覚醒剤使用の疑いで11月28日に逮捕されたものの、嫌疑不十分で不起訴となったASKAさん。好き勝手やりたい放題で報じてきたテレビ各局に対しては大きな批判が巻き起こりましたが、ここへきてASKAさんが逆襲に出る可能性が高くなってきました。これには、芸能リポーターの井上公造氏と「情報ライブ ミヤネ屋」はかなり焦っているといいます。

※一瞬で虎の威を借りる技術。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一瞬で「本音」を聞き出す技術 [ 井上公造 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/12/30時点)






[以下引用]

ASKAが逮捕された時点で、大方のメディアは過去に同様の罪で執行猶予付きで有罪判決になった経緯があることから、“犯罪者”として激しい報道合戦を繰り広げた。ASKAはワイドショーなどに反撃するとみられており、各社とも怯えながらの年末年始となりそうだ。

「逮捕前に、捜査関係者から記者クラブ加盟の大手メディアに情報が流れ、ASKA本人も驚くなかで 報道合戦は過熱していきました。自宅前には大勢の取材陣が押しかけ、自家用車を破壊するなど、大きな問題を残しました」(メディア関係者)

そのなかでも功を焦ったのが、ミヤネ屋と井上氏だ。井上氏は勝手にASKAの新曲を番組内で公開した上に、生放送中にASKAに電話をかけて宮根誠司と話しをさせ、無許可でその模様を放送したのだ。ASKAは釈放後にブログで、実名こそ出さないものの井上氏を糾弾している。ミヤネ屋は番組内で謝罪をし、井上氏も釈明の文書を発表した。

「もともとASKAと井上氏をつないだのは、某タレントです。井上氏はとても仲がいいような態度を取っていますが、本の出版をめぐってASKAが井上氏に相談したことがきっかけで数回、電話でやり取りしただけの関係です。ミヤネ屋の一連の報道が『放送倫理・番組向上機構(BPO)』の審議入りをしそうだというので、ミヤネ屋は慌てて謝罪をしています。報道を主導した井上氏も釈明せざるをえない事態となりました」(ワイドショー関係者)

そして、実家に帰っていたASKAが報道陣に発した一言が、大きな波紋を呼んでいる。

「『たくさん打ち合わせしなきゃ』という言葉です。報道では警察への対応ということになっていますが、もちろんメディアへの対応も含まれているでしょう。逮捕前後には法的措置を取ってもおかしくない事態が起きていました。これを聞いたワイドショーの上層部は震え上がってます」(テレビ局関係者)

[まいじつ]



ASKAさんの再逮捕の時のマスコミ報道は、ホントに酷かったです。

まったく、強いものには完全沈黙するくせに、弱いものに対しては「これでもか!」というくらい徹底的に叩くその体質はいったいどこから来るのか…

親の顔が見てみたいところですが、ASKAさんが逆襲に出るというのは当然のことかと。

マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか(補訂版)— 権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する -
マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか(補訂版)

[関連商品]

ちなみに、宮根誠司さんも井上公造さんもバーニングの周防会長と昵懇の仲であることは有名ですが、ASKAさんも文春の記事で「オヤジ」と呼ぶほど深い関係にあるんですよね。

ミヤネ屋がやりたい放題だった裏には、ASKAさんが周防会長から「見捨てられた」ことを意味しているのかもしれません。

実際、ASKAさんは22日付けのブログで「ミヤネ屋」と井上公造さんを批判して“戦闘態勢”に入っていましたが、二人が謝罪したことでトーンが変わりつつあります。

例えば、27日付けのブログでは、「言葉は、伝えるための道具」とした上で、「今、世の中では、僕を庇う様相を見せながら、特定の人たちを攻撃している人たちがいる。ただの道具を使って」と綴るなど、井上さんらを糾弾するネット世論をチクリ。

さらに「たくさんの人たちが、道具を使って、小石を動かすような振りをしてるけど、水面からでは、決してできないこと。声を上げて、空の顔をして、景色の主役のようになって、僕を庇ってくれなくてもいい。(中略)景色となって、僕を庇ってくれなくてもいい。きっと、それは、社会という海、湖の表面を彩った『いじめ』にしかならないと思うんだ」と、「もう、憎しみの連鎖はやめようよ」というメッセージを送っています。

それを考えると、訴訟沙汰にはならないような気もします。

ところで、そんなASKAさんは新曲「FUKUOKA」をYoutubeにアップして、すでに100万回以上の再生回数となり、急上昇ランクでも1位になっていました。

みなさんが、僕の歌を聴いてくれていることで、僕は幸せ。みなさんの波動が、ちゃんと届いているから」との言葉通り、薬物中毒からの復活に向け、強い気持ちを持って歩き始めているのかもしれません。

※ASKAの新曲が好評!アルバムに期待する声が殺到!

 動画→ geinou reading geinou ranking

 動画→ geinou ranking geinou reading

※覚醒剤から復活した先輩です。

Believer(初回生産限定盤)(DVD付) - 槇原 敬之
Believer(初回生産限定盤)(DVD付) – 槇原 敬之

[関連商品]

※ASKAさんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら