先日「世界一コメント件数の多い個人ブログ」としてギネス認定され話題になった上地雄輔さんですが、この度はドジで話題になっています。

きっかけは藤原紀香さんの舞台『キャバレー』を観に、名古屋まで一人旅をしたことのようですが…

ranking

※幼少時代から今を綴ったエッセイと写真集です[関連商品]

上地雄輔物語

上地雄輔物語




<以下引用>

俳優の上地雄輔(32)が、藤原紀香が出演しているミュージカル『キャバレー』を観に行ったエピソードをブログで報告している。

 上地が観劇したのは4月9日の千秋楽で、場所は愛知県名古屋市の中日劇場。藤原紀香やその友人から『見に来い来いメール』が沢山きたとのことで、「ギリギリ昨日の千秋楽だけスケジュールが合い『な、名古屋(笑)!?』と思いましたが、慌てて新幹線に乗りました」という。

 今回は、マネージャーやスタッフを連れていかず、初めて1人で新幹線に乗ったという上地。それが災いしたのか、こともあろうに寝過ごしてしまい、名古屋駅で降りられなかったという。

 そんな上地だったが、「そこから1人、この何も知らない&できない田舎坊主の大冒険」「まず『のぞみ号』とか『こだま号』とか名前を聞いても覚えきれない。『メチャメチャ早いです号』とか『ゆっくり行きますよ号』とか分かりやすい名前付けてくれよぉ~」とボヤくほどに新幹線に不慣れだったようで、結局開演には間に合わず、冒頭部分を見逃してしまった。終演後、素直に寝過ごしたことを紀香に告げ、謝罪。

 ちなみに、紀香は寝過ごした上地を責めることもなく、「本当に来てくれたんや!!」とハイテンションで大歓迎。その時は、なぜか「『サンフラワーハズカーム!!』て、ワケの分からん事を両手を広げて連呼してました(笑)」とのことだった。

<アメーバニュース>



上地雄輔さんのブログによれば、失敗はその後も続き、ホテルに戻れば鍵を忘れて外に出てしまう「インロック」、帰りの新幹線ではチケットをなくして再発行、さあ帰ろうとホームに向かえばこだまのホームだったと、まあよくここまで続くなあと感心します^^;

上地さん、高校生までは野球をしていて高校卒業後はすぐスカウトで芸能界に入っているんですね。もちろん新幹線に乗らずに大人になることはあり得ると思いますが、仕事で何度も乗っていれば、自然と覚えるものかと思っていました。

ちなみに、帰りにこだまのホームに向かおうとしたときには、偶然知人にあって「そっちじゃない」と教えれ、無事帰京できたとのこと。

名古屋東京間はのぞみで1時間40分ほど、こだまでは約3時間で、この差は大きいです。

上地さん、きっとギリギリのところで助かる運命なんでしょうね。

ひらめきネットで熱愛を告白!

 彼女は本当の彼女?それとも…→ geinou reading geinou ranking

 彼女は本当の彼女?それとも…→ geinou ranking geinou ranking

こんなドジを告白しても愛あるコメントが溢れてる上地雄輔さんのブログはこちらから

※4月に発売されました[関連商品]

遊助/「あの・・涙があるから愛があるんですケド。」(初回生産限定盤)(DVD付)

遊助/「あの・・涙があるから愛があるんですケド。」(初回生産限定盤)(DVD付)


【関連情報】

日傘禁止、水を300円で販売?上地雄輔の熱中症イベント詳細が明らかに。

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

小林幸子、事務所社長解雇騒動で紅白出場に赤信号!「彼女を呼ぶ理由はない」

やっぱり

子供が一重まぶただった・・・ 夫に整形を告白しました(´;ω;`)

よかったらシェアしてください!