パンくずリスト
  • ホーム
  • 吉本興業
タグ:吉本興業

 

1990年代からバラエティ界の中心に君臨してきたダウンタウンの松本人志さんが、実質的に芸能界引退に追い込まれたことによって、テレビ業界はてんやわんや。

 

 

松本さんがメインで出演していた番組は、総集編や緊急生放送で乗り切るなど必死に繋いでいますが、この状態をいつまでも続けるわけにはいきません。

 

 

そこで業界では、「ポスト松本の穴を早く埋めろ!」とばかりに次世代のお笑いキングの座を巡る動きが活発になっているといいます。

 

 

◆ハラミはタレが決め手です。

 

[以下引用]

「松本はバラエティ番組だけではなく、多くのCMにも出演していました。その穴を埋めるべく、“ポスト松本人志”を早く探す必要があります。そこで、『松本人志の穴埋めをするタレントは誰か』と、NHK及び民放各局のプロデューサー130人に聞き取りました。テレビマンは『ポスト松本』というと『浜田の“新相棒”』というとらえ方をするようです。浜田との相性を軸にタレントを選ぶコメントが、多数寄せられました。驚くべきは、名前の挙がったタレントの半数以上が、吉本以外の事務所だったということです」(広告代理店関係者)

 

本誌は、その「ポスト松本アンケート」の結果を独自入手。そこからは、テレビ業界で急加速する“脱・吉本”の動きが浮き彫りになった――。

 

1位に選ばれたのは、マセキ芸能社所属・バカリズムだ。3日に放送された『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)では、松本の代わりに「チェアマン代理」を務めた。「今起用するなら、いかにも松本にかわいがられていた芸人より、『ダウンタウンと適度な距離を保ったタレント』のほうがいい」「ほかの芸人からリスペクトされるセンスの持ち主です。先輩芸人でもイジれるので、番組を問わず使いやすい」(テレビ局プロデューサー・以下同)。

 

2位の劇団ひとりも、太田プロ所属で“脱・吉本”組だ。「個性派だが、かといって“尖りすぎていない”ので、番組のイメージを崩さずに引き継いでくれそう」「基本的にイジられキャラなので、強烈なツッコミが持ち味の浜田との相性はよさそう。ダウンタウンがコンビで司会をしていた番組で使ってみたい」。

 

3位で、やっと吉本芸人の今田耕司がランクインした。ダウンタウンとは40年近くのつき合いだ。「浜田と幾度となく共演しており、安定している」「ピンでも司会ができるという意味で、重宝されそう」。

 

4位はサバンナの高橋茂雄。「今の芸能界で『太鼓持ち』をやらせたら一番だと思う」「相手を立てるだけでなくうまく話を引き出すし、番組を成立させる力量がある」。

 

5位は“ソニー芸人”からバイきんぐの小峠英二。テレビマンからは、「中堅芸人にしてはギャラが安い」「浜田にツッコまれて右往左往する様子が目に浮かぶ」というコメントが寄せられた。前出・三杉氏も、「ダウンタウンとの共演も多数あり、浜田との相性はいいと思います。ツッコミの能力が高いので、場を回すのもうまい」と太鼓判を押す。

 

「バカリズムや劇団ひとりという関東芸人がワンツーフィニッシュしているのは、“松本色”を中和させたいというテレビ業界の動きの表われでしょう。ダウンタウンに影響を受けているテレビマンは多いが、裁判の行方を注視して、やがては影響を薄めていく番組作りに移行すると思います。島田紳助のときもそうでしたから。テレビ業界全体が、松本や吉本に頼り過ぎていたということは反省すべき点です。今この構造を変えなければ、業界自体が終わってしまうという、強い焦りを感じています」(アンケートに協力してくれたテレビ局プロデューサー)

 

 

ということですが、トップ10まではこちら。

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

これはあくまでも「浜田雅功の相方として番組を回せる芸人」という観点が強いようなので、個人的には妥当かな・・とも思います。

 

ただ、3位の今田耕司さんだけはNGでしょう。

 

やっぱり、叩けば色々と誇りが出てきそうでアブナイですから・・

 

それ以外の方々は、そんなにメチャクチャな遊びはしていないように感じます。

 

 

今トップレベルでヤバい芸人・今田耕司。過去発言の掘り起こしで大ピンチ

 

また、1位のバカリズムさんは脚本家や監督など裏方志向が強いので、”ポスト松本人志”として求められても、あまり乗ってこないような気がします。

 

 

どちらかというと、”ポスト鈴木おさむ”という感じでは?

 

 

◆アマプラでどうぞ。

バカリズムライブ番外編「バカリズム案2」

バカリズムライブ番外編「バカリズム案2」

[Amazon]

 

ちょっと驚いたのが皆さんのギャラの安さ。

 

 

これはGP帯番組の”時給”だといいますが、最も芸歴の長い今田さんですら3桁に届かず、アラフィフの実力派芸人さんたちも50万円前後ですからね。

 

 

島田紳助さんやダウンタウン、とんねるずが全盛だった時代は軽く3桁超えは当たり前。

 

 

200万円以上の時給も珍しくなかったことを考えると、テレビ業界もかなり苦しいんだろうなと感じます。

 

 

いずれにせよ、松本さんの失脚がそのまま”脱ヨシモト”に繋がっているという点では、テレビ局だけではなく吉本興業も”松本色”に染まりすぎていたという証。

 

 

松本さんの突然の休業宣言の巻き添えをくらい、大慌てで改編作業に当たらないといけなくなった制作陣の間では損害賠償を請求したいという声も上がっているといい、吉本に吹く風は厳しくなっています。

 

 

ヨシモトが第二のジャニーズ化しているというのは、どんどん真実味を帯びてきているように思います。

 

 

第二のジャニーズが現実化。迷走続く吉本興業がテレビ業界から着実に干されつつある現状

 

ということで、非ヨシモト系芸人の皆さん!

 

 

今が大チャンスですし、遠慮してないでしっかりアピールしてみて下さいな。。

 

 

◆先に落ちたJはもう浮上の兆し?

ピンチをチャンスに!→ geinou ranking geinou reading

ピンチをチャンスに!→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆美味しいですよ〜

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※非ヨシモト系芸人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

テレビ業界を牛耳る吉本興業に、異変が起き始めているといいます。

 

 

きっかけはもちろん、松本人志さんの女性スキャンダル。

 

 

この騒動が勃発して以降、吉本興業は「鎖国」とも取れる方針を採用するなど迷走中で、業界では「危なくて使えない」との声が多数上がり始めているといいます。

 

◆ミナミマグロ中トロでこの価格はあり得ない!

 

 

[以下引用]

「吉本興業の直営劇場において開催するお笑いイベントに、他事務所の芸人やタレントを出演させない方針になったと吉本芸人がSNSで明かした。『吉本鎖国』がXのトレンドにも出るほど注目され、中川家も自身のラジオで事態を説明。吉本はこの騒動に沈黙を貫いていますが、お笑いファンはSNSで反感の声を多数上げ、大炎上しています」(民放関係者)

 

何かと問題が続出している印象の吉本興業。テレビ各局では、吉本の動きを注視しつつ、松本の代役探しに奔走しているという。

 

「松本の代役は、吉本から人気芸人を格安のギャラで派遣するという話が出ている。とはいえ、ここ最近の吉本の迷走ぶりを見て、なるべく他事務所の芸人を起用したほうがいいというプロデューサーも出ている。徐々にではありますが、現場では吉本離れが起き始めている」(前同)

 

そんな中で注目を集めている芸人が、サンドウィッチマンと有吉弘行だ。

 

「昨年は旧ジャニーズ、今年は松本と立て続けにテレビ業界では大波乱が起きている。民放テレビ局の幹部は、とにかく安牌な人選で番組を作れと号令を出している。そうなると、自ずと好感度が高いサンドウィッチマンや有吉の取り合いになります。とはいえ、どちらもすでにスケジュールがパンパンですし、なかなか調整ができず、現場は頭を抱えている状態です」(スポーツ紙記者)

 

さらに、非吉本の芸人としては、松本と同世代のウッチャンナンチャンなどが代役として期待されているが、そちらもスケジュールは取れない状態だという。

 

「松本さんに変わるレベルの芸人となると、忙しくスケジュールが取れるはずがない。かと言って、吉本からの代役をそのまま起用して良いのかという問題もある。現状、吉本では社内で芸人の身体検査を行っているが、多くが派手な飲み会などに参加した過去があり収拾がついていない。時限爆弾を抱えているようなもので、大混乱が続いています。テレビ局でも、このまま吉本芸人を番組で起用して良いのか議論が行われているようです」(同・記者)

 

松本の性加害疑惑をきっかけに、雪崩状態でトラブルが続く吉本興業。昨年の旧ジャニーズのように、騒動はどんどん広がっていくのだろうか。

[週刊実話]

 

 

松本さんの件は、すでに個人の問題という”枠”を通り越しています。

 

 

芸能事務所のトップに君臨する人物の不祥事が、会社の存続にまで関わってくるというのは、ジャニーズ事務所のケースとソックリ。

 

 

ジャニーズの場合、最初に当時のジュリー社長が「性加害なんて知らなかった」と嘘をついたことが、会社消滅の大きな原因となりました。

 

 

ヨシモトも一番最初に「文春報道は事実無根だ」と言い切ってしまったことが、ここまでの大問題に発展した最大の要因と言われています。

 

 

うーむ、学びがないというか・・

 

 

この調子だと吉本興業は今年中に消滅して、分裂してしまうんじゃないでしょうか?

 

 

ヨシモトの文化は、”縦の関係”が強いという意味でもジャニーズと似ていました。

 

 

そのジャニーズは新会社STARTOに移行するに当たり、基本的にデビュー組はエージェント契約を結ぶこととなり、タレントの多くは個人事務所を設立するなど”半独立”に動きつつあります。

 

 

ヨシモト所属芸人も、分裂してできた新会社とエージェント契約を結ぶことになるような気がするのですが・・どうでしょうか?

 

 

エージェント契約がメインの会社なら、今後は先輩後輩の序列もどんどん薄くなっていくはずですからね。

 

 

松本さんに対する”女性上納システム”がやり玉に挙げられていることを考えると、十分あり得る展開だと思います。

 

 

2023年には、あのジャニーズ帝国があっという間に崩壊、消滅。

 

 

2024年には、あのヨシモト帝国もあっけなく分裂、消滅。

 

 

うーむ、なんだかマジでそうなりそうな予感・・

 

 

そうなると「二度あることは三度ある」ともいいますし、2025年はまさかのアレが消滅してしまうかも・・?

 

 

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか? (角川新書) - 週刊文春編集部

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?

 

 

ちなみに、新潮砲を喰らった伊東純也選手は被害者を自称する女性二人に対し、虚偽告訴に加えて民事でも数億円規模の損害賠償請求訴訟を行うと発表しました。

 

 

伊東純也、無実か!弁護士が潔癖証拠の動画とLINEを公表。性被害女性を虚偽告訴の意味

 

優勝候補筆頭だったサッカーアジア杯では、新潮の悪意ある報道によって日本代表があっさりと敗退してしまい、サッカーファンからの恨みも最高潮に達しています。

 

 

もし、スキャンダルが全くのデタラメ捏造だったことが明らかになれば、流れは一気に変わるでしょう。

 

 

そうなると、週刊誌によるスキャンダル報道自体が”悪”とされる可能性は大。

 

 

すでにホリエモンなど一部の有名インフルエンサーは、文春を筆頭としたマスメディアによる行き過ぎた”有名人叩き”を猛烈批判するなど動き始めています。

 

 

また、元週刊文春のエース記者と知られる中村竜太郎さんは、2月3日放送の読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」にて、次のように苦言を呈していました。

 

 

「ただ、一方で文春のOBなんかは『今のやりすぎじゃないか。叩きすぎなんじゃないか』っていう風な声も一部ではあって。これは時間の流れだからどうしようもないんですけど、昔は文春は意外とおおらかで、『あんまり芸能人を叩きすぎるのはどうかね』とか『逃げ道は用意しておきなさいよ』とか、そういうことを言われてたんです。あとは『過激にして愛嬌あり』っていうモットーもあったので。今の感じだと愛嬌ないよね、なんかすべてがガチになってる感じがしますね

 

 

誰もが予想しないことが現実に起こり得るのが、ここ最近の流れでもあります。

 

 

因果応報。盛者必衰。驕れる者は久しからず。

 

 

この言葉通りにジャニーズとヨシモトが潰れたとしたら、次に因果が巡ってくるのはどこになるのか、注目です。

 

 

◆バイデンさん、どうやって収集するのかお手並み拝見

 テキサスの件→ geinou ranking geinou reading

 テキサスの件→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆文春より先にコッチ?

 

 

◆あるいは、コッチかも・・

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ヨシモト芸人たちのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

文春が松本人志さんの性強要問題第三弾を報じています。

 

 

 

 

「女性セレクト指示書」…きもっ

 

[以下引用]

そして今回、新たに週刊文春は、「ホテル室内写真」と「女性セレクト指示書」を入手した。「ホテル室内写真」には、松本が滞在するホテルの様子や、女性たちが撮った写真などが含まれている。また「女性セレクト指示書」は、松本のために女性を集める後輩芸人に対して記された文書で、松本の女性のタイプや好みの職業などが詳細に記されており、NG項目も書かれていた。

 

1月17日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および、1月18日(木)発売の「週刊文春」では、「ホテル室内写真」「女性セレクト指示書」に加え、6、7人目となる参加女性の告発、松本のために女性を集めた元吉本芸人の懺悔告白などを5ページにわたって報じている。

[文春オンライン]

 

 

松本人志さんとスピードワゴン小沢さんを活動自粛に追い込んだことで文春の松本さん性強要疑惑の舞台は裁判へ移るかと思っていたのですが、とんでもないですね。

 

「女性セレクト指示書」は松本さんの直筆で、黒髪で高学歴、おとなしそうなのがタイプ、とか書いてあったようです。

 

女性の証言は強要されてのことなのか合意があったのかわかりませんが、何にしろ松本さんにとってプラスではないですよね。

 

文春が「女性上納システム」と報じているように、こうやって女性を紹介した芸人、行為に及んだ女性に対して何かしらの恩恵があったなら、結局枕営業的なものであり、芸能界の忌むべき慣習でしょう。

 

また、行為を強要された女性の心の傷はもちろんのこと、行為に及ばなかったことで不利益を被ったことがあったなら、それも非難されてしかるべきです。

 

さらに、「女性セレクト指示書」を用意して接待必須のように後輩に強制していたならそれもパワハラと言ってもいいのでは。

 

 

もしも経営陣も関与していたなら…

 

これまで松本さんに女性を世話していたのは「後輩芸人」ということでしたが、もしもそうでなかった場合、とんでもない展開が待っていると指摘しているのが以下の記事です。

 

[以下引用]

だがしかし、である。実は現在マスコミ関係者の関心は「もしも吉本の新旧経営陣たちの中から、自ら“関与”していたなどというような証拠が出てきてしまった場合はどうするのか?」という一点に集まっているというから驚きだ。

 

万が一、新旧経営陣がマネージャー時代に「松本への女性アテンド」もしくは「自身が“参加”していた」というような醜聞が飛び出すようなことが今後あるとするならば、吉本は会社としてもたないのではないか、とマスコミ関係者たちは危惧しているのだ。旧ジャニーズ事務所の例を挙げるまでもなく、そんなことになれば「解散」の恐れが一気に高まるのは間違いないだろう。

 

ただ、多方面に与える影響が大きすぎるためか、積極的にその可能性を取材したり報じたりするメディアは今のところ「皆無」だ。

[まぐまぐ]

 

この引用元の記事は1月16日のものですが、今日電子版が公開された文春の記事には吉本幹部もこの「女性上納システム」を把握していたとあるようです。

 

現在の吉本幹部は、社長の岡本昭彦氏、副社長の藤原寛氏、元吉本音楽出版社長だった中井秀範氏、福岡吉本支社長の新田敦生氏等々、ダウンタウンの歴代マネージャーがズラリと顔を揃えています。

 

松本さんは飲めばえろい話しかしないというのはたびたびトーク番組で明かされていますし、著書でも女性関係どうなってるんだと言いたくなるような暴露を自らしていたりしますから、マネージャーが松本さんの女癖の悪さ、女遊びのえげつなさをまるで知らないわけがないのでは。

 

問題はそれ以上の関与があるかどうかです。

 

引用元では、知ってるだけならまだよくて、万が一、歴代マネージャーが直接女性を松本さんにアテンドした、あるいはアテンドを他の後輩芸人にアドバイスした、さらに自身が加わっていた、等の事実があったとして、それが発覚するようなことがあれば吉本自体が完全に終わってしまうと指摘がされていました。

 

少しでも後ろ暗い思いがあったなら、文春の第一報が出たときにとてもあんな脊髄反射のように「訴訟」は言えないと思うので、さすがにどうなんでしょうか。

 

もしも自分もその場にいたことがあるのに「訴訟だ訴訟!」と言ったんだとしたら、文春や世の中、そして裁判を舐めてますね。

 

文春もこれまでは相手が白旗上げたと判断してまで追い打ちをかけるようなことはありませんでした。

 

それが、松本さんが活動自粛となってもまだ追い打ちをかけるというのが不気味です。

 

負け犬の遠吠えのように「訴えてやる!」と言ってることに対抗してというよりは、もはや標的は松本さんだけでなくなっているのかも。

 

 

◆あなたは読み取れる?松本さん直筆女性セレクト指示書。

文字比較画像あり→ geinou ranking geinou reading

文字比較画像あり→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

5月22日をもってKing&Prince(以下キンプリ)から脱退するジャニーズの平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太さんについて、吉本興業が救いの手を差し伸べる可能性が急浮上しているといいます。

 

◆BBQにどうぞ。



 

 

 

[以下引用]

平野と神宮寺は同日に事務所も退所するが、岸だけは脱退後も秋まではジャニーズ事務所に残る。

 

「”脱退組”のうち、岸さんが一人ジャニーズ事務所に残るのは、主役を務める映画『Gメン』の公開が8月25日から予定されているからです。岸さんは、この映画のPRのために稼働することが映画会社との取り決めで決まっていたのです」(民放関係者)

 

映画の宣伝で、夏には多くのバラエティーや情報番組に出演する予定の岸。退所までは、グループ在籍時と同じように地上波のテレビ番組でも姿を見ることができそうだ。

 

「それでも、極力ジャニーズタレントとは共演しない方向で調整されるようです。岸さんは、相葉雅紀さんが出演する『VS魂グラデーション』にレギュラーとして起用されていますが、それも脱退後は〝スポット参戦〟というカタチになりそうです」(同・関係者)

 

ある意味、5月22日以降は〝飼い殺し〟のような状態になりそうな岸だが、ジャニーズ退所後は意外なところから救いの手が差し伸べられるかもしれない。

 

「岸について、吉本興業が興味を示しているという話があります。他の事務所が岸を拾えばジャニーズに潰されかねませんが、吉本ならパワーバランス的にも対等か、それ以上ですからね。芸能界で唯一〝辞めジャニ〟を拾える立場なんです」(スポーツ紙記者)

 

吉本は、岸のタレントとしてのポテンシャルの高さに注目して、獲得に向けて調整を行っているという。

 

「キンプリではリーダーとして活躍してきた岸ですが、バラエティー番組では天然ボケ発言も多く、愛されキャラ。芸人との相性も抜群なんです。吉本も仕事の幅を広げるために、元ジャニーズアイドルを獲得したいという思惑を持っていてもおかしくない」(前同)

[週刊実話]

 

 

吉本といえば、最近は渡辺直美さんやとにかく明るい安村さんなど、所属芸人を積極的に海外へ進出させて成功しています。

 

 

岸さんらキンプリメンバーも、

 

「世界を相手に勝負したい!」

 

との理由からジャニーズ退所を決断したと言います。

 

岸さんについて言えば、ダンスも歌も上手で、「King & Princeる。」などバラエティー番組でもそのポテンシャルの高さを示していました。

 

また、岸さんは俳優としてやっていきたいという希望を強く持っているとも伝えられているので、ヨシモトのような”パワー”と”実績”を兼ね備えた事務所に拾ってもらえるなら万々歳なのでは?

 

しかも、今のジャニーズは性加害問題で消滅寸前ですからね。

 

とてもじゃないですけど、いち”辞めジャニ”の動向に口出しをしているヒマなんてないでしょうから、ヨシモトに限らず、他の大手事務所にとっても大チャンスなのでは?

 

そういえば、宮迫博之さんの闇営業問題のとき、世論はヨシモトのパワハラ気質に非難轟轟で厳しい風が吹いていましたが、当時の大崎社長はしっかりと5時間以上会見に臨みました。

 

比べてしまうと、会見の場に立つことすらしなかったジュリーさんの器はおちょこレベルだったかなと。

 

すでにV6の三宅健さんやキスマイの北山宏光さんなど、ジャニーズでもトップクラスのタレントたちが次々に”泥舟”からの脱出を決めています。

 

また、昨日のテレビ番組ではヒガシさんがジャニーズ消滅に言及するなど、事態は大きく動きつつあるのが現実。

 

 東山紀之がジャニーズ消滅に言及!各グループの運命は?

 

今後の成り行きに注目です。

 

◆父の日にどうぞ。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※岸優太さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング