元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年のカレンダーを作成したところ、「誤発注」で大量にあまり中の人が「助けて!」と援助を要請していることにつき、「誤発注商法」との声が上がっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

元SMAPの3人が作成した「新しい地図」カレンダーのお知らせはこちら。

 

 

新しい地図さん(@atarashiichizu)がシェアした投稿

 

限定15万部で作成したものの、残ってしまったよう。

 

アイドルファンは「限定」に弱いこと、さらにジャニーズはデビュー10年でカレンダーを出さなくなるため3人がカレンダーになること自体久々であることから、売り切れ間違いなしかと思われました。

 

しかし、たびたびカレンダーの宣伝が繰り返されるため、もしかして売れていない?という声があがり始めたところで、「新しい地図」のキャラクター図っくんが「たすけてー」というタイトルでサイト内の「図っくんルーム」というブログを更新しました。

 

それがこちら。

 

[以下引用]

「新しい地図のカレンダーが大大大大大大大好評につき・・・!!」と前置きした上で、「どちゃくそ余ってるっず」と、大量の段ボール箱が積み重なっている写真をアップした。図っくんの主張によれば、「初めてのことで前のめり過ぎて発注し過ぎちゃって、、、!」「いろいろ言い訳ブッこいておりますが、要は、いわゆる発注ミス。ぜんぶ『中の人たち』の責任なこれ。ナイショ」とのこと。

 

切羽詰まった状況をアケスケにつづり、“NAKAMA”ことファンクラブ会員に対して「在庫抱えまくりの、『NAKAMA限定』カレンダーですが、、、『一般のお客様』にも、お売りしちゃっても、いいかな~???」と、投げかけた。なおも、カレンダー情報の拡散を呼びかけた図っくんは、最後に「このままだと大赤字で偉い人に怒られちゃうっずマジでほんとガチで」と、冗談交じりに告白している。

[サイゾーウーマン]

 

ネットではこれについて、「確信犯だな」「誤発注商法」「いらないし」「発注ミスというより、売れる数の見積もりをミスったってことでしょ」といった声が上がっていますが、ファンの人達は「正直すぎて笑っちゃいました。追加購入しましたよ」「買えなくて悲しい思いをするNAKAMAが続出するよりは、余ってもみんなの手元に届く方がずっと素敵」とちょっと違うよう。

 

また、現在発売しているのはファンクラブ会員対象、つまり、ファンクラブ会員に優先販売しているため、売れ残ったら一般も対象にすることになり、それだと「これから買うつもりだったのに」と困るファンクラブ会員もいるかもしれない、ということで、そのあたりも気遣った対応だとして高評価になっているよう。

 

ちなみに、現役ジャニーズで一番売れたHey! Say! JUMPでも週間で8.0万枚だといいますから、15万部はかなり作りすぎたと言わざるをえないかと。

 

その辺、飯島さんが見誤るとも思えないのですが…。やっぱり誤発注商法?

 

まあ、それをやっても笑いにできる3人なのかも。これに木村拓哉さんや中居正広さんが混じっていたら、たとえ明らかな発注しすぎでも 「人気凋落」というのが前面に出てしまいますしね。

 

とはいえ、今年はまだ独立したばかりなのと、「ジャニーズ=ブラック」のイメージが強いのでどうにかなる部分もありますが、いつまでもそれが続くわけじゃないですし、気をつけたほうが良いのでは。

 

◆ジャニーズ入所当初のがぞういろいろ

若いです→ geinou reading geinou ranking

若いです→ geinou ranking geinou reading

 

 

※これが噂のジャニーズ白抜き、元SMAPはそのまま雑誌の表紙[楽天市場]



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング