テレビ朝日系のニュース番組『報道ステーション』のメインキャスター・富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染した件が、予想以上に大事になりつつあります。

 

ウイルスに感染してしまったことは仕方ないにしても、発熱後も何事もなかったかのように番組出演を継続していたことが「報道番組としてあり得ない」として、すでに局内でも秋の改編での打ち切りを決定したそうで…

 

※国益のためにも新聞ともに消えてほしいという声多し。



 

テレ朝によると、富川アナは4月3、4日に発熱したものの、いったん熱が下がったため6日から9日まで番組に出演。

 

しかし、7日の本番中に痰が絡むようになり、9日には息苦しさを感じるようになったため緊急入院し、11日にコロナ感染が確認されたといいます。

 テレ朝絶望的か。富川悠太アナの新型コロナウィルス感染後の行動歴がやばい

 

[以下引用]

視聴者に対して何度も自粛や自重を訴えていただけに、あまりにも“悪質”と言わざるを得ない。かつてはテレ朝の看板として大きな役割を担ってきた同番組だが、近年は問題続き。いよいよ打ち切りへのカウントダウンが始まったと言っていい」(テレビ制作会社関係者)

 

富川アナの問題は、何度もコロナの“サイン”は出ていたにもかかわらず、番組出演を優先したことだ。

 

「報ステでも連日、コロナを取り上げていたのだから、自分も怪しいと気付かなかったわけがない。にもかかわらず『休む』という勇気を持たなかったことが最大のミス。無理して番組に出演したことによって、周囲に感染を広げた恐れがあるだけではなく、逆に報ステの立場を悪くした」(テレ朝関係者)

 

それでなくても、最近の報ステは窮地に追い込まれていたという。

 

「一昨年、小川彩佳を切って徳永有美を起用した際は、あまりにも不可解な人事で、番組スタッフ内からも反発が出た。その後、小川は恨み骨髄に徹してライバル番組のTBS系『news23』に移籍した。また昨年には番組チーフプロデューサーによるセクハラも発覚。今年に入っても長年携わってきた派遣社員のスタッフを“派遣切り”したと問題視された。番組では偉そうなことばかり言っておきながら、裏では問題続きだ」(前出の制作会社関係者)

 

『ニュースステーション』の後を受けて、2004年に始まった報ステ。まさにテレ朝を代表する番組だったが、これだけ問題ばかりが起きてしまうとさすがに厳しいようで…。

 

秋の改編での打ち切りがはっきりと見えてきた。幹部たちも一度終わらせて、タイトルやスタッフを変えた違う報道番組の立ち上げを見据えている」(前出のテレ朝関係者)

[週刊実話]

 

 

ネットでは今回の件について「痛快!」という皮肉コメントで溢れかえっています。

 

まあ、自業自得ですよね…

 

◆お友達だったはずのアノ国からも酷い言われよう!

 あらら→ geinou ranking geinou reading

 あらら→ geinou reading geinou ranking

 

世界中で猛威を振るっているコロナウイルスについて、テレ朝を始めとした日本の大手メディアによる酷すぎる偏向報道、事実を捻じ曲げて煽りまくるマッチポンプ報道、言うことがコロコロと変わる無責任報道、なんでもかんでも政局批判に利用する無節操報道、そして自分たちにとって都合の悪いことは一切報じない隠蔽報道などがどんどん明らかになり、もはや喜劇とも呼べる状態になっています。

 

すでにマスコミの報道を頭から信じている人なんて”テレビしか観ない一部の人々”だけになっていますが、いまだに世論など自分たちのさじ加減でいくらでも誘導できると思っているところがイタイというか。

 

「報道ステーション」の放送をこれ以上続ければ恥の上塗りになる恐れもありますし、制作スタッフ約100名全員が自宅待機となっているわけですから、秋まで待たずにすぐにでも打ち切りにしたほうが良いかも?

 

って、局内で感染爆発が起きているなら、新番組を立ち上げてる場合じゃないか…

テレビ朝日でクラスター発生か。赤江珠緒の夫も新型コロナ感染疑惑でPCR検査結果待ち

 

とりあえず、富川アナが復帰第一声でどのようなコメントを出すのか注目です。

 

って、このままキャスター降板なんてなったりして。

 

※国から支給される布マスク+国産抗菌フィルターでコロナを防ぐ!



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※富川悠太アナのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング