元光GENJIの大沢樹生さんが、元妻である喜多嶋舞さんとの間に生まれた18歳の長男が実子ではないと訴えた「親子関係不存在」の確認を求める訴訟の判決が11月19日に行われました。

気になる判決は、「親子関係が存在しない」と、原告である大沢さんの言い分が認められました。

ranking

[楽天市場]



[以下引用]

2013年7月に調停の申し立てを行ったが、不調に終わっていたことから先月から口頭弁論がスタート。陳述書で大沢は「妊娠していたことがきっかけで結婚したのに、事実を説明してほしい」などと主張していた。

大沢は13年2月、海外の鑑定機関に長男のDNA鑑定を依頼。「2人が親子である確率は0%」との鑑定結果を受け取り、数か月後、喜多嶋にも伝えた。

 同年12月、騒動が「週刊女性」で報じられると、長男が「女性自身」で「99・9%、僕はパパの子供」と反論。喜多嶋も「女性自身」のインタビューで「断言します。父親は大沢さんです」と完全否定し、両サイドの言い分は真っ向から対立。

約2年続いた泥沼の騒動は、まだまだ波乱含みだ。

[東スポ]



大沢樹生さんと喜多嶋舞さんは1996年6月にできちゃった結婚をし、翌97年1月に長男を出産したものの、2005年9月、性格の不一致を理由に離婚しました。

当初は長男の親権は喜多嶋さん側にありましたが、一緒に暮らしていたのは大沢さんで、07年に喜多嶋さんが再婚したのを機に大沢さんへ移動。

仲良く暮らしているかに思われたのですが、2012年9月、長男が週刊文春に両親から虐待を受けていたことを明かします。

 虐待!大沢樹生と喜多嶋舞が息子に告発された!離婚の真実の理由とは

この記事によると、そもそもの離婚原因が喜多嶋さんによる虐待であり、大沢さんと暮らすようになってからは、当初は「悪いことをしたら殴る」だったのが、だんだん「部屋が散らかっていても殴る」ようになっていった、ということでした。

しかし、両親ともに虐待を否定。大沢さんは長男に虚言癖があり心療内科に通っていること、万引きをしたり包丁を持ちだしたりと問題がある子どもであることを明かしていました。

当時は我が身を守るために息子の悪事を晒すなんて、という意見もありましたが、大沢さんが「虐待」を反論なしにそのまま受け止めていては、イメージ第一の芸能界では致命的で、仕事をして家族を養うことができなかったんだろうなと思います。

※喜多嶋さんは近所の人の証言もあり、クロの可能性大

女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞 映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」より [DVD] -
女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞 映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」より [DVD] –

[Amazon]

そしてその翌年の年末、大沢さんの息子は実子ではないということが報じられました。

 大沢樹生の息子は実子ではなく喜多嶋舞の浮気の子!DNA鑑定で判明

大沢さんは、再婚した妻が胎児異常で死産したことと息子に耳の障害があることを自分のDNAに問題があるのではと考え、成長した長男が気質や性格、体格ともに自分に似ていないこともあり、DNA鑑定に踏み切ったということでした。

当然、喜多嶋さんサイドは激しく否定したのですが、どうにも説得力がなかったんですよね。

 喜多嶋舞「大沢樹生は息子の籍を抜くために仕組んだ。目的は慰謝料」

 喜多嶋舞が反論!根拠に妊娠中の障害判明をあげるも疑問の声

7年も交際してのデキ婚だったのに、その間喜多嶋さんには複数の交際情報があったのがダメでしたね。

 香川照之、西島秀俊も…。喜多嶋舞の奔放すぎる男性遍歴が明らかに

そして最終的には「父親は元ジュノンボーイの伏石泰宏さん」と、妙に真実味がある人物が浮上しました。

 「喜多嶋舞を妊娠させた」と吹聴していた逮捕歴ありの元芸能人F

 実父判明!大沢樹生・喜多嶋舞の息子の父親はやっぱり伏石泰宏だった

※「托卵」

托卵 / ひさうちみちお 【コミック】 - HMV ローソンホットステーション R
托卵 / ひさうちみちお 【コミック】 – HMV ローソンホットステーション R

[楽天市場]

今回の判決を受け、安藤優子さんが「直撃LIVE グッディ!」で、「なんで、子供を相手にこういう裁判を起こさなきゃいけなかったんですか」「喜多嶋舞さんもお子さんも大沢さんの子供だと言っているんだからいいじゃない」 「大人の事情に子供が振り回されたという気がします。どうにもこうにも後味が悪い」といった発言をして批判を集めています。

確かに息子が被告というのはショッキングですし、お子さんのことを考えると大沢さんを責める声があがるのもわかるのですが、大沢さんと息子さんの衝撃に大小はつけられませんし、そもそもを考えると、なるべくしてこうなったような。

せめて大沢さんが喜多嶋さんにDNA鑑定の結果を告げた時に誠実に対応していれば、離婚原因が虐待から息子さんを守るためだったこと、離婚時には虐待を明かさなかったこと、息子さんの難聴に対する真摯な姿勢などを思うと、ことを内密に進めるくらいの男気は、大沢さんにもあったと思うのですが。

息子さんの情緒が安定しなかったのは喜多嶋さんが小さいころ虐待したことにも一因があるのでは、まで言ったら喜多嶋さんを責め過ぎでしょうか。

今息子さんの親権は喜多嶋さんに移り、現在はアメリカで暮らす喜多嶋さんの父で音楽プロデューサーである喜多嶋修さんと、母の内藤洋子さんの元で暮らしているとのこと。

不幸な中でもいい環境があったと思うのですが、そこで祖父母の愛で癒されて欲しいと思います。

◆似てる?

息子と伏石泰宏 → ranking reading reading ranking

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫) -
毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫) –

[Amazon]

※大沢樹生さんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら