神田うのさんが「しくじり先生 俺みたいになるな!! しくじってもやり直せる3時間スペシャル」に、“老若男女まんべんなく嫌われちゃったKY先生”として登場、嫌われランキングで11冠を制するほど国民から嫌われてしまった原因を「空気が読めない自分の言動にある」「脱KYを目指している」と話し話題になっています。

ranking

※宣伝ご苦労さまです[楽天市場]






[以下引用]

1994年、19歳でテレビデビュー。以来「息子の嫁にしたくない女」「ママ友にしたくない芸能人」など、様々な“嫌い”ランキングで11冠を獲得しているという。「高飛車」「生意気」「ドギツイ化粧とファッションセンス」「つける薬がない」などと評されたことを紹介しながら、嫌われた理由は「空気が読めない=KY」と分析。「嫌われないための授業」を展開した。

「KYは気づかずに人を傷つけている」と、自身の幼少期の数々のエピソードを紹介。

モデル事務所に所属し雑誌で活躍し始めると、「お茶してる感じ」でテレビにも出演。ディレクターや共演者にもすべて“タメ口”で、CM中に騒いだり、他の出演者の話に平気で割り込んだり、失礼とされることが何かも分からずに多くの人に嫌われながらも、テレビ制作側はそんな神田を面白がって使い「KYモンスター神田うの」が完成したという。

転機はベビーシッターから1300万相当の物品を盗まれた被害に遭った事件。当初、世間からは自慢だと言われたというが、その時初めて、「家族に迷惑をかけていると気づいた」と涙を見せ「今改善している最中です」と明かした。

最後は「空気を読めない人は、自分がKYだと気付いていません。自我が強かったり周りが見えていません。今後の私の目標は、精神的自立です。今までは、人に甘えたり頼ったりしていましたが、今は母親として、脱KYを目指しています」と締めくくった。 

[スポニチ]



他にも、プロ野球選手との交際が報じられた時に「KYな私は堂々と交際宣言。勝利の女神発言で大バッシングを受けた」と告白していましたけど、これ、石井一久さんと結婚した木佐彩子さんやその家族にとったら蒸し返してくれるなという話かも^^;

※「うのはね」と名前呼びしていたことも嫌われた一因と分析

うのはUNO -
うのはUNO –

[Amazon]

反省して自分を改めようとしているのは立派だと思うのですが、「モンスターうの」を作った原因をテレビ製作サイドにあるとしているのがまたなんとも。

確かに、うのさんを調子に乗らせた一因はそういう人たちなんでしょう。

でもモデルからタレントに転身したのが19歳ということならば、すでに基本的な人格は完成していたと思うんですよね。

19歳で“失礼とされることが何かも分からず”って、親はどんな育て方をしたんだと…

※うのさんの父親は東大卒、旧通産省の元技官だとか。

「親の顔が見てみたい!」調査 [ 岩村暢子 ] - 楽天ブックス
「親の顔が見てみたい!」調査 [ 岩村暢子 ] – 楽天ブックス

[楽天市場]

それにしても、つい先週発売された女性自身のインタビュー記事とは言っていることが逆なんですよね。

しくじり先生では自分を変えようとしているということでしたが、女性自身では夫である西村さんに「批判されたくないならファッションも地味にしなきゃいけないし、自由に自分の意見を言えなくなる。でもそうなっちゃったら、姫(うの)らしくなくなるよ?」と言われ、それもそうだと納得、「自分を嫌っているのはメディアを通じて私を見ている人たち。家族や友人に好かれていればいいんです」と、完全にありのままの自分を肯定していました。

 被害者なのに批判される…神田うののズレた感覚とは。

ちなみに窃盗事件で叩かれたのは、ベビーシッターが4人もいてママタレ名乗るなとか、バーキンがなくなってもすぐに気づかないってどういうこと、ということが多かったように記憶しています。

まあ、お金持ちなうのさんだからベビーシッターが複数いても把握できないくらい高級バッグがあっても当然で、そういう指摘は「自慢だと嫉妬されている」と認識されるのかもしれませんね。

※た、高いっ

エルメス バーキン25 ブラック トゴ シルバー金具 HERMES Birkin bag 25 Black Togo leather Silver hardware - 西麻布レクラン
エルメス バーキン25 ブラック トゴ シルバー金具 HERMES Birkin bag 25 Black Togo leather Silver hardware – 西麻布レクラン

[Amazon]

そして、今も昔も神田さんというと出てくるのは、阪神大震災で死者の数を賭けていた、という件です。

これはたびたびネットで書き込まれていましたが、なんせ阪神大震災は1995年ですから、うのさんがこう言っていたのを覚えている、という人がポツポツネットに書き込んでいても覚えている人ばかりではなく、まさか、と思う人も多かったのではないかと思います。

そしてこの噂が2011年の東日本大震災を機に思い出され、書き込まれることが増えたとき、うのさんはブログに「悲しすぎるネット被害」という記事を書きこの噂を否定したところ、あっという間に裏付けがなされてダメージが何倍にもなりました。

その当時の詳細な経緯と証拠画像はこちら。

 本当だった!神田うのは阪神大震災のとき死者数を賭けていた!

 神田うのの発言が掲載さている記事画像

死者数を賭けた、ということからして人として信じられませんが、それを恥じて謝罪するどころか、過去の自分の発言をすーっかり忘れて被害者ヅラをしたという、なんと言ったらいいのかわからないことをしでかした人なんですよね。

だから何しても嫌われる、とか、嫌われても仕方ない、とは思いませんけど、今回のように、女性自身ではこのままの自分で行くと宣言したかと思えば、しくじり先生では自分を変えようとしていると発言しているのを見ると、とにかくこの人の発言に意味を求めてはいけないんだろうなとは思います。

こういう人が好かれるのは難しいかもしれません。

マリアージュ 2008.Autumn -
マリアージュ 2008.Autumn –

[Amazon]

※神田うのさんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら