昨年12月、『グッド!モーニング』に出演中だった田中萌アナと加藤泰平アナの不倫が週刊文春に報じられ、そのままふたりとも番組から姿を消し番組降板、騒動はこのままなかったことになりそうですが、テレ朝がここまで急速に幕を引いた裏には、関係者が戦々恐々とする“もう1つの爆弾”が存在するといいます。

ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不倫女子のリアル [ 沢木文 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2017/1/8時点)






[以下引用]

「報道後、田中・加藤両アナは、そろって“自宅謹慎処分”が科せられましたが、年明けとともに解除されました。加藤アナは責任を取る形で、スポーツ部へと“左遷”されたようです。しかし田中アナは、アナウンス室に復帰し、いずれは番組出演も再開するでしょう。業界内では、『不倫に寛容な局』などと揶揄されていますよ」(スポーツ紙記者)

実は田中アナ、加藤アナ以外の局内先輩アナとも関係を結んでいたようだと、テレ朝内でウワサが立っているという。

「既婚男性アナ・Xと田中アナは、不適切な関係になっていたようです。実力派のイケメンで知られるXアナは、田中アナとはいわば師弟関係で、入社直後からいろいろと気にかけ、相談にも乗っていた。そしていつの間にか、プライベートで深い関係を持つようになってしまったとか」(テレ朝関係者)

このXアナと田中アナの関係は、少なくともアナウンスルームでは、有名な話だったようだ。

「おそらく『文春』も、Xアナの存在に気付いていたはずですよ。ただ、何らかの取引があったのか、報道されたのは加藤アナのみでした。しかし局上層部は、『文春』の続報を恐れていたようで、Xアナが出演していた年始の特番をお蔵入りにしています。当然、Xアナ本人も戦々恐々としていて、続報が出ないでほしいと、祈るような気持ちで日々を過ごしているそうです」(同)

[サイゾーウーマン]



これまでも田中萌さんの「オトコ食い」は有名だったと報じられていましたし、加藤さんに加えて同僚の20代アナ、番組スタッフ2名の計四股だという疑惑も報じられていましたが、今度は先輩アナということで…

ネットではこのXアナは、清水俊輔さんでほぼ確定とされています。

清水アナが進行役を務める『中居のミになる図書館』で、たびたび田中アナを「萌」と呼び、教育係であるということやよく相談に乗っているというエピソードを話していたため、キーワード的に今回の記事にピッタリだということです。

ちなみに清水アナは2008年1月に一般人女性と結婚、2010年5月にテレ朝のブログで子供が生まれていたことを報告しています。

この記事の通り、清水アナと加藤アナ二人と不倫をしていて清水さんを伏せたのが事実なのであれば、子供がいることや将来性が考慮されたんですかね。

ただ、『グッド!モーニング』で共演していた吉野真治アナも「吉野さんは田中の教育係みたいな人で、田中が原稿を棒読みしているのを厳しく指導していたんです」(テレ朝局員・サイゾー)という話もあり、田中さんの教育係は複数いる可能性も…

田中さん、なんとなく甘え上手な感じがしますから、接する先輩にはことごとく相談していた可能性もあるような。

2015年入社だというのに一体何人と噂があったのか、なんともゆるいイメージになってしまった田中アナですが、今後もアナウンサーとして活躍するつもりがあるなら、ハートが強いですね。

◆あのアイドルのスキャンダルが

とんでもない疑惑へ発展→ ranking reading

とんでもない疑惑へ発展→ reading ranking

※なんでなんでしょう

人はなぜ不倫をするのか (SB新書) -
人はなぜ不倫をするのか (SB新書) –

[Amazon]

※田中萌さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら