かつて芦田愛菜さんとともに”天才子役’としてその名をテレビ界に知らしめた鈴木福くん。

 

そんな彼が現在、快進撃中でヤバいことになっているといいます。

 

 

 



 

[以下引用]

一時期は芦田よりも明らかに格下扱いでしたが、最近は違う。完全に立場が逆転したといっても過言ではない。鈴木の仕事ぶりを見れば明らかですよ」(民放プロデューサー)

 

現在、鈴木は『ZIP!』(日テレ)を筆頭に、『キャッチ!』(中京テレビ)や『鈴木福のミミヨリ!ひろしま』(RCCテレビ)、『ガチャムク』(BSフジ)など計4本のレギュラー番組を抱えている。

 

さらに準レギュラー番組となれば『ヒルナンデス!』(日テレ系)、『真相報道 バンキシャ!』(同)、『ウェークアップ!』(読売テレビ)など、ひっぱりだこなのだ。

 

「芦田は、露出を抑えているとはいえレギュラー番組は『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)のみ」(同)

 

鈴木が一発逆転をした理由は実に単純なものだった。自己推薦制度を使い慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に受かってから、人生が一気に花開いたという。

 

「SFCに受かった段階で慶應の法学部に受かった芦田と同格になったわけです。福くんが優れていたのは、適応力です。芦田が露出を出し惜しみする中、福くんは基本、依頼された仕事はすべて受ける主義。

 

しかも、バラエティー番組で培った経験でディレクターやプロデューサーが求めるリアクションやコメントを繰り出してくれます。結果、福くんに仕事が殺到するようになったわけです」(事情通)

 

そんな鈴木の気になるギャラだが―。

 

「子役のときはバラエティー番組で1本あたり5~10万円だった。しかし、今では50~100万円と爆上がり。CMも依頼が殺到し、1本2000万円という金額が定着しています」(同)

[週刊実話]

 

ドラマではなくバラエティー番組や情報番組でひっぱりだこというのは、彼なりの作戦なんでしょうか?

 

できたら俳優として活躍して欲しい気もするのですが・・

 

テレビ業界は斜陽産業ですし、いずれネット配信プラットフォームにその座を取って代わられるのは時間の問題。

 

そうなった場合、役者であれば活躍の場は広がりますが、バラエティタレントは居場所を失くしてしまう恐れもありますからね。

 

そういう意味でいうと、7月期の再注目ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」に出演する愛菜さんとは考え方が違うのかな?

 

同ドラマは、設定を見る限り面白そうですし、「3年A組」の時みたいに一世を風靡しちゃうかもしれません。

 

[以下引用]

鳳来高校3年D組の担任教師・九条里奈は淡々と卒業式を迎えていた。ちょっとした言動がハラスメントに問われる時代なので、言動に極力注意し、生徒とも慎重に距離を置いていた。だから、教え子の旅立ちに感動はなく、つつがなく役目を果たした安堵感のほうが大きかった。

 

九条は卒業する生徒たちを校舎の上階から見つめた。その時、D組生徒の誰かに背中を押され、突き落とされた。落下する九条が「生徒に殺された」と思った瞬間、彼女はD組の教壇の前にいた。黒板には「令和5年4月6日」と書かれていた。卒業式から1年前の始業式だ。タイムリープしたのである。

 

その時、九条の目の前には談笑する30人の生徒たちがいた。しかし、九条は笑えない。生徒たちは1年後に自分を殺す容疑者たちなのだから。それからの九条は死が待つ自分の未来を変えるため、生徒との関係をあらためようとする。

[デイリー新潮]

 

すみません、これは愛菜さんではなく福くんの記事でした。。

 

 

芦田愛菜と鈴木福、共演NGに!その意外過ぎる理由とは?

 

まあ、彼もドラマや映画にまったく出なくなったわけではないですからね。

 

「最高の教師」が大フィーバーとなれば、福くんも俳優業に力をいれるかも?

 

ただ、仕事に夢中になるあまり勉学が疎かになって、留年や退学のピンチを招かないよう注意して欲しいところです。

 

KAPPEI カッペイ - 伊藤英明, 上白石萌歌, 西畑大吾(なにわ男子), 大貫勇輔, 古田新太, 平野隆

KAPPEI カッペイ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※鈴木福さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング