業界関係者が「二度と一緒に仕事したくない女優」をランキング形式で明かしており、数々の「女優」を抑えて1位になったのは元AKBの板野友美さんでした。

ranking

※唇がパワーアップ?[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Get Ready? [ 板野友美 ]
価格:2500円(税込、送料無料) (2017/1/4時点)






[以下引用]

まずは今やトップ女優のひとりといっても過言ではない人気女優の名前が第3位に挙がった。

「尾野真千子さんですが、ご存じのように演技などの面では申し分ありません。むしろ、今後もさまざまな映画にドラマと重宝されるはずです。しかし、個人的にいえば現場での面倒臭さがあるので、お仕事は遠慮したいですね」(映画関係者)

現場での面倒臭さとはいったい何か。

「少々ワガママともいえる部分もあります。彼女は朝が弱いことでも有名なのですが、そのため撮影スケジュールを組む際、特に宣伝活動になるといろいろと制約が生じてしまうのです。そうなるとこちらの思惑通り事が進まないこともあります。演技が素晴らしいだけに関係者から文句が出ることは少ない女優さんなのですが……」(同)

[トカナ]



尾野さんの性格自体は、これまで特に悪いと言われることはなく、明るくてサバサバした性格だと言われています。

ドラマの場合、朝から情報番組系をジャックして宣伝、というよくあるパターンができないのが困りどころなのかもしれないですね。

ただ、番宣だって何日もあるわけじゃないでしょうから、たまにだったら言えばOK出るんじゃないでしょうかね?それすら断るんだとしたら、たしかにワガママかもしれません。

はじめまして、愛しています。 DVD-BOX -
はじめまして、愛しています。 DVD-BOX –

[Amazon]

続いて第2位。

[以下引用]

「菜々緒さんです。気の強さは画面からも感じられる通り。ただ、そこが面倒というわけではなく、彼女は時間にルーズでそこに頭を抱える関係者は多いですね。ドラマは時間通りに撮影を進めていかないととんでもないことになるケースが多いですし、総勢何百という数のスタッフが動いています。ですので直してもらいたいですし、今後も時間にルーズならば、やはり仕事をするのは遠慮したいです」(ドラマ関係者)

[トカナ]



菜々緒さんは基本的に強気で、ツイッターでもそれが原因でトラブルになったこともあります。

 菜々緒、暴言ツイートに“悪女キャラ”で対応

 菜々緒がディズニーランドでの違反行為をツイッターで注意され逆ギレ

しかしそれ以上に問題なのが時間にルーズなことなんですね。

それくらい、きちきちと組まれたスケジュールの中進んでいくということなのでしょう。

前もって都合を伝える尾野さんはともかく、時間にルーズな菜々緒さんは一般社会で生活するにも問題だと思いますが、少し前に小栗旬さんが『火曜サプライズ』に出演した際、今のテレビドラマ不振はギリギリのスケジュールでバタバタと作ることが原因だと指摘していたことを思い出します。

脚本が2話くらいしかできていない時点で撮影が始まると、内容が面白くなくても役者は意見を言うこともできず撮影に追われることになってしまう、次のクールで放送するドラマを撮影するのではなく、もっと余裕を持って制作するべきだといのが小栗さんの主張でした。

小栗さんの主張も納得ですが、多くの人が関わる現場であり、毎クール同じような人がキャスティングされている現状だと、スケジュールの管理は重要事項でしょうし、バタバタするのも仕方なさそうです。

◆デビュー直後の垢抜けていない芸能人画像

衝撃…→ geinou ranking geinou reading

衝撃…→ geinou reading geinou ranking

さて、最も数多くの関係者から「二度と一緒に仕事したくない女優」として名前が挙がったのは…

[以下引用]

「板野友美さんです。演技力の面で厳しいですよね。相当お世話になった方からの依頼であれば受けるかもしれませんが、率先して仕事をしたいとは思いません」(ドラマ関係者)

元AKB48のメンバーである彼女もドラマの現場では演技力で相当のダメ出しを受けているようだ。さらに、演技力以外の面でもこんな声があった。

「さまざまな彼女なりのルールを現場に持ち込んでくることが多いんです。たとえば楽屋の広さなどの指定が入ることもあります。また、どういう事情なのかわかりませんが、1日の撮影時間に上限を設けることもあったりと、演技がたいしたことないくせに、条件ばかりが多い人なので面倒です」(ドラマ制作会社関係者)

[トカナ]



楽屋の広さやら撮影時間やら、どんな大女優が言っているのかと驚いてしまいました。

板野さんは演技、人気などどう見ても主演女優の器ではないです。

AKBの看板も外れてパッとしなくなった今、逆に役をもらえたら感謝して文句を言わずに努力すべき人だと思うのですが。

ドラマも映画もチャンスはもらったものの生かせなかった板野さんは、今はとても中途半端なタレントです。

女優の仕事もまるでない近況を反省して、今後はどんな現場でも真摯に取り組むべきだと思いますが、今の板野さんに大きな仕事は来なそうですね。

※こちらは俳優版

業界関係者が暴露!二度と一緒に仕事したくない俳優3名の中に意外な名前

◆元SMAP4人が大晦日に集結した焼き肉屋から推察する今後の動向

うわ、これマジだ→ geinou ranking geinou reading

うわ、これマジだ→ geinou reading geinou ranking

プチ整形の真実 [ 近藤 須雅子 ] - 楽天ブックス
プチ整形の真実 [ 近藤 須雅子 ] – 楽天ブックス

[楽天市場]

※板野友美さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら