[スポンサーリンク]

 

昨年末から松本人志さんの性加害問題について爆弾を連続投下している週刊文春ですが、2月8日に発売された内容はこれまでと比べると若干弱めの内容であり、さらにアテンドした後輩芸人の名前が匿名という、弱気、忖度ととられても仕方のないものでした。

 

その背景とは。

 

 

 

 

文春が言う「上納システム」とは

 

今週号の文春は、「たむけんタイムなんて言ったことない」「上納システムなんてない」「『上納システム』という言葉は訂正してください。女性に対して暴言すぎます」といった主張をした、たむけんさんやクロスバー直撃の渡邊センスさんの言葉に対する反論がメインです。

 

「たむけんタイム」を言った言わないは大した問題ではないと思うのですが、「上納システム」としてこれは確かに、と感じたのが、文春で一番最初に松本さんを告発したA子さんの証言です。

 

 

[以下引用]

「小沢さんが『ゲームをしよう』と言いだしたとき、私は不安になって小沢さんに『どんなゲームですか。ルールは?』と聞きました。小沢さんははっきり答えず、『こんな機会、なかなかないから』と強引に松本さんの待つベッドルームへ押し込められ、二人きりにさせられた。これが単なる飲み会なのですか。あの日、性行為に至らなかった女性がいたことに松本さんが『三人中、二人が生理やん。どないなってんねん!』とキレて、小沢さんが平謝りしていた。最初から“上納”が目的だったからでしょう」(A子さん)

[週刊文春]

 

 

女性を上納することになっていないなら、松本さんがキレることもないし小沢さんが平謝りというのもおかしいですよね。

 

 

ちなみにA子さんは以前話題になった飲み会後のメールについて、当時の松本さんの怒りっぷりにおののき、自分が悪いことをしてしまったかのような思いに至り、小沢さんに言われていた「粗相のないように」「このあたりを歩けなくなる」も思い出された結果、機嫌を取るような内容で書いてしまったと明かしていました。

 

 

新たに11人目となったJ子さんの証言を踏まえ、文春は以下の4つの共通点を挙げ、これを「システム」だとしています。

 

 

・直前まで飲み会の場所がホテルの部屋であることを女性に告げない

・松本さんが参加すると知らせない

・飲み会の最中は携帯電話を没収、または利用を禁止

・飲み会の終盤、何らかの「ゲーム」を行い、一人の女性を寝室に残し、他の参加者は退散する

 

 

[スポンサーリンク]

絶対的使命だった「女性の献上」

 

今週号の文春には、後輩芸人が松本さんへ女性を“献上”することを至上命令としていたことを物語るエピソードが掲載されています。

 

 

それによると、2008年に港区西麻布のラウンジで行われた飲み会の後、幹事役の「著書が爆発的な人気を博していた後輩芸人」に二次会に誘われたときに、「タクシー代一万円出すから、カラオケ行こ!」と言われたそうです。

 

 

さらに、カラオケに到着したとたんコスプレを希望され、女性たちが断るとその後輩芸人の表情はみるみる曇り、汗を滴らせながら声を荒らげて、


「『女の子が嫌がったので着替えませんでした』なんていうのはあり得へんねん。本当の本当のお願いやから、頼むから着替えてや!」

 

と懇願したそう。

 

 

そしてセーラー服などに着替えた女性は一人ずつ部屋に戻りお披露目し、終了後、後輩芸人が女性の一人に

 


「松本さんが君のことを気に入ってるから、一緒にタクシーで帰って。これが本当のお願いやから」

 

 

とささやいたと。

 

 

[以下引用]
前出の参加女性が、その時の状況を明かす。

 

「その女の子は『騙された』と言って、最後まで抵抗していましたが、その後輩芸人は必死の形相で『今から松本さんが出てくるし、タクシーも店の前で待たせているからお願いします』と懇願していた。結局、その子は逃げ切りましたが、『松本さんは自分の手を汚さずに後輩に全部やらせるんだ』と、上下関係の異常性に驚きましたね」

[週刊文春]

 

 

ここで驚いたのが、後輩芸人の必死さと、なぜその後輩芸人が匿名なのか、ということです。

 

 

文春が報じたM-1王者、著書が爆発的な人気を博した芸人は誰?

 

これまで文春は裏事情を明かしている「証人」は匿名でしたが、スピードワゴン・小沢一敬さん、たむらけんじさん、パンクブーブー・黒瀬純さん、クロスバー直撃・渡邊センスさんと、アテンドしてきた芸人の名前は明らかにしてきました。

 

 

それが、実名告発した大塚里香さんの飲み会でのアテンド役をした「M-1王者として芸能界で確固たる地位を確立する後輩」と今回は匿名報道を行っています。

 

 

[文春砲]当時19歳が松本人志(41)を拒絶→トラウマレベルに怒鳴られる悲劇…弁護士決定の裏話も

 

[以下引用]

「“M-1王者”はフットボールアワー・後藤輝基さん、“著書がヒットした”のは麒麟・田村裕さんでしょう。当時、松本さんとよくつるんでいたので、芸人界隈の人が読めば、誰のことを指しているか一目瞭然です。後者は、ピース・又吉直樹さんと混同されそうですし、芸人の間では『なぜこれまでのように実名報道しないの?』『吉本に忖度しているのか?』と不思議がられています」(お笑い芸人)

[サイゾー]

 

 

今回告発された飲み会は2008年で、ホームレス中学生は2007年。

 

 

大塚里香さんの飲み会は19年前で、フットボールアワーがM-1王者になったのは2003年。

 

 

話題の芸人なら人が集めやすい、そんな感じでしょうか。

 

 

[スポンサーリンク]

文春がアテンド芸人を匿名化したのは、ネタ切れか忖度か

 

[以下引用]

こうした「文春」の変化を、マスコミ関係者はどう見ているのか。

 

「ここ最近、吉本、松本ともに動きがなく、報道内容に対して反論してくることもなくなったので、『文春』側が情けをかけたのか。一方、同誌最新号の記事は、新たな性加害疑惑を告発ではなく、これまでの総括のような内容だったことから、“ネタ切れ”に陥っている可能性があり、それに伴って、記事内容もトーンダウンしているのでは」(前出・スポーツ紙記者)

[サイゾー]

 

 

ネタ切れは、多少あるかもしれませんね。

 

 

相変わらずタレコミはあるものの、その精査に時間がかかってるという話もありますし。

 

 

それよりも単に

 

 

「過激にして愛嬌あり」

 

 

という原点に戻ったのかもしれません。

 

 

そもそも、吉本と松本さんが最初に「事実無根!」「訴える!」と言わなければここまでの追い込みはなかったでしょう。

 

 

そして、反論を受けてそのまま文春が引っ込めば、文春がガセ報じたみたいな空気になって、ネットの攻撃対象になりそうですもんね。

 

 

反論があればさらに強く反論する、そういうスタンスだから、今週号も否定された上納システムとたむけんタイムについての反論だったのかもしれません。

 

 

何を言っても文春に返される、この状況で弱気になっているのは、むしろ文春よりも芸人サイドなのでは。

 

 

ただ、松本さんサイドがすんなり認めなかったことで良かったこともあります。

 

 

J子さんまで合計11人の証人が出て、こういう飲み会はあり得ないと周知されたのは今度同様の被害をなくすためにもよかったのでは。

 

 

また、マッサージ店での行動は明らかに犯罪的でしたから、あれが明らかになったことで救われたマッサージ店勤務の女性も多いのではないでしょうか。

 

 

出禁多数の松本人志、常習犯疑惑も浮上!被害内容は完全に犯罪で遂に警察沙汰[文春砲]

 

 

今回文春はやりすぎのバッシングも受けました。

 

 

それでも、ジャニー喜多川氏の性加害問題も含め、傷つけられた人が立ち直るきっかけにもなったと思うので、マイナスばかりだったとは思いません。

 

 

今後は裁判に場を移し、どういう判決になったとしても、今後上納システムは稼働しないでしょうし松本さんがマッサージ店で暴挙に出ることはないでしょう。

 

 

◆え、あのドラマが映画化!?

ウソだろ…→ geinou ranking geinou reading

ウソだろ…→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング