低視聴率が定番になってしまい、もはやあまり話題にものぼらなくなりつつあるNHKの大河ドラマ『平清盛』。

主演の松山ケンイチさんはなんとか現場を盛り上げようと花見を計画するも、共演者で出席したのは玉木宏さんだけだったとか。

さらに、就職活動中の学生に「頑張って!」と声をかけたら、逆に「マツケンさんにも頑張ってほしいです」と言われたり。

なんとも低調な松山ケンイチさんの最近とは…

ranking

※創価学会の問題点を指摘する入門書です[関連商品]

お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ? (知恵の森文庫) [文庫] / 佐高 信, テリー伊藤 (著); 光文社 (刊)
(北朝鮮、大蔵官僚、外務省などおよそ「お笑い」と相容れない領域にあえてお笑いで切り込んだテリー伊藤のシリーズも、ついに創価学会を俎上に載せた。辛口の論客佐高信を相方に迎え、満を持しての1冊である。案の定、毒舌でならした2人のこと、宗教恋愛論、宗教護送船団、池田大作ホスト説、創価学会バイアグラ説など、言いたい放題だ。とはいえ創価学会という存在は漫談では語り尽くせないほど巨大で重い。その部分はジャーナリストによるルポや元信者の証言など数本のレポートで補い、問題の全体像を提示しようとする。とくに井田真紀子「池田大作 欲望と被虐の中で」、小田実「絶対帰依の美しさのなかで」は、説得力のある創価学会批判であり、読み応えがある。 <br>しかし、この本のめざすところは、社会的な告発でも、宗教批判でもなく、ましてや学会員の目を覚まさせようというわけでもない。信心は恋愛と同じ、と論じるからには、本を読んだぐらいで恋がさめるわけがないことは承知の上だ。 また、これまでの学会批判は、さしたる効果も上げられなかったという現実もふまえている。 <br>そこで本書は、きわめて現実的な部分、創価学会の政治基盤を標的にするのである。公明党の連立与党入りに危機感を抱く佐高は、「F票」を阻止すべきだと言う。F票とは学会用語でフレンド票、学会員に頼まれて公明党に投票する人々の票のことである。そうした浮動層に「創価学会はとんでもないとこだ」ということをわかってもらいたい、というわけだ。これまでの批判書が成し得なかったことを、「お笑い」で成し得るか。(栗原紀子))

” />


お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ? (知恵の森文庫) [文庫…



<以下引用>

4月13日、東京・代々木公園のはずれで、“花見の宴”が行われていた。桜も満開を過ぎ、他の花見客はほとんどいない。開宴時間の午後4時過ぎ、ママチャリに乗って現れたのは、NHK大河ドラマ『平清盛』の主役を演じている松山ケンイチ(27)だ。

「本当に突然の提案でした。松山さんが『まだ花見してない人いるでしょ?明日は花見をしましょう!』と言って急きょ決定したんです。決めたのが前日の夜で、そこから共演者、スタッフに連絡しましたが、突然のことなのでバタバタでしたね」(ドラマ関係者)

開始以来ワーストの11%台にまで落ち込んだ視聴率。しかし花見直前の4月8日放送回は13.7%へとやや上昇。

「すっと落ち込んでいた松山さんも、やっと明るい兆しが見えたことで、さらに士気を高めるべく“決起集会”を兼ねた花見を提案したんです」(前出・ドラマ関係者)

だがこの日、松ケンの呼びかけに応えて花見に駆けつけた共演者は、源義朝役の玉木宏(32)だけ……。それでも松ケンは精力的にみんなに挨拶して回りを笑顔で盛り上げている。予定では8時までなのに、6時過ぎには「寒いんで帰ります」と玉木が去っていく。残ったメンバーも、雨の降り出した7時前に切り上げ、解散することに。

「現場の雰囲気を少しでもよくしたいと、“遅れてもいいんで、なるべく来て下さい”と松山さん自ら呼びかけていました。結果は、急だったせいで人数は思ったほど集まらず、しかも花は盛りを過ぎていて、雨も降ってきてしまった。松山さんは少し残念そうで、帰途につく後ろ姿は寂しげでしたね……」(参加者)

<女性自身>



「寒いんで帰ります」と言って帰った玉木さん、なんと半袖着用だったんです。そりゃ寒いですよね。

ひらめきオーラがなかった?女性自身は気づかなかったけれど…

実はもう一人参加した俳優がいた!→ ranking

実はもう一人参加した俳優がいた!→ reading

実はもう一人参加した俳優がいた!→ ranking

実はもう一人参加した俳優がいた!→ reading

松山さんも、せっかくだったらもう少し早く声をかけていたら良かったのに。視聴率が下降線のままでは確かに花見とか誘いづらいですが^^;

というか、そもそも低い視聴率の中、松山さんは相当暗くなっていたようですから、なかなかそんな気分になれなかったかもしれませんね。

 NHK大河『平清盛』で松山ケンイチと小雪が共演!?視聴率テコ入れに最後の手段!

が、参加した人には実のあるものだったようですし、それはそれでプラス材料になるのかも?

さて、松山さんにはもうひとつバツの悪い記事が週刊ポストに掲載されていました。

<以下引用>

就職活動まっただ中の学生には思わぬプレゼントになったようだ。現場は東京・渋谷のNHK局内-。

就活生の一人が興奮した口ぶりで話す。

「面接の順番待ちをする控え室にいた時です。ガチガチに緊張して呼ばれるのを待っていたんですが、突然入り口からボサボサの髪の男がひょこっと顔を出した。それが、なんとマツケンだったんです!控え室前の廊下には衣装の着物姿の人がいましたが、マツケンは私服。気づいた子が『あっ』と声を上げた瞬間に、『頑張ってください!』と言って一瞬でいなくなりました」

このサプライズ応援で、緊張した面持ちだった学生たちの頬は緩み、リラックスした様子になったという。

マツケンの応援に大喜びの学生が多かったようだが、一方で「マツケンさんにも頑張ってほしいです」という学生も。

<週刊ポスト>



実は松山さん、就活生に声をかけたのはこれが初めてではないそうです。松山さんは就活生の緊張をほぐすとともに、低視聴率で暗くなりそうなところに、学生のフレッシュなパワーをもらいにいっているのでは、とNHK関係者がコメントしていました。

花見から2日後の4月15日に放送された『平清盛』の視聴率は、12.7%とまた少し下がってしまっています。もはや一喜一憂しても仕方ない感じです。

お花見と就活生からのフレッシュなパワーを得たことで再度上昇するといいですね。

ひらめきマツケンのファッションが…

ダサすぎる理由!→ ranking

ダサすぎる理由!→ reading

ダサすぎる理由!→ ranking

ダサすぎる理由!→ reading

【関連情報】

平清盛に批判殺到!王家呼称と小汚さが原因か。初回視聴率が歴代ワースト3 「惨敗」は昨夏から決まっていた!

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

【マラソン】猫ひろしの五輪出場に為末大がコメント!陸上界では国籍売買が当たり前!?