香川照之さんが会見を開き、長男の政明くん共々、歌舞伎界へ参入すること、父親である市川猿之助さんと同居していることを発表し、世間を驚かせたのが2011年の9月。

市川猿之助さんと母・浜木綿子さんの確執もすべて水に流し、後は来年6月の“市川中車”としての晴れ舞台に向け突き進むのかと思いきや、なんと、市川猿之助さんとの同居はすでに解消、歌舞伎の練習もしておらず、歌舞伎界の面々からも白い目で見られていると、週刊女性が報じています。

ranking

※かなり役になり切る役者さんです[関連商品]

【送料無料選択可】慢性拳闘症/香川照之(単行本・ムック)

【送料無料選択可】慢性拳闘症/香川照之(単行本・ムック)




市川猿之助さんは、1965年に元宝塚女優の浜木綿子さんと結婚し、長男の香川さんが生まれましたが、猿之助さんが初恋の人である”日本舞踊藤間流”の藤間紫(2009年没)さんのことが忘られず、不倫。妻子を捨てたというのはあまりに有名です。

猿之助さんと藤間紫さんは2000年に結婚したものの、03年に猿之助さんが脳梗塞で倒れ舞台に立てなくなり、09年に紫さんが亡くなりました。

実は紫さんが存命中から、当時博多座のスタッフだった40代女性のA子さんが二人の間に登場したと言われています。

紫さんの死去で弱気になった猿之助さんはA子さんに頼り切り、ついには同棲生活をスタートし、みるみるうちにA子さんは一門の中で発言力を増し、猿之助さんもA子さんの言うことにしか耳を貸さないようになっていたと言います。

<以下引用>

「紫さんは生前、A子様を警戒して猿之助さんに気をつけるよう諭していました。取り入って権力を握ろうとしていることを見透かしていたんでしょうね。

なので、一番弟子である市川右近さんをはじめ一門みなさんは水面下でA子さんとの交際を反対しました。それをA子さんはずっと恨んでいると聞きます。だれもが右近さんが“猿之助”を継ぐと思っていましたし、そうなれば、A子さんは一門で構成する澤瀉屋から追い出されるのは時間の問題でした」(澤瀉屋後援会関係者)

一方の香川は息子の政明くんを何としても歌舞伎界入りさせたい。だが、すでに息子がいる右近が“猿之助”を継いでしまったら、政明くんの猿之助襲名は限りなく遠のいてしまう。

「そんな状況はなんとしても避けたい香川さんとA子さんが手を組んだのは、自然の成り行きでしょう。独身の市川亀治郎さんに、いったん“猿之助”を継がせ、その後に政明くんを据えるというシナリオは、双方にとって満足の行くものだったのです」(前出・澤瀉屋後援会関係者)

<週刊女性>



こういった背景で、香川さんと猿之助さん、A子さんが同居することになったとか。

ちなみに、今は独身の亀治郎さんが今後結婚して子供ができたら?という心配もあってしかるべきなのですが、実はその心配はない、というのが風のうわさです。

ひらめき芸能界はゲイ能人がいっぱい!

 2丁目で目撃!ゲイ能人→ geinou reading geinou ranking

 2丁目で目撃!ゲイ能人→ geinou ranking geinou ranking

そんないろんな計算で始まった同居も、実はすでに破綻してしまったというから驚きです。

<以下引用>

もう、猿之助さんは香川くんと同居していないんですよ。なんでも、猿之助さんはすでに都内のホテルで生活していて、恋人のA子さんと一緒に暮らしているようです。そこは昔、紫さんとも暮らしたことのあるホテルで、今回もそのときと同じ部屋だと聞いていますよ」(芸能プロ関係者)

<週刊女性>



12歳の時に初恋した紫さんと、いろんな経緯を乗り越え一緒に暮らした部屋に別の女性と住む…なんとも複雑ですが。

※在りし日の藤間紫さん。きれいです[関連商品]

紫 藤間紫写真集

紫 藤間紫写真集


香川さんの自宅マンションは、都内でも超一等地にあり、部屋は4SLDKで広さは200㎡超、家賃は100万以上だといいますが、それだけ広くとも、3世代の同居は難しかったようです。

その理由は嫁・舅の関係以上に、A子さんの存在があったのでは、と週刊女性は報じています。

<以下引用>

猿之助さんと香川さんが一緒に暮らしたのは震災後の春頃から、ひと月程度ではなかったでしょうか。9月の会見の時でさえ、猿之助さんは入院先の病院から会見場に来たんですから。ただ、猿之助さんが入院し、さすがにA子さんだけが香川さんの家に住むのは居心地が悪い。それで、A子さんは九州の実家へ帰っていたことがあったそうです。猿之助さんは焦って、退院後は香川さんの家に戻らずホテルで暮らすことを決めたそうですよ」(松竹関係者)

また、こんな見方も―

「猿之助さんが、香川さんからの“激しすぎる愛情”に戸惑っているそうなんです。病気で弱々しくなっている父を間近に見て、本当に全力で向き合ったようです。やはり、香川さんにとっては、“猿之助”という歌舞伎役者ではなく、ひとりの“父”を求めているんだと思います。ですが、皮肉にもそれが猿之助さんには逆効果だったようで、“愛されすぎて怖い”と家を出てしまったそうです」(制作会社関係者)

<週刊女性>



拒否されても追い求めた父親がやっと側に来て、精一杯の愛情を注いだら“怖い”と逃げられる…なんとも切ないですね。

そういう親子の愛情とは縁のなかった猿之助さんにとっては、ちょっと対応が難しかったのでしょうか。

別居について香川さんに週刊女性が直撃したところ、喧嘩別れは否定し、「また一緒に住みます。そういうことを繰り返しながら、やっていくつもりです。何といっても、僕は父とは40年以上も一緒に暮らしていないワケですから」と答えています。

そんな香川さん、来年6月には息子さんと共に歌舞伎の初舞台を踏むことになっています。にも関わらず、香川さんが稽古を進めている様子はまったくないんだとか。

<以下引用>

「会見で“歌舞伎役者のみなさん助けてください”なんて言ってましたけど、香川さんはまったく稽古をしてない。尾上菊五郎さんをはじめ、役者仲間や松竹関係者の中では、彼の歌舞伎入りを快くおもっていない人は多い。関係者はもちろん、ファンを納得させるにはそれだけの“芸”を見せなくてはならないんです。それなのに、仕事が忙しいからっって、会見から2ヶ月以上たった今も稽古をしないなんて、歌舞伎をバカにしているんじゃないですか」(梨園関係者)

<週刊女性>



この点は香川さんもかなり苦しく思っているようで、週刊女性の直撃取材にこう答えています。

<以下引用>

「(稽古が)できる状態じゃないです。忙しいんで。やらなきゃいけないんですけど…。本当に苦しいです。苦しんでいるんです。苦しんでいるんです。もう、頑張るしかないんです。本当にすみません」

<週刊女性>



確かに香川さん、多忙です。

来年はすでに2本の映画に出演することが決まっていますし、決して怠けているわけではないのでしょうが…。

右近さんを始めとする猿之助一門については、食事会を開きわだかまりが消えた、とも報じられていましたが、実際には主催者とされた猿之助さんは出席せず、香川さんの独演会状態で、「騙された」と怒っていた人もいたとか。

<以下引用>

「今は来年6月の舞台に向けて一門が結束しなければならないのに、バラバラ状態。猿之助さんはA子さんに夢中で、香川さんは稽古をしていない。そんな人を澤瀉屋の役者が命をかけて支えようなんて、思えないでしょう。しかも、猿之助さんはA子さんとふたりで住むマンションを探し始めているとか。このまま関係が深まり入籍なんてことになったら、余計にややこしくなる。紫さんの遺産などを含め、猿之助さんには10億円近い財産があるといいますが、今後は、それも火種になりかねませんよ」(別の松竹関係者)

<週刊女性>



幼い頃から稽古を重ね、舞台経験を積み、一人前となっていく歌舞伎の世界に45歳で飛び込んだ香川さん。

「やっぱりできないからやめた」とは、周りも許さないでしょうし香川さんもしたくないでしょう。

来年6月の舞台がどういったものになるのか気になると同時に、香川さんが精神的に追い詰められてしまわないか、心配です。

ひらめき名脇役ベスト10!

 1位はもちろん…では2位は?→ geinou reading geinou ranking

 1位はもちろん…では2位は?→ geinou ranking geinou ranking

【関連情報】

香川照之の歌舞伎界進出の陰で泣く市川右近。四代目猿之助を巡る策略とは

香川照之に激怒の声!市川海老蔵をも窮地に追い込み、歌舞伎界の勢力図も激変!

佐藤健のるろうに剣心ワロタw熱愛彼女情報と三浦春馬との2ショット

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

新山千春のセーラー服姿に厳しい声!「キツイ」

新山千春、30歳!

なんとなくセピア感のある曲を挙げるスレ

ちょっとしっとり?