先日週刊文春に「ニンニク注射不倫」が報じられた小室哲哉さんが、本日会見を開き引退を宣言しました。

 

※若いー[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TK BEST SELECTION IN EPIC DAYS(CD+DVD) […

価格:3177円(税込、送料無料) (2018/1/19時点)



 

[以下引用]

音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、不倫報道を受けて都内で会見を開き、引退を発表した

 

小室は「報道により、KEIKOや家族、ファンにご心配をかけ、相手にもご迷惑をかけました。お詫びをすると同時に、僕なりの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と語った。

[シネマトゥデイ]

 

小室さんが不倫を報じられた週刊文春で直撃を受けた際、仕事について「もっと稼働率のいい作曲家の方たちもいるわけで、まあほんとにそろそろ歳なのかなと思ってますので、引き……時なのかなと思い始めています」と、すでに引退を匂わせていました。

 

実際もう実力的にしんどいと思ってたのかもしれませんね。

 

ほかには、翌年KEIKOさんがくも膜下出血で倒れてからは「女性というよりは女の子になった」「4年生のドリルをやっている」「大人の女性に対してのコミュニケーションが日に日にできなくなっている」と話していました。週刊文春でも「父性愛、肉親としての愛というのは間違いなくある。ニコニコ笑顔で出迎えてくれたら、かわいいなって思うのは当然」と話していました。

 

さらに、「ちょっと疲れ果ててしまった。3年ぐらい前にあった。僕自身は恵まれた環境で、当たり前だと思っていた仕事が当たり前じゃなくなり、日々仕事が入ってきて幸せな日々が続きました。音楽に向かわなきゃいけない時間が増え、ずっとKEIKOのサポートすることは不可能になり、スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきた」とも話していましたが、この流れだと、引退じゃなくてKEIKOさんとの離婚会見のような。

 

※今放送中の仮面ライダーにも関わっています[Amazon]

http://amzn.to/2rlVCCv

 

結局そうではなくて、騒動の責任をとって仕事を引退、ということは今後は介護に専念ということで、介護は一筋縄ではいかないということなんでしょうけど、それにしても。

 

不倫自体は否定してもこうやって引退を決めた時点で認めたようなものです。

 

ネットでは、どうせすぐ復活する、もっとなにかスゴイこと隠してるんじゃないの、けじめという名の逃げだ、といった声もあります。

 

詐欺事件で逮捕されたときにお金がすっからかんだったような気もしますし、引退してお金はどうするんだと心配にもなりますが、一般人になったと宣言すればこれ以上何か言われることもないですしね。

 

今後何か事件で名前が出ないことを祈ります。

 

◆小室哲哉ってこんな人

過去の恋愛もいろいろ→ geinou ranking geinou reading

過去の恋愛もいろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

※追記※

小室さんはいずれにせよ年内に引退するつもりだったことも明かしています。60才で定年というのは一般的ですし、残りの人生の過ごし方を考えたときにそれを選んでいたというなら、過去が過去なだけに色々言われますが、小室さんは小室さんでKEIKOさんに真摯に向かっていたのかなと。人は変われる、ということを見せてくれているのかもしれません。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小室哲哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング