タグ:kokiの記事一覧

タグ:koki
「工藤静香程度のプロデュース力で…」次女Kokiの将来に暗雲

鮮烈なデビューを飾った木村拓哉さん、工藤静香さんの次女Kokiこと光希さんは、その素質に明るい将来を見る人が多い一方で、全面的にプロデュースをしているとされる工藤静香さんの実力に疑問の声が出ています。

 

また、公開された最新画像も話題になっています。

 

※昔はメイク含め自己プロデュースがうまいと言われてたような

 

工藤静香自身が自己プロデュースできてないのに…

 

[以下引用]

そんなKoki,の将来について、不安視される要素もあるという。業界関係者が続ける。

 

「彼女のプロデュースは現在、母親の工藤が担っているそうで、今後の芸能活動についても工藤の意向が強く働いているようです。ところが当の工藤は、SMAPの解散騒動に際してすっかり悪者扱いされてしまい、それを現在でも払しょくできていません。つまり工藤自身、自己プロデュースすらできていないというのが現実なのです。その程度のプロデュース力でKoki,の方向性をちゃんとコントロールできるのか。Koki,の将来性に期待する声が大きいぶん、工藤に対する不安の声も大きくなっている状況です」

[アサジョ]

 

これは確かに納得です。

 

表に出ない時期が長かったからか、工藤さんは今はもう芸能人じゃないような対応をたびたびします。

 

例えばインスタに「たまたま」一本満足バーの写真をあげた日が長くCMをやっている草なぎ剛さんの誕生日と重なり、SMAPファンが「ツヨポンの誕生日に写真を上げてくれる。たまたまですが、うれしい」といったコメントを寄せ話題になっていたら、わざわざ「人の誕生日まで覚えられないよ、参るね」という言い方をして関連を否定したことがありました。

 

本当にたまたまだったんでしょうが、それをこういう言い方で否定するのは誰もいい気分にならないですよね。否定するにしても、「偶然でしたが、おめでとうございます」くらいで収めていればよかったのに。

 

他にも、週刊誌に書かれたことにいちいち反論してみたり、言われたら言い負かさずにはいられない気質がちらほら。

 

フライデーの直撃に答えたときも、工藤さんが答えたことが明白な形でのあの受け答えは思慮が足りないとしかいえません。

 →工藤静香、中居正広ら4人はお金、木村拓哉は人をとったと主張

 

そんな工藤さんが誰かをプロデュースなんてできるのか、確かに疑問…

 

 

カメラマンがすごかったと言われるKoki

 

『エル・ジャポン』の表紙でデビューしたKokiさんは、今後しばらくは派手な露出は控えながら、モデルとして雑誌やCMに出て、機会を見てパリコレのような海外の大型ファッションイベントに出演するのでは、と言われています。

 

現在は時折インスタに画像を上げる程度の活動だけで、こちらが最新の画像です。

 

 

 

ネットではまず犬の鼻に話題がいき、Kokiさんについては…。マイルドな表現としては、「あの最初の写真を撮ったカメラマン、腕ピカイチ。」ですかね。

 

工藤さんの代弁者と思われるスポニチに「芸能界にデビューは考えていない」と書かせた以上、一般人のインスタということでしょうし、写りはいろいろでしょうからなんとも言えませんが、もう少し露出を控えてもいいのかも。

 

でないと本気で活動する前に「お腹いっぱい」になってしまいそうです。

 

 

※ピカイチカメラマンの撮った一枚

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※KokiさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

あれ…?工藤静香が美人に。Kokiとの親子アピールにも余念なし

工藤静香さんの顔が美しくなったと話題です。

 

 

 

 

先日出演したバラエティでも「顔が違う」と話題になっていました。

 →工藤静香の顔に違和感

 

浮世絵に例えられたり驚くほどの状況だった時期もありますが、4月に48才になったにも関わらず若々しく美人度があがってる気がします。

 

やっぱりサーフィン焼けは、肌も髪も痛むんでしょうね。あとはまあ色々メンテナンス効果が出ているのでしょうか。

 

 

 

ちなみにこちらがアイドルだった頃の工藤さん。途中の日焼けボサボサな髪の頃が嘘のようです。

 

 

最近は次女Kokiさんがモデルデビューしその親子関係が話題になりましたが、インスタでも、Kokiさんが紫のあじさいに顔を寄せる写真を公開していると思ったら工藤さんも紫のあじさいのアップを載せていたり、双方共に伏し目がちの写真で、長女がカメラマンしていると言ってみたり、ガンガン親子アピールしてるんですね。

 

Kokiさんは日本ではなく世界を舞台に活躍することを目指しているという話もあり、その場合は親の七光も届かないですから、逆に親子関係を明かさなかった方が余計なプレッシャーもなかったんじゃないかという話もあります。

 

 

明かしてしまったばかりに工藤さん、木村さんのアンチのバッシング対象にもなり、いろいろ大変だと思うので、せめて工藤さんはインスタもおとなしくしていたほうが良さそうです。

 

 

※「キムタクの妻」です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※また写真を公開したKokiさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

パクリ!?Koki,作曲の工藤静香への提供曲に疑惑浮上!比べてみると…

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女・光希さんが「Koki,」としてモデルデビューすると同時に、作曲活動もしており、母・工藤静香さんのアルバムにも楽曲提供していることが明らかになっていますが、そのうちの一曲が上戸彩さんの『感傷』にそっくりだと話題になっています。

 

Kokiさんが楽曲提供しているのは、こちらのアルバムに収録されている「鋼の森」「かすみ草」「Time after time」の3曲です。

 

 

 

そのうち、上戸さんの曲にそっくりだと指摘されているのがこちらの「かすみ草」

 

※公式YouTubeです

 

 

似ていると言われているのが、上戸彩さんの2003年のシングル「感傷」。上戸さん主演ドラマ『ひと夏のパパへ』の主題歌でした。

 

※Amazonプライムで試聴可

 

[Amazon]

 

[以下引用]

上戸彩ファンは激怒しており、少しアレンジを変えただけだと感情的になっている。工藤静香ファンはメロディーは似ているが違う曲だと反論しており、双方のファンが睨み合っている状態だ。

[アトラス]

 

ということですが…確かに似ています。サビの「わたしーのー」という歌詞も同じなのがまた似てる風になるんでしょうか。

 

でもパクリかと言われると…どうでしょう。

 

過去、パクリ騒動があったGACKTさんの「ANOTHER WORLD」や「踊る大捜査線」ほどではないです。

 

これらは曲ですが、そういえば浜崎あゆみさんは数十曲歌詞パクリがあると指摘されたこともありましたね。

 →浜崎あゆみの歌詞パクリがひどい

 

誰かの影響は受けるもので、完全オリジナルというのは難しいとは思いますが…多才なところもウリだったでしょうに、ちょっとケチがついてしまいましたね。

 

木村拓哉さんと工藤静香さんの娘ということで、デビューから雑誌の表紙という破格の扱いを受けインスタのフォロワーも70万人を超えるなど新人とは思えない注目を集めている一方で、昨日は自意識過剰とも言える行動が報じられ、今日はパクリと、マイナス報道も出てくるのも仕方ないのでしょう。

 →Koki,の勘違い行動!性格は工藤静香似か

 

◆セカオワも?笑点も?これは完全にアウト!

というパクリいろいろ→ ranking geinou reading

というパクリいろいろ→ reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※Koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

早速Koki,の勘違い行動が報じられた!性格は工藤静香似なのか

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女光希さんがモデルデビューし話題になっていますが、早速勘違い行動が報じられています。

 

※Kokiさんにも「凛」がよく使われています。

 

 

Koki,の勘違い行動とは

 

[以下引用]

「カフェで友人とくつろいでいたところ、工藤静香さん、Koki,さんの2人と遭遇したんです。Koki,さんはブルーのノースリーブのワンピース姿でしたが、スタイルの良さは際立っていて、周りのお客さんもみんな見とれていましたね」

 

しかし、ここで事件が起こったという。

 

「雰囲気の良いカフェだったので、私たちはテラス席に座ってケータイで撮影していたんです。すると、後ろにいたKoki,さんがキッとこちらをニラみつけ、逃げるように他のお店に入っていってしまったんです。今思うと、隠し撮りをしていたと勘違いされたのかもしれません」

[アサジョ]

 

これは自己防衛反応で仕方ないような気がします。

 

いつのことなのかわかりませんが、工藤さんと一緒にいれば娘だとわかるでしょうし、それがSNSで発信されたりしたら、と考えて行動するのも必要なことなのでは。

 

ただ、キッと睨みつけたというのは、本当なら残念ですね。

 

工藤さんも「やられっぱなしはありえない」というタイプです。

 →工藤静香「人の誕生日まで覚えてられないよ」

 →工藤静香がフライデーの直撃に答える

 

その強気な部分は芸能人として必要なところだとは思いますが、一般人へ向けては不利になるような気がします。

 

 

工藤静香が嫌われる理由

 

工藤さんは結婚して10年以上経っても夫・木村拓哉さんとサーフィンデートやドライブデートをしている様子が報じられたり、Kokiさんにも「両親が誇りです」と言われるくらい親としてもきちんとしてるように思います。

 

実際、昔から「こう見えてぬか床持ってます」「子供がお腹空いたと言ったらうどんを打つ」「魚が食べたいなと思ったら釣りに行く」といったエピソードを語っていますし、木村さんが好きなシーザーサラダのドレッシングも手作りしていましたし、インスタではオーガニックなお菓子づくりやヘルシーな食生活を披露していました。

 

こだわっているんだと思いますし、誰もができることではないと思います。

 

◆冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと作るよ!

工藤静香の「なんでも丼」の衝撃→ geinou reading geinou ranking

工藤静香の「なんでも丼」の衝撃→ geinou ranking geinou reading

 

でもなぜか嫌われるのは、そういう強気なところと強すぎる自己主張なんでしょうね。

 

先日も、中島美嘉さんの歌を高く評価するついでに自分も褒めていました。

 →工藤静香の自画自賛にネットドン引き

 

例えば菅田将暉さんも、当初は演技力や容姿も好意的に受け入れられていましたが、そのうち国宝級イケメンランキング1位に輝き「学校の人みんなが自分を見に来ていた」というモテ自慢をしだしたら「アレ?そんなにかっこいい?」という感じになり、今では「それほどイケメンじゃないランキング」に堂々ランクインするように。

 

自分に自信がない人は芸能人にならないでしょうし、強い自意識は必要だと思いますが、そういう部分はうちに秘め、ほどほどに謙虚でいたほうが好感度は高くなるかもしれません。

 

工藤さんは加えてYOSHIKIさんや諸星和己さんなどなど少ないとは言えない男性遍歴もマイナスだったと思います。

 

そういえばX JAPANのYOSHIKIさんと交際していた頃にファンに対し「悔しかったらYOSHIKIと寝てみな!」と言い放ったというエピソードもありました。

 

これが本当なら、相当の負けず嫌いですね…

 

◆ちょっと待ってこれ季節はいつ?

静香と娘二人のコーデがちぐはぐ過ぎる→ geinou ranking geinou reading

静香と娘二人のコーデがちぐはぐ過ぎる→ geinou reading geinou ranking

 

※この本に工藤さんらしき女性の存在が書かれています

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング