放送開始が延期になっているTBS日曜劇場のドラマ『半沢直樹』の撮影現場で新型コロナウィルス対策がなされていないという告発が週刊新潮されています。

 

 

※満を持して、こちらの続編です。

 

 マスクを付けずに指示する演出家、密集しての記念写真…

 

[以下引用]

記事によると、エキストラにはマスク着用と事前の体温測定を求められたものの、現場での確認はなかったとか。また、TBSドラマ制作部のエースディレクターで同シリーズ演出家のF氏は、マスクを付けずに大声で指示を出し続けていたとか。なお、TBSは「感染の防止に配慮して行っておりました」とコメントしているという。

 

「このエキストラの男性は、40~50人のエキストラが密集状態で記念写真を撮らされたことなども暴露。実際、ドラマのホームページには『エキストラ写真館』と題し、エキストラ同士が触れるほど密集した集合写真が掲載されています。基本、エキストラはスタッフに言わるがまま動くしかありませんから、証言が本当だとすれば参加者はなかなかつらかったでしょうね」(記者)

[エンタメガ]

 

演出家のFさんって、福澤克雄さんでしょうね。

 

マスクがうっとうしいのは想像がつきますが、今は自分のためにも他人のためにも外してはいけないはず。

 

「エキストラ写真館」を見ると、たしかにみっちりとした集合写真がいくつも確認できます。

 

エキストラ写真館用に写真を撮り、公式サイトで顔を披露するのは、本来であればエキストラの方々も嬉しかったことなんでしょうけど、今は集合写真自体がちょっと遠慮したいのは確かかも。

 

というか、そもそも撮影に参加することからして嫌でしょうね。そして撮影が厳しいから、徐々にスケジュールがこなせず放送延期になっているんでしょう。

 

待ちに待たれた『半沢直樹』ですが、まさかこういうタイミングになるとは。

 

※せめてマスクしての記念撮影なら…

 

テレビ業界の「アフターコロナ」 

 

[スポンサーリンク]

 

新型コロナウィルスに感染していた富川悠太アナウンサーが出演していた『報道ステーション』も、番組として放送される分にはソーシャルディスタンスが保たれていましたが、現場は3密そのものだったといい、現時点では関係者2名の感染が確認されています。

 

『報道ステーション』で感染者が出たことで、『半沢直樹』に限らずテレビ各局の現場はかなり焦ったんじゃないでしょうか。

 

情報番組ではリモートでの出演が始まっていましたが、それで対応できる番組ばかりではないですし、そもそもがスタッフは出勤が必要ですし。

 

どの局も、ドラマ、バラエティ問わず収録ができず、GW明けには在庫がつきそうだ、なんて話もあります。

 

そうなれば再放送の連続で、最初は良いかもしれませんが、それが1ヶ月、2ヶ月、と続くにつれ、AmazonプライムやHuluなどネット配信の方が自分で選べるしいいんじゃ、ということになり、視聴者はテレビからどんどん離れていきそう。

 

「アフターコロナ」としていろいろ言われていますが、テレビ業界も相当の変化がありそうです。

 

◆私服がダサいだけでフライデーされた堺雅人

確かにこれは…→ geinou ranking geinou reading

確かにこれは…→ geinou reading geinou ranking

 

※自宅で家族と楽しむ時です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※体調が心配される石田純一さんの妻・東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング