10月期のフジ月9ドラマ(タイトル未定)で主演を務めることが発表された篠原涼子さん。ジリ貧の月9によく出演したなあ…という感想が飛び交う中、本人は「騙された!」と大激怒しているといいます。下手すると降板も辞さない構えだといいますから、穏やかではありません…






本ドラマは「しあわせになろうね!」を合言葉に市民の不満に寄り添い、社会問題に立ち向かう「痛快市政エンタテインメント」とのこと。

篠原さんが演じる主人公は高校中退の普通の主婦で、議員報酬目当てで市議選に立候補した新米女性市議という設定です。

しかし、ドラマへの出演報道が出た直後、篠原さんサイドが態度を急変させるトラブルになっているそうで…

[以下引用]

「もともと10月期の月9は、木村拓哉の主演が内定していた。ところが、ジャニーズと蜜月だったフジテレビ亀山千広社長の退任や、木村の主演映画『無限の住人』が大コケしたことで、話が立ち消えになった。その後、『アンフェア』の制作チームが篠原を口説き落とすことに成功したのですが、オファーを受けた後に自分がキムタクの“尻ぬぐい”だったことを知って、篠原のプライドはズタズタに。さらに、そうした局内のイザコザがマスコミに漏れて面白おかしく伝えられていることにも不信感を募らせ、『降りる』とまで言いだすほど不機嫌モードになっているといいます。フジ側は、すでに隠し玉として夫・市村正親の出演まで段取り済みだったそうで、番組スタッフは篠原のご機嫌取りに必死ですよ」(制作会社スタッフ)

[日刊サイゾー]



ということですが、10月期のキムタク主演ドラマが流れたことは、篠原さん自身も知っていたと思うんですけど。

なにせ、そのドラマのヒロインに抜擢されていたわけですから。

そうなると、このサイゾー記事は??な感じになっちゃいますが…もしかして、キムタクと共演するという情報が間違いだった?

[スポンサーリンク] まあ、なんだかよく分かりませんけど、尻拭いとかそういう問題ではなく、今のフジ月9に出演売ることは女優として非常にリスクが高いことは確実。

フジテレビ制作の“働くママ”を題材にしたドラマといえば、昨年に放送された松嶋菜々子さん主演「営業部長 吉良奈津子」平均視聴率7.1%と大コケしたことは記憶に新しいところ。

また、篠原さん自身が15年に主演した「オトナ女子」も平均視聴率8.7%という低い数字に終わり、周囲の期待を裏切りました。

現在放送中の相葉雅紀さん主演「貴族探偵」ですら、国民的アイドル・嵐メンバーが主演しているにも関わらず、現時点での平均視聴率は8.7%と二桁に遠く及ばない有様。

正直、篠原さんもかなりヤバイことになるのは目に見えているような…

※スポンサーにまでディスられる貴族探偵

 ヒドすぎません?→ geinou ranking

 ヒドすぎません?→ geinou ranking

ただ、一つ朗報があります。

これまで社長を務めていた亀山さんは、フジテレビ黄金時代にバリバリのプロデューサーとして活躍してきたこともあり、自分の成功体験を押し付けるなどして必要以上に現場に介入していたといいます。

そのため、スタッフたちが伸び伸びと仕事をすることができず、冒険的な試みや新しい発想が一切生まれてこなかったとも。

それに対して新社長の宮内さんは、これまで現場での経験がほとんどないため、「私は経営に徹するから、制作は現場に任せる!」というタイプなんだそう。

これ、うまく回ればフジドラマの復活になる…かも?

見応えのあるドラマが増えるのは視聴者としても万々歳ですし、期待したいところです。

※いまだにこのイメージが抜けない人も多いのでは?

恋しさと せつなさと 心強さと -
恋しさと せつなさと 心強さと –

[関連商品]

※篠原涼子さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら