タグ:takaの記事一覧

タグ:taka
ワンオクtakaがついに結婚!と噂される根拠

ONE OK ROCKのTakaさんが浅田舞さんと結婚秒読みだと言われています。

 

 

 

 

[以下引用]

「浅田は12月18日、妹の真央が演出を手掛けるアイスショーから、年内の最終公演後に卒業することを明かしました。さらに24日には、長年、レギュラーを務めていたローカル報道番組『ニュースOne』(東海テレビ)にて、同日をもって番組を降板することも発表。今回、スケート、キャスターと、立て続けに辞めたことで、一部からは『両方辞めるってことは結婚としか考えられない』『Takaとの間に子供ができたのかも』『そろそろTakaと結婚する準備に入りそう』と、視聴者から結婚を疑う声が殺到しました」(前出・芸能記者)

[アサジョ]

 

 

浅田さんもtakaさんも今年30歳になり、年齢的には結婚も十分ありえるかもしれません。

 

が、2人のキャラ的に結婚…するかなあという気も。

 

2人の交際は今年4月に週刊文春がお泊りを、6月にはフライデーが半同棲を報じています。

 

しかしtakaさんも浅田さんもそれぞれ別の人とも噂があり、真剣交際という感じがしないというか。

 

ただ、浅田さんの仕事の整理の仕方は気になります。

 

1年の終わりにキャスター降板というのはないことではありませんが、番組改編期の3月末や9月末ではないのが気になりますし、アイスショーの方は今年5月から来年12月までのツアーだったのが、今辞めるって中途半端です。

 

つまり、妊娠のため継続できなかったのでは、ということなのですが。

 

妊娠以外の可能性として、9月の公演で浅田さんは他のスケーターと衝突し、相手が13針も縫うという怪我を負っており、それが何らかの影響を及ぼしていることも考えられますが。

 

 

もしかすると、浅田さんは結婚するけど相手が違う人、という可能性もありますよね。

 

もしも妊娠しているなら近々発表もあるでしょうし、新春のおめでたいニュースになるかもしれませんね。

 

◆いやいや2人には立ちはだかる壁がある!

何の壁?→ geinou ranking geinou reading

何の壁?→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※takaさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「俺紅白出たくない」ONE OK ROCKが紅白歌合戦に出ない理由

今年6月、小出恵介さんの不祥事があったのは、小出さん主演のNHKドラマが放送される直前のことでした。

 

当然放送中止、ほかのドラマに急遽差し替えとなりましたが、その後NHKとアミューズの間で賠償競技が行われ、同じアミューズ所属の桑田佳祐さんとONE OK ROCKの紅白歌合戦が濃厚と言われていました。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

しかし発表された出場者リストには両者の名前はなく、桑田さんについてはギリギリまで交渉をしていく方針だと報じられていますが、ONE OK ROCKについてはまったく望みなしだとか。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LIVE DVD『ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN』 [ ONE OK ROCK ]

価格:4464円(税込、送料無料) (2017/11/19時点)



 

[以下引用]

「ワンオクは人気バンドだけに、NHKも出場させたいはず。しかしヴォーカルのTakaは、過去のラジオ番組で紅白について『俺、出たくないから』と明言しています。彼いわく、紅白は田舎のお婆ちゃんを喜ばせるためのもので、東京生まれのTakaにはそういう感覚がないため、出る気持ちになれないとのこと。また彼は元々、ジャニーズグループのNEWSに所属していましたから、同事務所タレントが多数出演する紅白は、様々な問題で共演しづらいという理由もあるのかもしれません」(前出・芸能記者) 

[アサジョ]

 

単純に、お婆ちゃんって田舎いるばかりじゃないのでは、東京生まれでお婆ちゃんも都会にいるんだとしても、お婆ちゃん喜ばせたらいいじゃないと思ってしまいました。

 

takaさん、本当にこんなこと言ったのかと思ったら、確かに言っていたようです。

 

正確には、「あれってさ、俺の中ではもう自分の親を喜ばすための」「田舎のお婆ちゃんお爺ちゃんを喜ばすための、そういうものなわけよ」「でもオレ、田舎が東京だから元々そういう感覚ないし」「もっと言うと、親出てっから(笑)」と、いうような感じだったよう。

 

まあ確かにジャニーズと共演しづらいということもあるかもしれませんが、それよりも紅白出場に価値を見出していないんでしょうね。

 

紅白はリハーサルを含めて拘束時間が長い割にギャラが少ないそうで、それでも多くの歌手が出たがるのは、ステータスと知名度UPが目的だそう。

 

紅白に出たか出ないかで、地方公演の客の入りやチケットの値段、売れ行きなど、その後の活動に大きく影響するといいます。

 

そのへんのことに興味がないのであれば、紅白にも興味ないでしょうね。

 

そういうグループということで、それはいいんじゃないでしょうか。

 

◆全盛期に紅白を断ったアーティストの理由が笑える

いろいろあります。→ geinou reading geinou ranking

いろいろあります。→ geinou ranking geinou reading

 

 

※お母さんの本[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※takaさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

キモチワルイ…ワンオクtakaが無理矢理キスする動画を公開!相手が近藤春菜でなかったら…

ONE OK ROCKのtakaさんがインスタグラムにハリセンボンの近藤春菜さんに無理やりキスする動画を公開し、キモチワルイと話題になっています。

ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ambitions (初回限定盤 CD+DVD) [ ONE OK ROCK ]
価格:3411円(税込、送料無料) (2017/5/22時点)




takaさんは昨日インスタで2つの動画を公開しています。

ひとつはtakaさんが近藤さんの頭を抱えほっぺに無理矢理キスする動画、もう一つはSUPER BEAVERのボーカル渋谷龍太さんが覆いかぶさるようにハグしキスしようとする動画です。

おそらく宅飲みしていた中での悪ふざけなんでしょうね。

近藤さんはおそらくファンの反応を恐れ「殺されちゃう!」と連呼し全力で嫌がりながらも一応笑い声も交えておりますが、顔は結構嫌がっているような。

インスタに寄せられたコメントは「羨ましすぎます」「なんで殺されるのーウケるー元気出るー」「楽しそうだな~」「笑えるわー」「仲良さすぎ!」「癒されるー」「キュン死しちゃう」「つい何回も見ちゃう」等々、絶賛の声ばかり。

しかしネット掲示板に寄せられたコメントは、「不快」「春菜かわいそうじゃない?」「イケメンならともかく罰ゲームだ」「芸人だからかバカにされてるんじゃないの」「絶対に美人だったらやらないよね。こういうのも差別だよなーって思う。」「自分がネタでキスされる対象だと想像すると悲しい」といったものが多いです。

私は動画を見てキモチワルイと思いましたし、何回も見たいものじゃないし面白さはまるでありませんでした。

しかも、渋谷さんは右腕にタトゥーなんて可愛いものじゃなく、ガッツリ模様が入っているような人で、そんな人がわっと覆いかぶさってきたら正直怖いのでは。

近藤さんの交友関係の広さには脱帽ですが、相手は選んだ方がいいのではないでしょうか。

◆こういう動画をあげてればいいのに…

takaは凄い→ geinou reading geinou ranking

takaは凄い→ geinou ranking geinou reading

伊集院光のてれび 完全版 ~真剣じゃんけん 女芸人編~ [Blu-ray] -
伊集院光のてれび 完全版 ~真剣じゃんけん 女芸人編~ [Blu-ray] –

[Amazon]

※ワンオクtakaさんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

大炎上!救急搬送21人に対するワンオクTakaの「いつものこと」発言に批判噴出

2017年4月8日18時から千葉県の幕張メッセで行われたONE OK ROCKのライブで21人が救急搬送された件につき、ボーカルのtakaさんが「いつものことだから」とメッセージを発信し炎上しています。

ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼイタクビョウ [ ONE OK ROCK ]
価格:2329円(税込、送料無料) (2017/4/9時点)



この記事の続きを読む