フジテレビがまたも、ドラマに日本を侮辱するような表現を盛り込んだと話題になっています。

今回は瑛太さんと満島ひかりさんが出演する『それでも 生きていく』の中の1シーンで、ゴミ箱に捨てられた雑誌の表紙に「JAP18」と書かれていたといいます。果たしてその意味とは…?

ranking

※主演の瑛太さん。なんだか貫禄がつきました[関連商品]

Hanako FOR MEN Vol.6 (2012Spring/Summer) (マガジンハウスムック)/マガジンハウス(単行本・ムック)

Hanako FOR MEN Vol.6 (2012Spring/Summer) (マガジンハウスムック)/マガジンハウス(単行本・ムック)




<以下引用>

JAP(ジャップ)とはもちろん日本の事なのだが、今は日本のことをジャップと呼ぶのは蔑称扱いとなっている。それだけならいいのだが、そのあとに書かれている「18」が大問題だ。この「18」は韓国では「シッパル」と発音し、これに似ている発音の「シッバル」というものがある。この「シッバル」は「この野郎」や「FUCK YOU」という意味を持っているもので、韓国では「18」そのものをスラングとして使うこともある。

つまり「JAP18」を意訳すると「日本 ファック!」ということになる。こんなメッセージをこっそり残したフジテレビは何の意図があるのだろうか。デモに対する報復なのだろうか、それとももっとデモして欲しいという煽りなのだろうか。

ちなみに「シッパル・ニョン」で「糞女」という意味になり、ほかにも罵倒する言葉は「イセッキ(=この野郎)」というものがある。

フジテレビはドラマ『イケメンパラダイス』にて「Little Boy」と書かれたシャツを着て問題視された。もうここまで連続すると意図的としか思えないくらい反日的な感情が見えてくるフジテレビの体制。

今のネット社会でコッソリ仕込めばバレることくらい容易にわかるだろうに……。それとも「JAP18」にほかの意味があったのだろうか。

<ガジェット通信>

これ、もはや日本人ではなく、完全にフジテレビ内の◯鮮人スタッフの嫌がらせだと思うのですが、どうでしょうか?日本人で18を差別的に使うなんて、あり得ないですし。

単なる偶然だとしても、「JAP」はちょっと配慮が足りないですね。

問題の画像はこちら

 フジテレビのドラマで日本を罵倒するスラングが映される 意訳「日本 ファック!(by フジ)」

よーく見ると、この「JAP18」が書かれている雑誌の発売日が8月21日なのですが、この点も、フジの挑発ではないかと言われています。

というのも、8月21日日曜日は、フジの韓流ゴリ押しへの抗議デモが行われた日なんです。

その他にもこの雑誌の表紙から読み取れることは多いようです。

 フジテレビがドラマで「JAP18(日本ファック)」という文字を放送

さて、フジテレビはどのように弁解するのか、或いはしないのか、それとも逆切れするのか、注目です。

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 

【関連情報】

【テレビ】フジテレビドラマ「イケパラ」で前田敦子が広島原爆の日の翌日にLITTLE BOYと書かれたTシャツを着用

アジア某国では、本当に広告出稿とセットで「金を貰って韓国系コンテンツを放送する



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

小林幸子の略奪結婚に激怒する前妻!PART2

よかったらシェアしてください!