなか厳しそう。

 

五輪を盛り上げるにはジャニーズが必須、でも適したグループがない、というのなら、上げ底してでも人気を作り出すかもしれませんが、そんなハリボテもどうかと思いますし。

 

※電子書籍ですがこちらはもちろんグレーではありません。[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GQ JAPAN 2018年1月号 No.176【電子書籍】

価格:400円 (2017/11/26時点)



 

しかし、どうでしょう。

 

いろいろと対立が言われるジャニーズと元SMAPですが、共存共栄でいいんじゃないですかね。

 

稲垣さん、草なぎさん、香取さんの3人は、SMAP解散前に就任していた日本財団パラリンピックサポートセンター(サポセン)のスペシャルサポーターに再就任したことが発表されており、少なくとも2020年にも活躍していることが約束されています。

 

さらに、香取さんが大手飲料メーカーのCMが決まったとか、フジ『ボクらの時代』に出演したとか、これまでの辞めジャニとは明らかに違う道を進み始めています。

 

あんまり不自然なことがあるとジャニーズが叩かれブラックなイメージが増しますし、もう少し穏やかになった方がよいのでは。

 →GQ報道で元SMAP3人だけを排除

 

◆草なぎ剛の全盛期が「wwwwwwww」

となる理由→ ranking reading

となる理由→ reading ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※時々あぶない香取慎吾さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング