25日放送の『NHKあさイチ』のプレミアムトークに出演した“西の女帝”上沼恵美子さんが、以前紅白歌合戦の司会を務めた時に和田アキ子さんにいじめられたエピソードをにおわせましたが、それがNHKの和田さん降ろしの計略だったのではと報じられています。

ranking

[楽天市場]



[以下引用]

年末ということで、話題は『NHK紅白歌合戦』に。上沼は『紅白』を「誰もが見る日本一の番組」と褒め称え、1994年に自身が紅白司会を務めた際の思い出を吐露したのだが、途中から内容は「特定の相手」を対象にした毒舌路線に……。

「紅白歌合戦の紅組司会に抜擢された上沼でしたが、大阪タレントということで『そりゃあ、いびられた、いびられた。東京は完全アウェイだったので、皆さんが私を敵にしてくださった』と“恨み節”。終いにはカメラ目線で『その人たちはいまだに大っキライです』と断言。有働アナは笑うしかありませんでしたが、イノッチは『それ、誰ですか?』としつこく聞いて有働アナを困らせていました。上沼は『大阪のラジオなら話すのに』と悔しがっていましたよ。4~5人と語っていましたが、おそらく対象は“たった1人”だったのではないかともっぱら。そう、和田アキ子です」(芸能記者)

今年10月、『上沼・高田のクギズケ!』で、和田が『アッコにおまかせ!』(TBS系)で「片岡愛之助の携帯番号変更を私は聞いていない」と文句を言ったことに対し、上沼が「アッコさんには絶対に教えなあかんのですか? 東京の芸能界ではそんな決まりがあるのかな~」と“口撃”した際は大きな話題となり、敵対のキッカケが94年の『紅白』での和田の“いびり”だという情報もあった。

[サイゾー]



上沼さんは94年、95年の2年に渡り紅白歌合戦の紅組司会を務めており、その際ベテラン歌手に「あんたみたいなもんが紅組の司会って、なんやの」という態度でいびられたというエピソードは以前から何度か話しています。

そのベテラン歌手が和田アキ子さんだと書いているのは11月の日刊サイゾーの記事で、音楽関係者のコメントとして「当時の出場歌手の中で、上沼さんより年上で、今も有名なベテラン歌手というのは数名しかない。その中でも、1番やらかしそうなのがアッコさん」とありました。

上沼さんがハッキリ誰にいびられたと話していない以上憶測ですが、何も因縁がなければ片岡さんの携帯番号変更の件でもあそこまで言わないような気も。

今年はその前から故・川島なお美さんへの失礼な態度でも炎上し、さらにヒット曲がないのに当然のように紅白歌合戦へ出場することに対するバッシングが例年以上に盛り上がっています。

 和田アキ子が人として残念過ぎる…川島なお美の訃報をスルーした理由

 またも大人げない和田アキ子。片岡愛之助との縁を切ると断言

[以下引用] 

現状を考えれば、『あさイチ』という朝の高視聴率番組で堂々と批判をした上沼の策士ぶりはさすがである。和田に“トドメ”をさした感覚なのではないか。

何より、最も恐ろしいのは、この時期に上沼を出演させたNHKであると記者は続けた。

「歯に衣着せぬ芸風の彼女なら、『紅白』司会の“いびられエピソード”を話すことくらい想定の範囲内のはず。にもかかわらず出演させたということは、上沼のエピソード披露によって、世間の和田アキ子バッシングを加速させようとする意図すら感じてしまいます。イノッチも有働アナも、話の対象が和田ということをわかっているかのような表情でしたし……。NHKの中にも、いまだに紅白に居座る和田に違和感を覚える人が多いということでしょう。上沼は、和田の『紅白』出演を今年限りでやめさせるための“最大の武器”だったのでは……」(同)

[サイゾー]



紅白歌合戦に出場するのが疑問な歌手というとまず名前があがるのが和田さんです。

 驚愕!“紅白歌合戦に出演するのが疑問な歌手”アンケート結果がかなりストレート

※何度鳴らしたら気が済むんだというのは定番のツッコミ

あの鐘を鳴らすのはあなた - 和田アキ子
あの鐘を鳴らすのはあなた – 和田アキ子

[Amazon]

NHKは最多出場を誇る和田アキ子さんに対して、NHKは卒業を打診したものの、所属事務所であるホリプロの会長兼社長の堀義貴氏が日本音楽事業者協会(音事協)の会長を務めているというのに事務所の功労者である和田さんが紅白落選なんて格好が悪いと頼み込み、歌手としての評価がされていないのに出場が続いていると報じられたこともあります。

 NHKが「今年こそ切りたい」「でも切れない」…なぜ?和田アキ子が大物でいられる理由

しかし最近では連日のバッシングを受けてか、元来小心者の和田さんは病院に通うようになったという話もありますし、もう辞めたいというのが本音では。

北島三郎さんに続き森進一さんも紅白卒業宣言をしたことで、ただなんとなく連続出場している人は時期を見て卒業宣言をしなければいけないような流れができたように思います。

今回の上沼さんの『あさイチ』出演が、次は和田さんだ、という強烈な肩たたきだったなら、NHKも本気だということですね。

卒業宣言をするならするで、森さんのように歌手生活50周年とかなにか区切りがあった方が格好がつきますが、和田さんは何をその区切りにするのでしょう。

今から来年の紅白が少し楽しみです。

※和田アキ子さんのツイッターはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら