タグ:kokiの記事一覧

タグ:koki
工藤静香が一般人を批判!そんな母を「理想の女性」と言うkoki,

工藤静香さんが飛行機で出会った非常識おじさんについて苦言を呈したところ、賛否両論となっております。

 

一方、娘のKoki,さんは理想の女性として母・工藤静香さんの名をあげました。

 

 

※・・・!

 

 

工藤静香の主張

 

工藤さんはインスタのストーリーで、鹿児島でのディナーショーの帰りに飛行機で乗り合わせた乗客の迷惑行為について次のように指摘しました。

 

「鹿児島からの飛行機機器トラブルでなかなか飛ばず、他の便でなんとか帰ったのはいいけど、咳をガンガンしてマスク無し。これ良くないと思います。おじさんしっかりマスクして下さい」「と言っても私より年下かな?笑」「咳しながら身体浮いてたし。1時間以上同じ並びで本当に辛かったです。私はマスクをしていましたが、あまりにも酷いジャンピング咳だったから、守れた気がしない」「咳して口抑える代わりに、鼻ほじってましたから。。。おじさーん涙」

 

 

[以下引用]

これに対して、ネット上では「確かに最悪。おじさんはマスクしない人多い」「迷惑な人ですね。咳エチケットがなってない」という賛同の声もある一方、「咳でも風邪じゃないのもある」「喘息って一度咳き込むと中々治らないんだよね。ブログで文句言う前にキャビンアテンダントさんにお願いして、乗客に一言言って貰えばよかったのに」と乗客側にも理由があったのでは、との見方も。

 

また、「喘息や持病の可能性がある人、一般人に対し『咳しながら浮いてた、鼻ほじってた』までインスタで拡散し、その上、7万人があなたのこと批判してるまで書かれて、可哀想過ぎる。工藤って人の悪口ばっかりだよね」と芸能人である自身の影響力をもっと考えるべき、という意見もあった。

 

[リアルライブ]

 

周りへの迷惑を気にしない人がいるのは事実ですし共感する人も多いです。

 

しかし、SNSでそれについて言及しても、その人には伝わらないのも本当です。

 

芸能人が何か注意して絡まれても大変だと思いますし、第一言いづらいのも分かりますが、消えるのが前提のストーリーで文句を爆発させるくらいならCAさんに言えば良かったですかね。

 

しかしストーリーなので世に出ていたのはたった24時間なのに、そんなものでもコメントが集まっているとは。

 

工藤さんも喜んでいるのではないでしょうか。

 

 

理想の女性は母・工藤静香です by koki,

 

ただ今回のことでも、家族は似ると言うし、キムタクや娘もこういう考えなのかなとコメントしてる人もいます。

 

いろんな意味で注目されるようになって、元アイドルの工藤さんとしては自己顕示欲が満たされていると思いますが、家族への影響を考えると、いろいろ考えたほうがいいような。

 

ちょうど今日行われたブルガリのイベントに出演したKoki,さんは、将来なりたい女性像を問われ、「母のような女性」「お母さんはいつもサポートしてくれて、自分より私のことを考えてくれる。大好きです」と答えていますが、ジャンピング咳のおじさんへの苦言の仕方を引き合いにする人もいます。

 

日常をあまりに表に出すことで、木村さんのイメージにも影響が出ています。

 

芸能人だっていつもオシャレでいかにも美味しそうなものばかり食べてるわけじゃないのはなんとなくわかりますが、それを実際に画像で見せるのも、ねえ。

 →木村拓哉に貧乏疑惑

 

 

 

◆これは凄い発見!Koki,の衣装がアノ人と丸かぶり

な、なんと!→ geinou ranking geinou reading

な、なんと!→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

Koki,、映画に出てないのに映画賞受賞でゴリ押しの極み!!一方母工藤静香は土足で室内写真を公開

Koki,さんが映画に出ていないのに映画の新人賞を受賞する一方で、母工藤静香さんがホテルのバスルームで土足で全身撮影し話題になっています。

 

 

 

 

映画未出演で初のライジングスター賞を受賞した娘・Koki,

 

[以下引用]

木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女で、今年5月にモデルデビューしたKoki,(15)が26日、都内で行われた、「ELLE CINEMA AWARDS 2018」の授賞式に出席した。エンタメ界において今年最も輝いており、これからの活躍を応援したい女性に贈られる「エル・ガール ライジングスター賞」を獲得。15年に創設され、翌16年から個人表彰が始まった同映画賞で、映画出演の経験がない受賞者は初めて

[デイリースポーツ]

 

これすごいですね。

 

「エル シネマアワード 2018」は「ELLE」が文化人や映画ジャーナリスト、ファッション関係者ら約40名を迎え、独自の視点でその年のナンバーワンの映画を選ぶものです。

 

Koki,さんが受賞した「エル・ガール ライジングスター賞」以外には、日本の映画界で輝く女優に贈る「エル ベストアクトレス賞」、今年目覚ましい活躍をした男性に贈る「エル メン賞」、「エル ベストディレクター賞」があり、それぞれ寺島しのぶさん、東出昌大さん、三島有紀子監督が受賞しました。

 

が、映画に出たこともない人が映画賞を受賞した時点で、他の受賞者はどういう顔をしたらいいのかわからなくなってしまいそう。

 

ELLEとしては、今年話題作りに大いに貢献してくれたKoki,さんになんとか恩返し、みたいな感じなのかもしれませんが、ものすごく逆効果な気がします。

 

もしかするとここから怒涛のいろいろ受賞が始まるんですかね。ゴリ押し全盛期の剛力彩芽さんがメガネドレッサー賞やらなにやら受賞したときのように。

 

 

◆メガネドレッサー賞が出来レースなのをばらしたのは

この女優→ geinou ranking geinou reading

この女優→ geinou reading geinou ranking

 

 

土足で室内写真を撮った母・工藤静香

 

娘がそんな意味不明の賞を受賞する裏で、母工藤静香さんはこんなちっさなことで話題になっていました。

 

[以下引用]

工藤は現在、ディナーショーの最初の開催地である愛媛県にいるようで、「ここ愛媛県今治国際ホテルからディナーショーがスタートします。最後まで風邪を引かずに頑張れますように」と抱負を綴る。そして、「素敵な大理石」というコメントとともに、バスルームと思われる場所での全身自撮りショット写真を添え、「今日もテーブルがかなり足され、後ろまでギッシリです」とディナーショーが満員御礼であることを明かしていた。

 

ファンからは「静香さんスタイル良すぎ」など工藤の美貌を称える声もあったが、ネット上では「見上げるようなアングルで撮ったら普通の人も足長に撮れる」「スタイルが良いよりガリガリ」といった批判も続々挙がることに。また、撮影した場所がバスルームということもあり、「どこで撮ってんの?バスタブをブーツで踏む神経」といった批判もあった。

[リアルライブ]

 

それがこちらの写真です。

 

 

 

踏んでいるのはバスタブではなくバスマットですかね。

 

大理石がステキだと褒めながら、そこで土足で撮影するのはどういうことなのでしょうか。

 

玄関ではなぜダメだったんでしょうね。

 

…といったよく分かる批判はもちろんのこと、若干こじつけも感じるような投稿でもなんでもこのところ工藤さんのSNSは話題になっており、これまでインスタ芸人と言われてきた浜崎あゆみさんを凌ぐ勢いです。

 

そんなにたびたび批判の的になって心労も大きいのではと思うのですが、まったく気にも留めていない様子だそうで。

 

[以下引用]

「もちろん現在のSNSのようなツールがなかった時代。彼女の周囲には苦情や批判、中には脅迫まがいの電話や手紙などが連日、寄せられたと言います。結婚、出産後、表舞台に出ない時期が続きましたが、木村のイメージを守るとともに、幼い娘たちに危害が及ぶのを心配しての事だったとも。

彼女にしてみれば、今のネットの批判なんてあってないようなものではないですか? まあ、インスタに寄せられた批判に自ら応えたり、『週刊文春』の“炎上”指摘に反論したり、負けず嫌いなのは間違いないですが」(同・芸能レポーター)

[週刊女性プライム]

 

「アタシもっと地獄知ってるし」みたいな感じでしょうか。

 

または、SMAP解散前までの日陰の存在のような生活を思えば、こんなに話題になるということのありがたみということなのか。

 

やっぱり芸能人、並のメンタルではやっていけませんね。

 

身を挺したSNS作戦が功を奏したのかどうなのかわかりませんが、ディナーショーも連日満席だという工藤さん。

 

これからも鉄のメンタルでいろいろと巻き散らかすのでしょう。

 

夫・木村拓哉は今何位?→ジャニーズ人気投票2018

 

◆むず痒くなること間違いなし!

工藤静香のドリンキング動画→ geinou ranking geinou reading

工藤静香のドリンキング動画→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

話題騒然!koki,が父・木村拓哉とのツーショット画像公開も、かなり独特

今日、11月13日は木村拓哉さんの誕生日。

 

次女・Koki,さんは朝からインスタを更新し、父・キムタクへのメッセージとツーショット画像を公開しています。

 

 

 

 

[以下引用]

Koki,は「お誕生日おめでとう!ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった。沢山の愛を込めて」と祝福。木村と思われる人物が写っている逆光で撮影された2ショットも公開した。

 

ネット上には「めっちゃ素敵なコメント~」「木村くんも嬉しいだろうな」「かっこいい家族だなあ」「なんて美しい親子!!」など様々な声が続々と上がっている。

[モデルプレス]

 

Koki,さんはこの日本語のメッセージの前には英語でも同様の内容を書いて、そして公開したのがこちらの画像です。

 

 

 

 

公称身長は、Koki,さんが170センチ、木村さんが176センチ。

 

美しいですけど、親子でこういう写真ってどういうシチュエーションで撮るんでしょうね。

 

まあ、ジャニーズですから顔を出すのはまずいとしても、逆光ならOKって、そんなモノ?

 

しかもこんな恋人同士のような写真…。

 

そしてこんなプライベートなメッセージをSNSで世界へ発信する意味は。

 

家で直接カードにでも書いて渡した方が良いような。

 

ネットでは「抱き合ってる?」「どんなポーズなのよこれ」「気持ち悪い」「祝いたいなら直接言えばいいのに」「家庭を匂わさなかった木村拓哉はもういない」「せめてキムタクは共演NGを貫いたほうがよかった」「存分に静香もキムタクも利用することにしたんだね」等々の反応が。

 

当初親の名前を隠してデビューするつもりだった、というのがますます作り話に思えてきました。

 

ところで、工藤静香さんの方のインスタですが、このところずっと動画を公開するのがブームなようで、いつも大音量のクラシックをBGMにケーキや謎の何かをカットするところやゼリーをすくったりつまんだおかずをカメラに近づけたりと、ちょっとおもしろいです。

 

今日は木村家ではどんなお祝いがあるのでしょうか。

 

◆工藤静香のスタートがコレだと思えば今は格段のレベルアップです

秘技!なんでも丼!→ geinou ranking geinou reading

秘技!なんでも丼!→ geinou reading geinou ranking

 

※髪型よく似てる

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

衝撃!Koki,が秋元康プロデュースで歌手デビュー!狙うはポスト安室奈美恵

今年モデルデビューした木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,さんが秋元康さんプロデュースで歌手デビューを画策していると週刊新潮が報じています。

 

 

※母・工藤静香さんと秋元康さんは縁が深いです

 

 

デビュー半年足らずでインスタグラムのフォロワー数は130万人オーバーとその注目度はかなり高いですが、Koki,さんは今後モデルだけに留まるつもりはないんだとか。

 

 

[以下引用]

さる芸能関係者が言う。

 

「Koki,は、フルートが得意なだけでなく、作曲もして、母親の静香や歌手の中島美嘉に楽曲提供するほど音楽に明るい。その上、実は歌が上手いと評判なのです。歌声を聴いた人は、宇多田ヒカルのようなのになぜ歌手デビューさせないのかと言うくらいだそう」

 

静香は元々、おニャン子クラブからソロデビューするや、バブル期を代表する実力派として鳴らした。一方のキムタクも、解散したSMAPの中では歌唱力があると言われていたから、娘に素質が引き継がれていても不思議ではない。

 

「実際に歌手デビューの計画が進行していると聞きます。つまり、これまでの売り出し方は、歌手活動に向けた下地作りというわけ。静香が娘の売り出しに熱を入れていることからも、デビューとなったら、母親人脈の秋元康プロデュースでは、と言われています」(同)

[デイリー新潮]

 

宇多田ヒカルさんって…えっ!?

 

※ネットで聞けます

[Amazon]

 

確かに宇多田さんもバイリンガルで15歳でデビューした二世芸能人ですが、その歌唱力の高さは一線を画するものがありました。

 

そんな宇多田さんと同列に並べて、かなりハードル上げちゃってますが大丈夫でしょうか。

 

もし本当に宇多田さんレベルの歌唱力があるなら、完全に売り出し方を間違えたと思います。

 

宇多田さんレベルに歌えるなら放っておいても話題になったと思うんですよね。

 

話題のドラマの主題歌か大手のCMとタイアップして、キムタク似の顔を出さず、とにかく正体不明の感じでも、本当に実力があれば人気が爆発したのでは。

 

まあ、タイアップだけは親のコネを使っていたら近道でしょうが、もし本当に自信があるならYou Tubeでも良かったと思います。

 

で、売れに売れた後に顔を出して、え、なんかキムタクに似てる、もしかして?となったころに、実はキムタク次女だった!とスクープさせさらに人気爆発。

 

このパターンだったら誰も親の14光なんて言わなかったでしょうに。

 

※そういえばこの人も親以上の歌唱力と言われてましたっけ。

[Amazon]

 

しかし、週刊新潮がKoki,さんの所属事務所に直撃したところ、「本人の希望はモデルです。将来はわかりませんが、歌手はないと思います」と答えたとのこと。

 

とはいえ、週刊新潮ではファッション関係者が「世界的なモデルとしては、彼女の170センチの身長も十分ではないし、顔もアジア的でないため受けが悪い」とコメントしており、将来的にモデルとして成功を収めるかとなると、やや疑問符が付くという見解を示しています。

 

かといって国内でのモデル活動のみ、というのも考えられず、実力と努力が勝負の歌手に現実味があるというのが業界人の見方です。

 

[以下引用]

では、デビューの商機はいつなのか。先の中森氏は、

「“平成の歌姫”と言われた安室奈美恵が引退し、“ポスト安室”は空席です。かつて、山口百恵が引退することになって、急遽、レコード会社の中にチームが編成され、誕生したのが松田聖子でした。それに倣えば、これだけレールの敷かれたKoki,プロジェクトが、ここを狙わないわけがないのでは」

 

元号が変わるのは、来年5月。その前後にデビューの可能性が高いと言うのだ。

[デイリー新潮]

 

Koki,さんのデビューは『エル・ジャポン』の表紙で、当初は親の名前を出さずに活動するはずが「スポーツ紙のスクープによりやむなく」明かして活動開始。インスタグラムを週一ペースで更新し露出しながらブルガリやシャネルのアンバサダー就任、大手CM出演、全国74紙をジャックしての全面広告と、新人タレント一人の売出しとしては極めて大掛かりであり、行き当たりばったりではなっくかなり以前から練られた計画だとこの中森さんは指摘していました。

 

だからこそ、安室さんの引退後の空席ももとより視野に入れていたというのですが…

 

宇多田ヒカルさんの次はポスト安室さんとは、ハードルを上げすぎて、本当にKoki,さんが気の毒になってきます。

 

しかし、Koki,さんの歌唱力が本当に素晴らしいんだとしたら、組む相手は秋元康さんではないほうがいいのでは。

 

秋元さんと組んだらAKB系のアイドルと同列のイメージが付き、それは決して宇多田さんや安室さんとは重なりません。

 

歌手デビューをするなら来年5月頃ということですが…新潮のスクープになるのかどうか。

 

 

◆工藤静香の口ずさむ歌がちょっと寒い

閲覧注意!→ geinou reading geinou ranking

閲覧注意!→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング