2019年の年明けに2020年をもって活動休止を宣言すると発表した嵐が活動休止に向けて用意していた企画が、新型コロナウィルスのために次々と変更を余儀なくされています。

 

大イベントの一つだった東京五輪が延期になりましたが、代わりに24時間テレビのMCを務めるとか…

 

 

 

 

 新型コロナウィルスで次々と予定が中止に

 

新型コロナウィルスの影響で、嵐は予定していた中国・北京公演、新国立競技場コンサートが中止になり、東京五輪が延期になったためにNHK「オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」もどうなるか、という状態になりました。

 

ファンの中にはせめて新国立競技場のライブだけでも、と、活動休止を一年延期してほしいという希望もあり、メンバーも考えているようだったのですが…

 

[以下引用]

「それでも“ファンに約束した通り、今年で一区切りつけよう”という結論に達したようです。そもそも、1年延長したところで、東京五輪の開催も定かではないし、新国立のような大規模なコンサートがいつ実現するのかは見当もつきません。もう『年内で休止』は確実でしょう」(前出・芸能関係者)

 

残り半年。ファンと歩む時間は刻一刻と減ってきている。

 

「それでもなんとかファンに感謝を伝える機会を模索しています。そこで松本さんが見いだしたのが『24時間テレビ』。新国立ライブや東京五輪に代わる場として日本を盛り上げ、応援してくれる人たちに恩返ししようと考えているんです」(前出・テレビ局関係者)

放送が危ぶまれていたものの、日本テレビは『24時間テレビ』を今年も放送する予定であると発表している。嵐は一体、どんな形で関わることになるのだろうか。

 

「今回は『24時間テレビ』が大切にするチャリティー活動に合わせて、『トニトニ』の中心的なメンバーとしての出演という形になりそうです」(前出・日本テレビ関係者)

[NEWSポストセブン]

 

 

 

大義名分を用意しただけな… 

 

[スポンサーリンク]

 

五輪の代わりが24時間テレビ…と思うと寂しい限り。

 

でもおそらくもともと嵐は今年の24時間テレビのメインパーソナリティだったんじゃないかと思うんですよね。活動休止前のイベントの一つとして。

 

それが新型コロナウィルスの感染拡大で24時間テレビをすること自体に疑問をもたれるような状態になり、ふつうにメインパーソナリティを務めては非難の対象になってしまいそうです。

 

だから、取ってつけたように「東京五輪の代わりに」と『24時間テレビ』を最後の舞台に、なんて記事を、ジャニーズ御用達の女性セブンが書いたような気がします。

 

それでももともとボランティアなのにギャラ発生とか、偽善だと非難されている24時間テレビです。

 

その上、三密がNGとされる新型コロナウィルスが終息しない状況に24時間テレビを放送しようとすることについては非難の声は絶対上がりますが、少なくともファンにはわかってもらいたくて、みたいな感じでしょうかね。

 

しかし活動休止に向けて約2年も準備期間を設け、華々しくゴールへ向かう予定だったのに。こんなふうになるとはつらいですね。

 

◆嵐がスポンサーにバカにされた!

なぜ?→ geinou ranking geinou reading

なぜ?→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング