ダルビッシュ選手と離婚協議中の紗栄子さんに、このところ注目が集まっています。

本を出しては叩かれ、手料理をブログで披露すれば叩かれ…と、基本的には叩かれているのですが、その理由は羨望と嫉妬だとか。

ranking

※紗栄子さんのスタイルブック、評価は様々[関連商品]

【送料無料選択可】Saeko One and only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方/紗栄子/〔著〕(単行本・ムック)

【送料無料選択可】Saeko One and only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方/紗栄子/〔著〕(単行本・ムック)




<以下引用>

 いまだ日本ハムのダルビッシュ有と離婚調停中のタレント・紗栄子。今年1月に週刊誌で養育費をめぐるいざこざが報じられたが、依然として決着には至っていない。当時の報道によれば、ダルビッシュ側は慰謝料1億円と、2人の子どもが成人するまでの養育費、月100万円を提示した。しかし紗栄子側は慰謝料なしで、養育費を月1,000万円にしてほしい、と主張。両者の主張は平行線であることを知人が暴露していた。

 この報道により、紗栄子に対してはすっかり”銭ゲバ”というイメージが定着している感があるようだ。

公式ブログ『Saeko Official blog』12月11日付けの『今日の。』というエントリーでは「手抜き朝ごはん(^^)。」としてこの日の朝ご飯の写真がアップされた。内容は、トーストにヨーグルト、そして乳酸菌飲料。写真の下には「食パンにバターをぬって、グラニュー糖をかけて、チンしたトーストが小さい頃から大好き♪今からヨガをします(^^)♪」と記載されていたが、これについてネット上で批判を浴びているようだ。

※朝は忙しくてバランスどころでなかったりもしますが…[関連商品]

朝ごはんの献立 12のシーンとおいしいごはん

朝ごはんの献立 12のシーンとおいしいごはん


 「この朝食で1000万か!」「こいつが何十億もゲットできるんだよな」「これで養育費を月一千万円要求してんのか とんでもないデビル嫁だな」など、その内容はやはり先の”養育費1,000万円要求”についての揶揄と取れるものが多い。

<メンズサイゾー>



ひらめき話題の朝ごはんを始め、つっこみどころ満載の食事画像など

 紗栄子が非難される原因まとめ→ geinou reading geinou ranking

 紗栄子が非難される原因まとめ→ geinou ranking geinou ranking

紗栄子さんってあまり細かいことを気にしない性格なのかもしれません。

自分の作った食事をブログに掲載するならふつう気合が入りそうですが、配膳がおかしかったり栄養バランスがいまいちだったり。

最初にダルビッシュ選手との離婚報道が出た頃、「あまり料理が得意ではない」という話が出ていましたが、それも納得です。

ただ小さい子供がいることを考えれば立派だと思いますが。

そんな紗栄子さん、最近では出版した本も相当叩かれていました。

紗栄子の本の感想がヒドイ!Amazonのレビューが炎上中!!

表に出なくても常にバッシングの対象となっている紗栄子さんなのですが、引用記事ではその理由は「羨望と嫉妬」だとしています。

<以下引用>

「彼女は当時、タレントとしてさほど有名でもなく実力もそれほどでもなかったのですが、将来有望なスポーツ選手の子どもを身ごもり、結婚へ至りました。その時点でも既に十分、一般社会では羨望と嫉妬にさらされます。その上、離婚調停では一般人とかけ離れた、いってみれば常識はずれの額を要求して、金銭感覚のなさを露呈している。紗栄子がここまで嫌われる理由はこれに尽きるんじゃないでしょうか」(芸能ライター)

 紗栄子には実業家としての側面もあるが、その実力にも疑問符がつく。2009年にはファッションブランド『Pepii.Kitty』のディレクターに就任したが、翌2010年11月には閉店となった。引き続き『miraville』という新ブランドをスタートさせたものの、これについても一部報道によれば、プロデューサーとしての契約は今年11月に終了したという。

※うのさん曰く、「プライドを持ってまっすぐ生きていれば幸せは向こうからやってくる」

[関連商品]

うのはUNO

うのはUNO


「同じタレント実業家でいえば、神田うのも一部では嫌われていますが、実業家としての手腕には定評があります。ストッキングもモノが良いから売れ続けているのでしょう。タレント自身が同性からの支持を得られなくても、いいものを作って評価が得られることもある、いい例だと思うのですが、紗栄子はそうはいかなかったのですね……」(同)

<メンズサイゾー>



ネットで時々見かけるのが、「自分がもしも紗栄子の立場なら、ものすごく頑張っていい妻、いい母になっていた」というようなコメントです。

こういったコメントに羨望や嫉妬がまったくないとは言いませんが、それよりは怒りや呆れを感じます。

それはやっぱり食事風景だったり、相場とかけ離れた養育費だったり、週刊誌に自分に有利な情報を流していると噂されるしたたかさだったり。

記事にもあるように、紗栄子さんには神田うのさんにはある「認めざるえないもの」がないのかもしれません。

正直、ここまで嫌われてしまうと、離婚成立後、芸能界の仕事をしたとして、どの層に支持されるのか…

ひと月1000万円、合計24億円の養育費を求めているというのはあくまで週刊誌情報であり、真実かはわかりません。

ただ、今紗栄子さんが住んでいるという六本木ヒルズに離婚後も住み続けたいならば、ダルビッシュ選手の言うひと月100万では足りないでしょうね。

もし紗栄子さんに起死回生があるなら、このお金関係も含めて潔い離婚でしょうか。

一発逆転の復縁も、一応タレント生命は繋がるかも?

とにかくふたりのお子さんのことを考え、恥ずかしくない姿を見せてあげてほしいです。

<1月に離婚成立との報道 12/28>

離婚成立のダルビッシュが田中将大へ忠告!結婚狙いの里田まいの立場危うし

紗栄子さんの詳細もあり

紗栄子さんのブログはこちらから

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

美しすぎる男の娘写真集が凄い!

最後まで見ると、ほんとに美しい

スザンヌと結婚した斉藤和巳の元妻が悲惨

幸せになれるのでしょうか