タグ:koki

 

キムタクと工藤静香さんの娘として”親の14光”とも揶揄されているCocomi&Koki姉妹が、ここに来て大失速しているといいます。

 

これは、ジャニーズを巡る性加害騒動とパパ・木村拓哉さんのあまりにもKY過ぎる言動が原因と見られますが、海外進出にも暗雲が垂れ込めているようで、静香Pはかなり焦っているといいます。

 

◆ケーキの準備はお早めに。

 

[以下引用]

今月8日、都内で行われた「ブルガリ セルペンティ 75周年 時代を超えて紡がれる無限のストーリー展」のフォトコールに登場したモデルで女優のKōki,(20)。

 

同ブランドのアクセサリーについて「身にまとうだけで新鮮な勇気と自信をくれる」と笑顔をみせ、年末の過ごし方について聞かれると「来年公開の映画の撮影の準備を頑張ります」と意気込んだという。  

 

父は俳優の木村拓哉(51)、母は歌手の工藤静香(53)で、2018年8月9日、ブルガリのアンバサダーに日本初かつ歴代最年少の15歳で就任することが発表され、鳴り物入りで芸能界デビュー。昨年公開の映画「牛首村」の主演として女優デビューを果たし、すでに海外の作品への出演も決まっているというが、ここにきてすっかり失速している。

 

「当初はモデルで海外進出を果たすべく意気込んでいたが、母親の方針で女優業にも挑戦。『牛首村』はホラー映画だったので、セリフ回しなどよりも恐怖を表現する“顔芸”が重要だったから、まだまだ女優としての可能性は未知数。国内ではなかなか女優業としてのオファーがない」(映画業界関係者)  

 

父の所属する旧ジャニーズ事務所は創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題で揺れているが、それも自身の活動に影響しているようだ。

 

「父が旧ジャニーズに所属というのは、新たに海外に進出するにあたってはネックになってしまう。父が事務所を辞めて独立すれば別ですが」(スポーツ紙芸能記者)

[ゲンダイネット]

 

子どもたちに対しては、性加害問題云々以前に失速を感じるほどの存在感があったのか、という話もあります。

 

が、先日のキムタクの誕生日お祝いで、恒例となったSNSでのプライベート写真公開がありましたが、それが案外必死なのかなと。

 

[以下引用]

「Happy birthday いつもありがとう The coolest,funniest and most loving dad,husband and friend in the world(世界一クールで面白くて大好きな父、夫、友達)」とつづり、木村さんとバイクに2人乗りしていると思われる写真や、木村さんとともに乗馬しているツーショット、木村さんと妻で歌手の工藤静香さんが腕を組んで歩いている写真などを投稿した。

[まんたんウェブ]

 

ちなみにCocomiさんも、

 

「Best Friend の誕生日‼︎最高な1年にしちゃってくださいな はっぴっぽー」

 

というメッセージとともに過去の旅行の写真などお父さんとの2ショットに加えて、両親の密着写真。

 

Kokiさんは腕組み写真以外にもこんな写真も。

 

 

 

 

毎年家族の誕生日ごとにプライベート写真を公開している木村ファミリーですが、両親そろった写真はそうそうありません。特に、最近のものというのはなかったのでは?

 

別に家族なんだし一緒にいるのは当然だし、一緒に写った写真があって当たり前なのですが、これまで敢えて出してこなかった「最新の両親の写真」という刺激の強そうなアイテムを投入した、そのこと自体がKoki,さんやCocomiさんを含めて木村ファミリーの焦りを感じました。

 

お母さんはせっせと音楽番組に出番を増やしていて、長女はそれに同行してテレビに出たりしているけど、単体では次女とともにいまいちパッとせず。

 

頼みの綱のお父さん・キムタクすらもパッとしない。

 

そんな中、何か刺激を、と思ったんですかねえ。

 

確かに話題にはなったように思います。

 

ただ、慣れちゃったら話題にもならなくなると思うので、またしばらく封印した方がいいと思いますが。

 

Koki,さん、また映画に出るんですね。

 

そちらでバーンと芽が出るといいですね。

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Cocomiさん、KokiさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

日本が誇る大スター・木村拓哉さんと、その妻で自称敏腕プロデューサー・工藤静香さんの娘として名高い二人の次女・Kōki,さん。

 

そんな彼女が、本日スタートとなる沢口靖子さん主演の大人気ドラマ「科捜研の女 」(テレ朝系)に出演する可能性が高まり、警戒の声が飛び交っています。

 

◆スゴイ眼力!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

科捜研の女 オリジナルサウンドトラック Part2 [ 川井憲次 ]

価格:2,459円(税込、送料無料) (2023/8/16時点)


楽天で購入

 

 

[以下引用]

これは、工藤が歌う新曲『勇者の旗』が、『科捜研の女』の主題歌に決まっているからです。これは、キムタク主演のドラマが来年4月クールに決まっているテレ朝側の忖度だと言われていますが、それに乗じて仕事が激減しているKōki,も女優としてネジ込もうというわけです」(芸能関係者)

 

肩書はファッションモデルのKōki,だが、最近は自宅の庭でモデル風のポーズを決めた写真を自身のインスタグラムにアップすることが多くなっている。

 

「Kōki,は2018年からブルガリのアンバサダーに就任していましたが、今年2月に森星に交代。シャネルは橋本愛に、化粧品ブランドのエスティローダーは申真衣に変更されている」(スポーツ紙記者)

 

女優としては、デビュー作の映画『牛首村』でいきなり主演したが、その後は鳴かず飛ばず。モデルとしても行き詰まり、工藤も頭を悩ませているというのだ。

 

「そこで、テレ朝に女優として使ってもらい、キムタクを使いたければKōki,も女優で使ってくれと〝セット販売〟するつもりのようです」(前出・芸能関係者)

 

フルート奏者の長女・Cocomiも、昨年末の『NHK紅白歌合戦』をはじめ、テレビ番組で工藤と〝親子共演〟を果たしている。

 

「父親が所属するジャニーズ事務所の創業者・故ジャニー喜多川氏の性加害事件が国際的な問題に発展し、〝人類史上最悪の性虐待事件〟とまで断罪されている。こうなると、海外ブランドはモデルとして2人の娘を使いにくい。今後も、親子の〝セット販売〟が増えそうです」(前同)

[週刊実話]

 

静香さんの新曲については、「科捜研の女」の主題歌に決まったということ以上に、キムタクの独立を匂わせているということで話題になっていました。

 

木村拓哉がジャニーズから独立へ!工藤静香が新曲「勇者の旗」であからさまに退所を匂わせる

 

ですが、結局のところ、キムタクが独立するという可能性はかなり低いようです。

 

少し前には、とある化粧品会社がキムタクの起用を見送ったとの報道もありましたが、

 

来年初めには、舞台を警察学校に戻した主演ドラマ「教場」がスペシャルドラマとして放送されること、さらに来春には第一作、第二作とも好評だった主演ドラマ「BG」の第三作がスタートするとも言われています。

 

 木村拓哉の「BG3」と「教場SP第三弾」が決定!静香もちゃっかり・・

 

[以下引用]

 「木村さんは家族思いですから、娘さんのことは心配しているでしょう。でも、今はさすがに独立するつもりはないようです。事務所が不安定な今だからこそ“オレが支える”という気概を持っているのだと思います。なんでも、意識的に内部の士気を上げる役を買って出ていて、“大変な状況だけど、頑張ろうぜ!”というスタンス。周囲からすれば事務所の大先輩ですから、自分だけのことを考えていられないという思いでしょう」(木村の知人)

[週刊女性PRIME]

 

考えてみると、レジェバタは興収約30億円で「赤字だ!」と騒がれてましたが、あの脚本でそこまで数字を伸ばしたのはキムタクだったからこそ。

 

もし、他の俳優が主演だったら数分の一だった可能性は高いですし、ここに制作費20億円も注ぎ込んでしまったのは東映の失態であって、キムタクに全責任を負わせるのは酷。

 

また、「教場0」はキムタクにとって初めてとなる”全話視聴率二桁割れ”となってしまいましたが、こちらも刑事ドラマとして脚本や演出が「非現実的」「安直過ぎる」と批判を浴びていました。

 

 

キムタク人気が全盛期と比べて落ちたのは事実にしても、彼に代わるほどの存在がいるかといったら疑問でしょう。

 

って、なぜかキムタク擁護になってしまいました。。

 

 

真剣佑のせいで東映が倒産寸前!?「聖闘士星矢」一つで「ONE PIECE」「スラムダンク」「プリキュア」の大成功が帳消しに

 

Kokiさん、「科捜研の女」に出るんでしたっけ?

 

まあ、いきなりメイン級の役を貰ったら批判を浴びるかもしれませんが、チョイ役くらいなら逆に話題になってメリットも大きいのでは?

 

彼女もまだハタチですし、女優としてこれから経験を積んでいけばキムタクの以降や静香さんのコネを使わずとも、それなりに活躍できるはず。

 

ですよね、杏さん!?

 

◆モデルから女優へ、フランス語が得意、親が有名人、、共通点が多いです。

 



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

工藤静香さんが半狂乱になっているといいます。

 

なんでも、ジャニーズの性加害問題によって夫・キムタクが資生堂からNGを突き付けられたことでキレてしまったらしく、

 

「家族のためにも早く独立して!!」

 

と迫っているんだとか・・

 

◆誰だか分かりますよね!?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【北斗の拳】COSPA コスパ Tシャツ ハート様  ブラック M/L/XL

価格:3,190円(税込、送料別) (2023/7/21時点)


楽天で購入

 

[以下引用]

木村は、7月14日に公開がスタートしたスタジオジブリの劇場作品『君たちはどう生きるか』に声優として参加。公開日まで出演陣がシークレットだったことで、サプライズとして各メディアで報じられた。

 

「木村は『特別出演』という一人だけ別枠な形を取り、主人公の父親役を演じた。自然な演技を見せ、ファンもどのキャラが木村かわからないという書き込みがTwitterにあふれたほど。2004年には同じくジブリ作品の『ハウルの動く城』でハウル役を務めた木村ですが、声優として実力を示した形となりました」(スポーツ紙記者)

 

そんな木村には悪いニュースもあり、所属するジャニーズ事務所の性加害騒動の影響で、大手化粧品会社のCMが白紙になったと「週刊文春」で報道された。

 

 「化粧品会社はアジアをはじめ世界展開するため、性加害騒動が収まらないジャニーズ事務所に所属するキムタクの起用を見送ったという話です。この流れから考えれば、現在キムタクが出演している日産自動車もグローバル企業なだけに、CMの継続が難しくなるのではないかと言われている」(民放関係者)

 

 資生堂がジャニーズNGに!木村拓哉の新CMが消滅した理由

 

 「ここ最近、テレビ関係者の間でキムタクの独立話が広がりはじめている。理由としては、性加害騒動でCMが立ち消えになったことに、妻である工藤静香さんが激怒したからだとか。工藤さんは故・メリー喜多川氏と仲が良かった。

 

ただ、ジュリー氏は下に見ている傾向があり、キムタクの売り方にも不満を漏らしている。また、ジャニーズ事務所の性加害騒動の対応の悪さにもカンカンで、これ以上キムタクが所属している意味はないと独立を勧めているようです」(民放関係者)

 

さらに工藤は、これ以上にわたって木村が性加害騒動で揺れ動くジャニーズ事務所にいてもらっては困る理由があるとか。

 

 「工藤は娘二人の世界進出を目論んでいる。姉のCocomiはフルート奏者、妹のKokiはモデル兼女優として。特にKokiに関しては工藤のコネを使ってブルガリ、シャネルのアンバサダーやアメリカに本社がある化粧品メーカーの『エスティローダー』のモデルも務めた。

 

そして現在はハリウッドデビューを目指し、演技の勉強をしているところ。その2人に、キムタクの娘ということで、火の粉がかからないとも言えない。娘たちのためにも、早くジャニーズを辞めろと、木村に迫っているようです」(週刊誌記者)

[日刊サイゾー]

 

 

工藤さんの優先順位を考えると、もう出たくて出たくて仕方ないでしょうね。

 

◆だってこんなにあからさまに匂わせてるもの

工藤静香のあふれる思い→ geinou ranking geinou reading

工藤静香のあふれる思い→ geinou reading geinou ranking

 

SMAP解散騒動のとき、本来は5人そろって退所のはずが解散となった原因が木村さんにあると報じられた静香さんは、フライデーの取材に対し、「あの人たちはお金をとったけど、私たちは人をとった!それの何がいけないの?」と思いのたけをぶちまけました。

 

 

ルールを無視した工藤静香。中居正広ら4人はお金、木村拓哉は人をとったと主張。

 

しかし人をとったと言うときれいに聞こえますが、完全に詭弁です。

 

そもそもジャニーズ事務所がなければSMAPの成功もなかったと言われればそれまでです。

 

けれども、デビュー当初売れなくて放置されていたSMAPを担当し国民的グループなんて言われるまで成長させたのはジャニーさんやメリーさんではなく飯島さんです。

 

そしてSMAPの存在があったからジャニーズ事務所の基盤がより強固になったというのは間違いないはず。

 

それなのに、2016年、文春にジャニーズの後継者問題と派閥問題について直撃を受けたメリーさんが何を言ったかというと、

 

「ジュリー以外に後継者がいるの?どんなに優秀だろうと飯島は従業員でしかない、私の娘が継ぐことの何がおかしいの?!」

「私が大事にするのはタレント、家族。従業員までは手が回らない」

「ジャニーズのトップは誰?飯島答えなさい」→「近藤真彦さんです」

「SMAPがうちの子たちと共演できないのは、SMAPが踊れないからです!!」

 

そして仕上げに

「対立するならSMAP連れて出ていきなさい!」

 

などなど。

 

※マジで一読をお勧めします。

[Amazon]

 

「『対立するなら』SMAPを連れて出ていきなさい」なので対立しないなら出て行かなきゃいいわけですが、どれだけ貢献しても感謝の言葉がないのみならずあれだけの暴言を吐かれたら、そりゃ出ていくよ!となるでしょうに。

 

この後ジャニーズ事務所からマネージャーなど人材流出が相次ぎネット媒体で求人を出すまでになったのは間違いなくメリーさんの発言で将来に希望が持てなくなったからでしょうね。

 

たとえ第二のSMAPを作り出したとしてもないがしろにされる未来しかないわけですから。

 

そういう経緯がつぶさに文春で記事になっているのに、工藤さんが「私たちは人をとったんです!(キリっ)」とか言ってもまるで響きません。

 

人をとるというなら、なおさら直接お世話になり、ともに苦労した仲間と一緒にジャニーズ事務所を離れたんじゃないの?と。

 

それなのに事務所に残り、SMAPが解散したら工藤さんはSNSを始めて家族アピールするし、娘たちは次々とデビューするし。

 

当初メンバーとともに退所を考えていたキムタクを「家族のことを考えて!」と引き留めたという報道は正しかったんだろうなと思います。

 

つまり、静香さんが最優先にするものは娘であると。

 

そうならば、これはもうジャニーズを出るしかないでしょう。

 

だって、ヨーロッパには、ジャニーズ所属のアイドルが参加するならW杯に出場しない、という国もあるわけです。

 

 

Aぇ! groupのデビューが消滅!W杯バレーボール参加国からのボイコット抗議で急遽取りやめに

 

現時点で「キムタクの娘」という肩書を使わずに仕事をとれるならわかりませんけど、日本国内ですら、Koki,さん、Cocomiさんを話題にする記事では「木村拓哉、工藤静香の娘の」という修飾子がつくことを考えるとどうでしょう。

 

そして肝心のキムタクも、ジャニーズ事務所であることを理由にCM起用のチャンスがなくなったとなると、もはやジャニーズにいる意味がないことに。

 

いやー静香さんもまさかこんな未来があるとは思っていなかったでしょうね。

 

今頃キムタクに、「家族のことを考えて!」と退所を迫っているのでは。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,さんが「ブルーリボン賞」新人賞を受賞したことが話題になっています。

 

 

 

 

今回Koki,さんが受賞したブルーリボン賞は1950年に創設された日本の映画賞であり、現在の主催は東京のスポーツ7紙(スポーツ報知・デイリースポーツ・サンケイスポーツ・東京中日スポーツ・東京スポーツ・スポーツニッポン・日刊スポーツ)の映画担当記者で構成された「東京映画記者会」です。

 

前年末までに記者会員全員による投票で選ばれたノミネートの中から選考会で合議ののち投票で過半数を得た作品・人に賞が贈られ、選考にあたっては、演技だけでなく、映画に対する姿勢や人格も対象とする、とされています。

 

そのブルーリボン賞の新人賞に、映画「牛首村」で俳優業デビューしたKoki,さんが選出されたことで、ネットでは、

 

「Koki,さんが初めてなのに立派に双子を演じ分けていた」

「非難する人は作品を観てないはず」

「新人とは思えない演技だった」

 

という、肯定的な意見もあるにはありあります。

 

しかし一方で根強いのは、親の七光り、静香のゴリ押し、自分には力がないくせに、という否定的な声。

 

これはもう、仕方ないですよね。

 

なんせ映画に出たことがないときに映画賞を受賞している人ですから。

 

Koki,、映画に出てないのに映画賞受賞でゴリ押しの極み!!一方母工藤静香は土足で室内写真を公開

 

その当時から、今後はきっと、ベストジーニスト賞にベストドレッサー賞は当然として、漫才してないけどM1も獲るし歌ってないけどレコード大賞を獲るなんて言われていましたから、ブルーリボン賞くらいならあり得たのでは。

 

そもそもが、Koki,さんが木村拓哉さんと工藤静香さんの娘であることは事実であり、デビュー自体が七光りなしにはあり得ない破格の扱いでしたから。

 

そして、何かというと「尊敬する人は父親(または母親)」「演技のアドバイスは父親」「父親の作品を観て勉強した」等々、常に家族アピールをしていますし。

 

演技については、 監督や演出家の方に聞いたりはしなかったんでしょうかね?

 

こうまで両親の存在がアピールされていたら、何をやっても何があっても親の存在が思い出されるのは仕方ないと思います。

 

それに、キムタク&静香の娘が女優デビューしたのに何の賞にもひっかからないというのはあり得なかったのかも。

 

しかしそうじゃない、他に理由がある!というのがこの芸能ジャーナリストさんの分析です。

 

[以下引用]

芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が今回の受賞の背景について解説する。

 

「ブルーリボン賞の新人賞に関しては演技力もさることながら、話題性も重視されていると思います。その点に関してKoki,さんは大きく貢献している。過去にも新人賞は2人選ばれたこともあるので、今年は“他に受賞するに値する演技派がいなかった”年ともいえる。 

 また、工藤静香さんの“ゴリ押し”との声もありますが、無理をしてまで獲らせる賞であるかも疑問です。あるとしたら、彼女と懇意にしているスポーツ紙が“忖度”で票を入れたという可能性。ただ、それだけで受賞結果それ自体を動かせるとは考えづらいですね」  

 

現在、彼女は2作目となるアイスランド映画『Touch(原題)』の撮影が大詰めを迎えている。誰もが納得する“演技力”をみせられるか──。

[週刊女性プライム] 

 

 

個人的には、「親の七光りで受賞」も情けないですが、「他にいなかったから受賞」も誇れないかなあと思います。

 

もしそんな消極的な受賞理由だったとしたら、ブルーリボン賞新人賞の価値が下がるのでは。

 

ちなみに2000年以降のブルーリボン賞新人賞受賞者はこちら。

 

<2000年代>

藤原竜也(2000)、柴咲コウ(2001)、小西真奈美、中村獅童(2002)、石原さとみ(2003)、土屋アンナ、森山未來(2004)、多部未華子(2005)、檀れい、塚地武雅(2006)、新垣結衣(2007)、吉高由里子、リリー・フランキー(2008)、岡田将生、木村大作(2009)

<2010年代>

生田斗真、桜庭ななみ(2010)、芦田愛菜(2011)、マキタスポーツ(2012)、黒木華(2013)、小芝風花(2014)、石井杏奈(2015)、岡村いずみ(2016)、石橋静河(2017)、南沙良(2018)、関水渚(2019)

<2020年代>

奥平大兼(2020)、河合優実 (2021)、Kōki,(2022)

 

こう見ると、特に2000年代はなかなかいい人選だったんじゃないかと思いますし、2010年代の受賞者たちもこれからが楽しみな人が多いです。

 

Koki,さんが息の長いしっかりした女優として歩んでいくのか、それとも気づいたらいなくなっているのか。

 

2018年のデビューから5年になるのに未だニュースになるときは「木村拓哉と工藤静香の次女」と言われてる時点で難しい気もしますが…。

 

ちなみに女優としての第二作がアイスランド映画「Touch(原題)」ヒロインだそうで。

 

ヒロインと言っても、ヒロインの若かりし頃だという話もありますが、毎度「そこいくか」という展開ですよね。

 

キムタクですら俳優デビュー時は脇役からやってきたというのに。

 

Koki,さんはより多くのものを背負って大変ですが、頑張ってほしいものです。

 

◆これができるのが芸能人なのか…工藤静香のドリンキング動画

むず痒くなること間違いなし!→ geinou ranking geinou reading

むず痒くなること間違いなし!→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング