新型コロナウィルスに感染、回復した石田純一さんが、自らに課した退院後4週間という自粛期間前に夜の街へ出かけ泥酔、マスクなしでヘロヘロだったと報じられ、それについて取材した女性セブン記者に対し、「マスコミのせいでCMが飛んだ」「おれがいったいなにをしたっていうんですか?」と逆ギレしたことが話題になっていますが、それで昔の嫌な過去がほじくられています。

 

 

※キレるのは悪いことばかりではないようです

 

 

 ドライブ中の石田純一に絡まれた!

 

[以下引用]

「もう20年くらい前のことでしょうか。自動車での移動中に首都高速の新宿入口から4号新宿線に入ろうとしたところ、前を行くフェラーリが合流部で急停止。思わずクラクションを鳴らしたところ、本線に入ってからそのフェラーリに並走され、ドライバーが窓を開けてこちらに怒鳴ってきたのです。そのドライバーがまさに石田純一で、相当な勢いでガチ切れの様子。同乗していたカメラマンに『撮って撮って!』と指示を出し、カメラを取りだしたところで、そのフェラーリは速度を上げて去っていきました」(ベテランライター)

[アサ芸]

 

首都高を運転したことのある人であれば、なんとなくシチュエーションが思い浮かぶのでは。

 

確かに新宿入口というのは合流部の加速車線が短いのでタイミングはしっかり見なければいけませんが、このベテランライターはしっかり流れを見ていた結果、イケるタイミングだったためにまさか前のフェラーリが止まるとは思わず、だからクラクションを鳴らしたということのよう。

 

まあ、左ハンドルの車だからこその見通しづらさもあるのかもしれませんし、止まったのは安全のためにも仕方ないにしても、何も車を横付けにして窓を開けて怒鳴り付けなくても…。運転中はとにかく集中していないと。特に首都高は道幅が狭いですし。事故にならなくて何よりでした。

 

こんな風に芸能人が怒鳴りつけるなんて、石田さんは結構カッとなると見境なくなるタイプなのでしょうか。

 

東尾理子さんとの夫婦関係は、割と理子さんが強めなのかと思っていたのに、コロナ禍にハワイやら沖縄やら北関東やらあっちこっちゴルフに行くし、退院直後には外を散歩するし飲みに行くし、結構石田さんが勝手にやるタイプなのかも。

 

 

20年ほど前の石田純一は… 

 

[スポンサーリンク]

 

石田さんはもともとはトレンディ俳優としていくつものドラマに出演して人気だったようですが、その名を世間に知らしめたのはモデルの長谷川理恵さんとの不倫です。と同時に、この不倫により干される不遇の時代へ突入しています。

 

1996年10月、長女すみれさんの母・松原千明さんと結婚していた頃に、長谷川さんとの不倫現場をスクープされ記者に直撃された際のコメントから「不倫は文化」というフレーズが独り歩きし猛バッシングに発展し、完全に干されてしまったそう。

 

で、1999年に松原千明さんと離婚し、全盛期は3億円とも言われた年収はゼロになり、それどころか8000万円の借金ができてしまい経済的に困窮、それまで住んでいた高級マンションから引っ越したくてもそのお金がないという状況だったとか。

 

それがだいたいベテランライターの方が運転中に怒鳴られた20年ほど前のことですね。

 

しかしフェラーリに乗るお金があったなら、売っちゃえば引っ越し代くらい余裕で出たのでは。

 

参考までに、石田さんによると、「不倫は文化」という言葉は石田さん自身は言っていないそう。「今までの文化を作ったり、良い音楽や良い文学っていうのは、不倫からもできているわけだし、それが小説がすばらしければ褒めたたえられて、その人の行為は唾棄すべきものとは僕は思えないね」とコメントしたらスポーツ紙のタイトルに「不倫は文化」とまとめられバッシングされたということですが…

 

なんだか今回のコロナ感染騒動の一連の言動を見てみると、これも石田さんなりのごまかし、辻褄合わせのような気がしてきます。コロナに関しては、最初に言っていたことと全然違うことを言ったりしてますしね。

 

 

衝撃!石田純一がマスク外してくしゃみの瞬間写真!コロナ感染経路についてバレバレのウソも

 

その後の朝日新聞のインタビューでも、沖縄行きは仕事だった、飛行機は感染リスクが少ないと言われていたと、まるで飛行機の移動で感染したようなことを言っていましたが、沖縄行きの前に北関東でゴルフした際の食事会に発熱した女性がいて「勘弁してと思った」というのは石田さんが喋っていたことなのに。

 

人のいいイメージでしたが、なんだかがっかりです。

 

◆なにか上から…石田純一の謝罪文

全く共感できないよ!→ geinou ranking geinou reading

全く共感できないよ!→ geinou reading geinou ranking

 

※うわっ若い!

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※沈黙を続ける東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング