3月31日に32年間の歴史に幕を閉じた「笑っていいとも!グランドフィナーレ」では、バラエティ界の大御所が一堂に会するという出来事が起きましたが、そこを仕切った中居正広さんの株が急上昇中だといいます。

 → ranking

※値段にご注目。



[関連商品]



[以下引用]

タモリや、笑福亭鶴瓶、明石家さんま、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、爆笑問題、ナインティナインが同じ舞台に立つ中、それらをまとめた中居正広は次のように語っている

「ぼくは急に仕切って話をまとめてみたいな。いやおれまとめらんねぇよ、怪獣ばっかりだぞ!って思って」

そんな中居の気持ちとは裏腹に、出演者たちからの評判はすこぶる高かった。

中居がしゃべったら、みんな話を聞くんですよ。やっぱりタモリさんの後ろで中居さんが進行してるのって、いちばん見やすいよね」(矢部浩之)

中居出てきてくれたから助かったよ!」(浜田雅功)

あれまとめられんの中居くんしかおらへん」(松本人志)

しかし、どうして芸人でもない中居が、こんな“カオス”な状況を仕切ることができたのだろうか。テレビ評論家・木村隆志さんがこう解説する。

「中居くんはそれぞれと共演が多いので、芸人さんもみんな絡みやすいんですよ。それに芸人たちが自我を貫くなか、中居くんだけは“タモリさんを送る”という気持ちが強いから、一歩引いたスタンスで進行ができたんです。まさにこれは、中居くんがタモリさんから20年間、学んできた力なんですよ。司会者として成長した姿を最後にタモリさんに証明したわけです」

中居は常々、司会を務めるうえで「好きな人もつくらない。好きな人ができると嫌いな人ができちゃうから。みんな同じ感情でやりたい」と公言している。

これは32年間、『テレフォンショッキング』で日替わりでやってくる老若男女問わないゲストと対峙してきたタモリに通ずる能力といえる。

また中居自身も「日本一の司会者といわれている人と、毎週生放送でお昼の時間に20年近くお仕事してるので…その人から根こそぎ盗みました」と、タモリを手本としたと語ったこともある。

[女性セブン]



確かにあのカオスな状況では、タモリさんの存在を忘れているような人たちばかりでしたが、中居さんだけがなんとか本来のストーリーに戻そうと努力してました。

後に松本人志さんは「久しぶりにワクワク、ドキドキしたし、“あぁテレビってこんなんやったなぁ”って思った」、石橋貴明さんは「こんなこと二度とないだろうし、すごい楽しかった」と語っていましたが、超大物芸人たちをこんな気持ちにさせた裏に中居さんの“仕切り能力”があったことは間違いないのでしょうね。

※「これは俺の番組だー」と叫んでました。

タモリ 芸能史上、永遠に謎の人物 総特集

タモリ 芸能史上、永遠に謎の人物 総特集


[関連商品]

さて、そんな「笑っていいとも!」の後継番組として大注目を浴びていた「バイキング」ですが、こちらはかなり酷い状況のようです。

2週目に入った7日以降の視聴率を見ると、7日(月)4.5%、8日4.4%、そしておぎやはぎが担当した9日はついに3.1%という最低記録を更新。

同時間帯の日本テレビ「ヒルナンデス!」は6.3%、TBS「ひるおび!」は6.8%、テレビ朝日「徹子の部屋」は4.1%でしたから、完全に一人負け状態になっています。

ネットでは早くも「打ち切り確実」と言われてしまっていますが、実はジャニーズとフジテレビの間には「中居正広の新番組」を開始するという密約がなされているんだとか。

[以下引用]

「先月31日に放送された『いいとも』の夜の特番で、中居正広が『おまえには感謝している』とタモリにハグされたエピソードを披露していました。あれは意味深。やはり中居はフジで昼の帯をやるのでしょう。大先輩のタモリにもお墨付きを頂いたというアピールに見えました。もっとも、すぐにバトンタッチでは生々しい。別番組を1年ぐらいやってから、というスケジュールではないか。それもバイキングの数字次第で、半年ぐらい前倒しになるかも知れません」(テレビ局関係者)

[日刊ゲンダイ]



なるほど、大御所も認める中居さんの仕切り能力にフジテレビが頼ろうとしているわけですか…

確かに、中居さんが“総合司会”のような立場になって、その下で芸人さん達が日替わりでMCを担当するというスタイルもありかもしれません。

中居さんは個人としてすでにたくさんの冠番組を抱えている上に、SMAPとしてのコンサート活動などもありますし、昼帯で毎日出演するのはムリでしょうから。

でも、ここまで落ちぶれてしまったフジテレビとタッグを組むリスクをジャニーズがどう考えるか…

もちろん、最近では「あさイチ」の井ノ原さんに加えて「いっぷく!」の国分さんも朝帯番組を担当していますが、こちらは同じジャニーズでも“ジュリー派閥”ですからね。

“飯島派閥”が危険を冒してまで売れっ子の中居さんを出してくるのかどうか、注目したいと思います。

※どうせならSMAP5人で日替わりなんてのはどうでしょう?

THE SMAP MAGAZINE (マガジンハウスムック) [ムック] / マガジンハウス (著); マガジンハウス (刊)
(受け取られた方が不快に思われるような、手垢で変色した本、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。カバー表面にかすかな摺れ、経年によるダメージがありますが、あとは目立つような傷・汚れもなく、よい状態です。気持ちよく鑑賞していただけるのではないかと思います。)

” />


THE SMAP MAGAZINE (マガジンハウスムック)

[関連商品]

※お笑い芸人さんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

※当記事は芸能スクープ、今旬ナビのものです。無断コピーは禁止します。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら