吉本激怒で西野亮廣に猛烈逆風!パワハラモラハラ反社会性…ヤバい匂いしかしない | 芸能スクープ、今旬ナビ!!

吉本激怒で西野亮廣に猛烈逆風!パワハラモラハラ反社会性…ヤバい匂いしかしない

[ad-pc][ad03][/ad-pc] [ad-sp][ad02][/ad-sp]

 

キングコングの西野亮廣さんは1月末に吉本興業との契約終了を発表し、退社はあくまで円満であると主張していますが、松本人志さんもいぶかるこのドタバタ退社はやはりウラありだったよう。

 

吉本は西野さんに猛烈激怒で、西野さんは宮迫博之さんと同列扱いになるようです。

 

 

 

スポンサーリンク

西野亮廣に怒りが隠せない吉本興業

 

[以下引用]

「西野は円満退社をアピールしていますが、吉本とは大揉めですよ。西野が社員とのLINEをツイッターにさらしたのも大問題だったし、吉本社内では以前から西野の“吉本批判”が問題視されていたともいう。“クビ”に近い形と言っても過言ではないともっぱらです」(中堅芸能事務所関係者)

 

西野退社に関する報道にも“吉本の怒り”が滲んでいるという。

 

「吉本との関係性が強い一部のスポーツ紙が、特に西野を叩くような内容の記事を公開しているんですよね。吉本関係者しか知り得ないような情報が盛り込まれている記事もあるし、吉本側が西野叩きに動いているのではないかとという疑いの目があるのも事実です」(メディア関係者)

[日刊サイゾー]

 

 

スポーツ紙のみならず、週刊誌にも吉本サイドの話だろうな、というのはぼちぼち出ています。

 

例えば女性自身では、西野さんが主張する、半年や1年でマネージャーが変わってしまう吉本の体制に不満があった、これでは仕事の企画を始めたときと世間に送り出すときで担当者が異なり支障が出る、という内容について、吉本関係者が次のように否定しています。

 

[以下引用]

「吉本のマネジメントの体制を引き合いにだして説明していますが、吉本のほかのタレントは何年も同じマネージャーが担当することはよくありますよ。要は西野さんが例外だっただけ。

 

西野さんのマネージャーが半年や1年で代わってしまうのは、精神的負担が大きいからなんです。“西野さんの担当を外れたい”と上司やまわりに相談するのは毎度のことで、人事部に掛け合う人もいました」(前出・吉本興業関係者)

[女性自身]

 

 

他にも、西野さんがマネージャーには常に上から目線であり、自分が指導してやっている、という意識が強いのか高圧的な態度や物言いも多く、これまで担当した人の精神的疲労はひどかった、というコメントも。

 

実際、今回西野さんが吉本サイドの人間の対応が不満だとして公開したLINEのスクショに表示されてる時間を見ると深夜0時過ぎで、この時間に仕事の連絡してるというだけでも非難の声が出ていました。その上LINEのやり取りでは実名そのままで、マネージャーに対する気遣いゼロなのがよくわかりました。

 

そんなこんなで西野さんは吉本興業に所属する6000人以上のタレントの中で“マネージャーとしてつきたくないタレントランキング”では1、2を争うと言われていたとか。

 

1,2を争ってるのはもしかして友近さんでしょうか。友近さんもマネージャーへのパワハラで嫌われていましたし。

 

 

友近敗北…度重なるパワハラでマネージャーがつかず、解雇危機に膝を折る
友近さんが度重なるマネージャーへのパワハラで吉本興業を解雇されるとフライデーが報じています。 友近のパワハラ疑惑  たびたび悪評があった友近さんのパワハラ疑惑が報じられたのは、2017年12月。 友近さんは売れてる芸人であるため吉本もガマン...

 

ただ、吉本のマネージャーというものにもあまりよいイメージはありません。

 

エドはるみさんもマネージャーへの不満を訴えていましたし、アメトーークに「マネージャーほったらかし芸人」なんていう回ができるくらい、吉本のマネージャーはとにかく多忙で一人ひとりに構ってる時間はない、というイメージです。

 

 

エドはるみが告白!「私が消えた理由」。島田紳助は関係なかった!!
「グ〜」と奇声をあげるギャグで流行語大賞も受賞したエドはるみさんがテレビに出なくなって、もうどのくらい経つのでしょうか。世間一般には、売れて天狗になった様子が島田紳助さんの逆鱗に触れテレビから干された、というのが通説でしたが、実際は違ったと...

 

西野さんは芸人の枠を超えた仕事を多く手掛けていますし、西野さんがオンラインサロンの会員あてに言っていたように、吉本は「エッフェル塔での個展も、20~30億円の美術館建設も、オンラインサロン運営も、ブロードウェイミュージカルも、今回のような規模のアニメーション映画も、一つも手掛けたことがない」「(吉本の社員は)それらを攻略するノウハウは持ち合わせていない」わけですから、西野さん的に「使えないけど搾取はする吉本」から離れられたのは良かったんじゃ、と思います。

 

が、それでも円満を主張するのは、さすがに吉本と遺恨があるように見られると今後の活動に影響があるからでしょうね。

 

しっかり収入源のある西野さんにとってはテレビに出られないことは大きな問題ではないでしょう。

 

けれども『えんとつ町のプペル』がこれほど大規模な仕事になったのは西野さんが吉本所属だったからでしょう。一応『プペル』という実績ができたから今後フリーでももしかしたらどうにかなるかもしれませんが、そこは未知数なところです。

 

◆マネージャーほったらかし芸人の日常

笑える?笑えない?→ geinou ranking geinou reading

笑える?笑えない?→ geinou reading geinou ranking

 

 

スポンサーリンク

吉本興業と断交状態の宮迫博之と西野亮廣の共通点は反社会性

 

[ad-pc][ad01][/ad-pc] [ad-sp][ad05][/ad-sp]

 

さらに西野さんには不安材料も。

 

[以下引用]

「吉本と宮迫の関係性は修復できないまま。吉本としては、宮迫の闇営業騒動において”嘘をついて裏切った”という思いが根深く、この遺恨が解消されないと次に進めない状況です。さらに、宮迫がYouTubeで頻繁に絡んでいるYouTuberのヒカルが、過去に情報商材販売の怪しげなビジネスにかかわっていたこともあり、吉本から“反社認定”されているとも言われています。吉本的には、そういった宮迫のグレーな交友関係も問題視しているということです。

 

西野についても宮迫とかなり状況が似ています。LINEをさらしたことは吉本にしてみれば重大な裏切り行為だし、オンラインサロンビジネスについてもネット上で“詐欺だ”などと批判されることも多い。実際に犯罪的な要素があるわけではないとしても、トラブルに発展しかねない要素を内包しているということで、吉本が西野の動きを問題視している可能性もあります」(前出・メディア関係者)

[日刊サイゾー]

 

 

西野さんのは、本当にこれぞ信者ビジネス、ですよね。

 

よくあげられているクラウドファンディングを使っての資金集め。

 

 

 

 

 

こちら2017年のことですが、最終的に12万円を超え、西野さんは「ワハハっ!!騙されやがったな(笑)」とコメントしてました。

 

こんなのは序の口で、プペル美術館を作ると言ってお金を集めてみたのもありますし、イベントの片付けをする権利5万円とかもありました。先日驚いたのがこちら。

 

 

 

まさに信者ビジネス。笑いが止まらないでしょうね。

 

参加者の「目立ちたい」とか「何かを成し遂げたい」というような何かをくすぐっていて、お金を払った人は自分で納得してるんでしょうけど、それでいいのでしょうか。

 

 

これって詐欺では…西野亮廣がオンラインサロン会員を食い物にしてると言われる理由
昨年12月25日、キングコング西野亮廣さんが原作、製作総指揮、脚本を務めたアニメ映画『えんとつ町のプペル』が公開され、10日間で、動員63万人、興行収入8.7億を記録し話題になっています。 しかしこの好調な記録のウラに、西野さんのオンライン...

 

詐欺罪には次の5つの構成要件があります。

 

(1)欺罔(ぎもう)行為|錯誤を引き起こさせる行為
(2)相手方の錯誤|錯誤に陥る行為
(3)財物の処分行為
(4)財物・利益の移転
(5)財産的損害

 

また、ここまで注目されればおそらく国税庁もその収支には目を光らせるのでは。

 

プペル美術館のクラウドファンディングは2018年にはあまりの炎上に一度募金を止めていますが、その後の収支とか、きっちりしないととんでもないことになりそうな…。

 

 

※日本製マスクです

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※西野亮廣さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました