[スポンサーリンク]

 

昨年10月にパニック障害を理由に活動休止したKing&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹さんが、2月に一時的に一部活動再開していた間に警察沙汰を起こしていたと週刊文春が報じています。

 

記事を読むと、「パニック障害」自体が本当なのか疑わしいくらいで…

 

 

※他のメンバーも苛立ちを隠せないとか

 

岩橋玄樹の再休養は警察沙汰が原因だった

 

昨年10月にパニック障害を公表し休養に専念するとして活動休止した岩橋玄樹さん。

 

今年2月には一部活動再開すると発表されたものの、僅か11日後に病状が悪化したとして再度活動休止が発表され、ジャニーズが無理やり復帰させたから、とか派閥争いの結果だという記事もありましたが、岩橋さんが病気であることは疑われていませんでした。

 

しかし実際には再度の活動休止は病状の悪化ではなく、警察沙汰が原因だったよう。

 

[以下引用]

「2月19日夜、キンプリの岩橋くんが外国人男性や警官らと共にパトカーに乗っていったのです」(近隣飲食店関係者)

 

この日、岩橋は複数の友人と酒を購入しようと都内のコンビニを訪れていた。

 

「原宿駅付近のコンビニで、岩橋くんはお酒を購入していました。そのときでした。若く見られたのか、店員さんが年齢確認のために身分証の確認を求めた。すると、岩橋くんは店員の態度に腹を立てたようで、急に激昂し店員さんへ食って掛かったのです。ジャニーズタレントである有名人の自分を知らなかったことで頭に来たのかも……」(岩橋の知人)

[週刊文春]

 

最終的に岩橋さんの連れである外国人が岩橋さんに加勢し、危険を感じたコンビニの店員さんが警察を呼び、最寄りの警察署に連れて行かれたよう。

 

週刊文春によると、前日も家に女性を呼び飲んでいてお酒が残った状態だったということなので気が大きくなっていた可能性もありますし、意外ですが岩橋さんはふだんからマスクなどの変装をせず、「気づかれたい、注目されたい」と豪語するタイプだったということなので、自分を知らなくて激怒したというのもありえるでしょう。

 

※「かわいい」という評価もあったけど

[Amazon]

 

この時の様子はその場にいた岩橋さんの友人が、このトラブルを記録すべきだと判断し動画撮影していたとのこと。なぜ記録すべきだと判断したかというと、どうやら店員に嘘をつかれないように、ということだったよう。

 

それもわからないではないですが、その動画は週刊文春の有料サイトで公開され、トラブル時の写真も掲載されていて、しかし写っているのは警察が来ることに慌てて友人に「calm down」と言っている岩橋さんと、店員に友人の行動について説明している部分はありますが、トラブルの原因部分はなく、また特に興奮している様子もないため、トラブルの原因が岩橋さんなのか友人なのかわかりません。

 

こんな中途半端な動画が公開され、警察沙汰が文春に売られたら、自分たちの正当性の証明もなにも、つまりはその友人のお金儲けにしかなっていないような…。

 

岩橋さんが夜遊びしたのはこの日だけのことではなく、家でもよく飲んでいるようですし、2月9日にも京都に『滝沢歌舞伎ZERO』を観に行ったあと飲みに行き女の子をお持ち帰りするなど京都の夜を楽しんでいたとのこと。

 

岩橋さんの知人によると、「治療に専念なんてしていない」「ファンやメンバーに迷惑をかけているとか、休養しているといった意識はない」という印象を受けているようです。

 

※あこがれの人・赤西仁さんをマネているという見方も。

[Amazon]

 

さらに、自称「1軒の病院でもらえる量だと全然足りないので、何軒もの病院を回っている」という10錠以上の薬をお酒と一緒に摂取しており、周囲が止めても聞かないんだとか。

 

週刊文春には医者がパニック障害とお酒の相性も最悪であること、夜遊びや不規則な生活は治療の妨げになること、薬は正しく服用することが大事なことなどをコメントしていましたが、加えて言えば、薬はお酒と一緒に飲んではいけません。

 

 

休養のきっかけもパニック障害ではなくメンバーとの軋轢

 

こんな自暴自棄な行動は、パニック障害からの復活がままならないからかと思いきや、そもそも休養自体がパニック障害とは関係なかったのかもしれません。

 

というのも、昨年秋に放送されたドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME』の頃には他メンバーと関係が悪化していたんだとか。

 

原因は、他のメンバーが自覚を持って活動するようになっていく中で、岩橋さんだけが自覚や覚悟を持てずに取り残されてしまったこと。

 

具体的には、ミーティングに頻繁に遅刻する、それに対する挨拶も謝罪もない、ミーティング中にはサングラスをつけたまま机の上に足を乗せている、台本を全く覚えずに現場入りする、といった、とても信じられない態度が積み重なり、活動休止発表前には岩橋さんへの苛立ちを隠しきれなくなったメンバーと大喧嘩を繰り返すようになっていたそう。

 

『RIDE ON TIME』で放送された、「仲良し」神宮寺勇太さんの緊張感の足りなさに激怒していたシーンは、当初カットされる予定だったものの、休養の伏線として放送されることになったものだったとか。

 

結果、メンバーとはどんどん心が離れていき、「岩橋とはもう一生仕事することはないと思う」と話すメンバーもいたほどで、ファンが感動した紅白歌合戦での岩橋さんの立ち位置を空けてのパフォーマンスも、メンバーは「なんで岩橋のためにそこまで」と不満だったといいますから深刻です。

 

この警察沙汰の日、本来は事務所とミーティング予定だったのがすっぽかされていたそうで、それらが決定打となり活動再開が見送られたそう。

 

大量の薬を摂取していることを心配され入院したという話もあるといい、不良嫌いのジュリーさんと岩橋さんは反りが合わないため、復帰はどんどん難しくなっているのが現状ということでした。

 

しかしジャニーズ事務所は岩橋さんを見捨ててはいないようで、この件について次のように回答しています。

 

[以下引用]

「パニック障害の療養中である岩橋が、コンビニエンスストアのスタッフの方の予期せぬ問いかけに対して突発的に緊張を感じて取り乱し、思わぬ形でご迷惑をお掛けすることとなり大変申し訳なく思っております。もっとも、岩橋は実際にスタッフの方とのトラブルに発展した知人の参考人として事情聴取に応じたものであり、身元引受人が必要な状況ではございませんでしたが、トラブルの影響で精神的に不安定な状態でもあったことから、ご両親に迎えに来てもらった次第でございます」

[週刊文春]

 

確かに公開されている動画には、店員さんと交渉している岩橋さんや友人を落ち着かせているところしか写っておらず、トラブルがどうやって起きたのかが客観的にわからない以上、こう説明されれば、そういうこともあるだろうと納得できそうな話です。

 

パニック障害であることは本当だとは思うのですが、一気に風向きが変わった感じですね。

 

このところジャニーズJr.も含めてそれまで仲良かった仲間とは離れ、岩橋さんが好きだと公言してきた外国人とばかり遊んでいたとのこと。

 

孤立し、こんな素行が報じられ、病状が悪化していないといいのですが。

 

◆素行が悪かったのは岩橋だけじゃない!

ジャニーさんの鉄槌があった3人→ geinou ranking geinou reading

ジャニーさんの鉄槌があった3人→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※あこがれの赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング