[スポンサーリンク]

芸能人を含めオンラインサロンが盛況の中、福田萌さんが開設したママ向けオンラインサロンが閑古鳥だと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

ママタレの福田萌が5月に開設した有料オンラインサロン「福田萌のママズオンラインサロン」が、過疎状態にあるという。

 

「驚くほど会員が集まっていないようなんです。今月24日には初のサロンオフ会が開かれる予定ですが、参加家族は両手で数えられる程度では?」(記者)

[エンタメガ]

 

驚くほど会員が集まっていない、の根拠がわからないのですが、まあまず人気のオンラインサロンランキングには見当たりませんでしt。

 

また、例えば堀江貴文さんのなど人気のオンラインサロンはトップページに現在の会員数が明かされているので、福田さんのようにわからない時点で会員数が少ない、ということなのかもしれません。

 

5月からオンラインサロンを開設し、「否定しないこと」を唯一のルールに月会費500円でスタートした福田さんのオンラインサロン。

 

休日は友だちを誘いづらいことや、オープン過ぎるSNSではすぐ炎上してしまうこと、夫・中田敦彦さんがオンラインサロンを上手に活用していることから自分もやってみようと考えたということ、500円という値段設定は主婦向け雑誌を参考にしたと明かしていました。

 

が、「友だち」というなら500円取る?無料のオンラインサロンなんていくらでもあるのにお金払ってまで福田萌と話す意味…みたいな感じで、開設当時から明るい未来を予想する声はありませんでした。

 

 

福田萌の涙ぐましい小銭稼ぎ。夫・中田敦彦がミニマリストに変貌で収入激減か

 

 

[以下引用]

開設時、ネット上で「福田萌のネームバリューで、人集まるの?」「福田萌の魅力って何? 信者いるの?」と先行きが心配されていた同サロン。さらに、“学歴自慢”や“毒舌”のイメージが定着していることから、「福田萌にマウンティングされそう」「学歴ないから見下されそう」「トラブルになっても『たかだが500円でガタガタ言うな』って言われそう」という声も上がっていた。

 

「そもそもママタレとしての魅力が見えてこない福田ですが、加えて中田のメディア露出も激減。“中田の嫁”という肩書を頼れなくなっているこのタイミングで、オンラインサロンの運営は厳しいものがあったのでは?」(同)

[エンタメガ]

 

まあ厳しいでしょうね。

 

最近ではネットでも夫・中田敦彦さんのこともプラスの話題になることは少ないですが、You Tubeなどテレビではないところではそれなりに活躍しているようです。

 

ただ、自らを「御神体」と名乗るようなノリは、受け入れられる人は多くはないかと。そしてその妻となると…

 

中田さんはミニマリストにもなって、4人家族で2LDKに引っ越したんだとか。

 

「インテリ婚」を果たした福田さんとしてはもうちょっと違う未来を想像してたんじゃないかと思いますが、まあ人生いろいろ、ですね。

 

◆「勉強ができる」と「頭がいい」は別なんだなあ

福田萌のまさかの行動→ geinou ranking geinou reading

福田萌のまさかの行動→ geinou reading geinou ranking

 

※福田萌さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング