女性自身に掲載された小栗旬さん・山田優さん夫婦が娘を連れて散歩する写真がちょっとした話題になっています。

ranking

※細かった小栗さん

[楽天市場]



女性自身に掲載されたのは、昨年10月に生まれた娘を連れた夫婦の姿。

二人ともメガネと帽子で地味でしたが、184センチの小栗さんと169センチの山田さんはそのスタイルとともに目立ったみたいですね。

公園は自宅から少し離れたところですが、お子さんは以前噂になった14万円のベビーカーではなく、小栗さんの抱っこで連れてきたとのこと。

 小栗旬の深刻な悩み…山田優の浪費癖がヒドい!

それには現在撮影中の映画の役作りという理由がるそうで。

※原作。小栗さんは連続殺人鬼を追い詰める刑事役

ミュージアム(1) (ヤングマガジンコミックス) -
ミュージアム(1) (ヤングマガジンコミックス) –

[Amazon]

[以下引用]

「殺人鬼と対決していくなかで、だんだん憔悴していきますから、ある程度の減量も必要です。小栗さんは奥さんの山田さんからダイエット法を学んでいるそうです」

実は“ベビーカー封印”も、“妻直伝”のダイエットの一環なのだという。産後太りとは無縁に見える山田だが、その秘訣について4月に出演したファッションショーで、こう語っていた。

「子供ができてから朝早く起きるようになりました。毎日7、8キロの子供を抱いて歩いているので、それがとてもいい運動になっています」

それから半年、愛娘の体重も10キロ近くになっている。彼女を抱いて行き帰りで合計3キロも歩くとすれば、かなりの運動になることだろう。自宅の近所に2億5千万円を投じて、稽古場を作った“役者バカ”小栗旬。オフに愛する家族と過ごしながらも、役作りには余念がないようだ――。

[女性自身]



実際には山田さんは「毎日、7~8キロの子どもを持って歩いてるので、それが一番の運動になっています」と答えていたのですが、「抱いて」に修正されているのは優しさでしょうか。

運動量はそれなりにありそうですが、たまーにだとそれほどのダイエット効果はないかも?

小栗さんは撮影の合間に娘さんの写真を見つめて気分転換をするほど子煩悩だといいますし、単にスキンシップがしたかったのかもしれません。

しかし、小栗さんの抱っこの仕方には「抱き方が悪い」「愛情が感じられない」「慣れてないからヘタ?」等々驚きの声がチラホラ。

こちらに画像とネットの反応があります。

 山田優 減量中の小栗旬に教えた”愛娘抱っこダイエット”

確かに娘さんを後ろから抱き上げたようなこの抱っこは荷物のようで違和感ありますかね。それこそ山田さんの言っていた「持って歩く」感じ。

しかし、前を見ないと機嫌が悪くなる子どももいますし、こんな抱っこで自宅までの1.5キロが歩けるとは思えませんから、一時の抱っこなんでしょう。

これでカメラ目線でポーズでもとっていたら、紗栄子さんが犬をカバン持ちしていたあの姿を思い出しそうです。

 紗栄子、ガガのパクリ?「またやらかした」と批判殺到!

ふだん不仲説や離婚説が絶えない中、せっかく家族仲の良い写真が報じられたのに、抱っこの仕方一つで突っ込まれてしまってお気の毒です。

※いろいろ話題の山田優さんインスタグラムはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら