フジテレビ元アナウンサーの長谷川豊さんは、昨年6月に経費の不正使用でNY支店勤務から著作権契約部へ異動した後、今月1日付でフジテレビを退職しました。

その翌日からブログを立ち上げ、「僕に起きたことのすべて」としてNY滞在中の不正使用と疑われるに至った経緯を日々更新しています。

今週発売の女性自身には、その長谷川豊さんの行動に対するフジテレビ局員の反応と、長谷川さんの主張全貌が掲載されていました。

ranking

※自慢話ばかりというレビューあり

フジテレビアナウンサーになろう! [単行本(ソフトカバー)] / 扶桑社 (刊)

フジテレビアナウンサーになろう! [単行本(ソフトカバー)] / 扶桑社 (刊)

[関連商品]



<以下引用>

フジテレビ局員は言う。

「長谷川さんがフジを辞めるきっかけとなったのは’10年9月からニューヨーク支店勤務になったことからです。6週間で、妻子と引越しの準備をし、マンションを借りるため仮払いで保証金など200万円前後を使ったのがきっかけでした。

帰国時に精算する予定でしたが、人事担当者が代わると使途不明金として扱われ“滞在費の不正使用”と指摘されたと聞いています」

この局員によれば、すでに彼は全額返却しているという。

「長谷川さんは正義感が強く、“バカ”がつくくらい正直な男。任期半ばでの帰国には忸怩たる思いがあったようです。

彼の独自調査によると、今回の処分にはある局員の一方的な意向があり『ハメられた』と感じられたようです。弁護士にも相談したようですが、訴訟の相手が局員ではなく、育ててくれた局になってしまうことから断念したそうです」

<女性自身>



不当処分だというなら訴訟をすれば、と思っていましたが、原因が個人にあると突き止めていたならそれでは晴らされなかったんですね。

これだけだと長谷川さんのグレーな感じは拭えないので、長谷川さんが4月9日朝の時点でブログで明かしている内容の要点を抜粋します。

********

・’10年7月末、佐野瑞樹アナの後任として後輩アナの配属が内定していたが、その後輩の家庭の事情や今後のアナウンサーとしての成長を考えると気の毒な人事であったため、代わりに赴任することを申し出る。

・佐野アナは9月中旬での帰国が決定していたため、長谷川さんは家族5人プラス犬1匹の海外赴任準備を6週間でしなければならなかった。

・慌ただしく準備をし、長谷川さんは9月16日に渡米し2週間後の家族の渡米に向け仕事と並行し家探しをする。やっといい物件を見つけたところ、FCI(フジテレビのNY支局のような会社)のフジテレビ人事部W君が月500ドル(約5万円)もの値下げ交渉を要求、相手方は値下げはできないため頓挫しかける。

・家族の渡米まで後3日に迫っていたため、どうにか契約を成立させようと不動産屋と相談し、W君が要求する値下げ価格である月500ドルと家賃の差額を赴任期間である3年分(日本円にして約200万円)前払いし、表向きは値下げ後の家賃で借りているようにすることにした。

・その際、そのお金はフジテレビから渡されていた仮払金から支払った。領収証の名目に迷った挙句、元々ペット不可の物件をお願いしてペット可にしてもらっていたことから「ペット手数料」とした。

・フジテレビ本社の人事部からこの「ペット手数料」につき説明を求められた際、いろいろ事情があり支払ったお金だとし、相手も急な転勤という事情を理解してくれたため細かい説明はせず、「セキュリティーデボジット」という、敷金とは違う全額返金が約束されている預け金扱いにしてもらった。

********

というのが現在までの内容です。要点と言いつつ長いですね^^;

結局自腹で200万円払うなら最初から、と思わないでもないですが、急な転勤で日本の家も低価格で賃貸に出し、車も安く売却したということで、いろいろ厳しかったんでしょうね。

ブログで強調されていたのが、元アナウンサーだというW君の横暴さです。

非常に高圧的で、自身の結婚式の時に好意からVTRを作ってくれた同期のディレクターに対し暴言を吐き大ケンカになり、その後アナウンサーとしての仕事を干され、経営に回ることになりNYでMBA取得の勉強をしながら人事部の仕事をしているんだとか。

NYの日本人社会ではフジテレビの権力は絶対で、逆らうと生き残れないレベルだそうで、そんな中、高圧的に不動産屋にも値下げを迫ったそうです。

気になるW君は、元アナウンサーで人事部に異動、NY勤務とかなりヒントが多く、長谷川さんも隠す気がないんじゃないかと思うのですが、渡邊卓哉さんです。これまでの文脈だと、女性自身にある長谷川さんをハメたある局員はW君っでしょうか。ほかに何人も悪役が登場するなら、フジテレビ、怖すぎです。

長谷川さんはブログで自分の言葉を話せるブログという媒体を喜び、<<僕は「伝える」ためにフジテレビを辞めたのです。皆さんに、僕を信じてくれたすべての人に、「やってないこと」を「やってない」と、ただ言うためだけに>>と記しています。

確かにフジテレビ内で事情をわかってくれる人がいたとしても、社員のままでは世間への釈明の機会はありません。

今後は退職金を元に起業するとのこと。

そのためにも、言いたいことはスッキリ暴露してほしいですね。

ひらめき不祥事を起こしたアナウンサーたち

ranking reading reading ranking

※検索エンジンでは見つけにくい長谷川豊さんのブログはこちらから

【関連情報】

長谷川豊アナウンサーの失言がひどすぎる!

長谷川豊の使い込みの実態!アナウンサーをクビの処分に女性スタッフは「ざまあみろ」

報道はウソ!フジテレビが嫌がらせしてきたら公表する!元アナウンサー・長谷川豊の戦いに期待

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

櫻井翔にライバル出現!松田翔太主演「潜入探偵トカゲ」の前評判の良さに現場はピリピリムード

京都駅のマックすげぇwwwwww

前はこんなんじゃなかったような。

米倉涼子が50万円分の弁当を差し入れ!ドラマ『35歳の高校生』にプライドをかける!