タグ:EXIT
ホームPage 1 / 212

 

EXITの兼近大樹さんが自身がプロデュースするブランド『EXIEEE』(イグジー)の記者発表会に出席した際に発した不適切発言が炎上しています。

 

 

 

 兼近大樹「コロナよりはやらせる」

 

[以下引用]

『EXIEEE』は、見ると〝元気になる服〟というコンセプトで、カラフルなグラフィック風プリントやポップなブランドロゴが施されたデザインが多くを占めている。会見場で今後の展望について聞かれた兼近は、フリップに「コロナよりはやらせる」と書いて発表。デリケートな新型コロナウイルスの話題に軽々しく触れたことに、相方のりんたろー。がツッコミ風に大慌てでそれを隠すも、兼近は「今日のイベントも、コロナが理由でなくなるかもしれないと言われていた。コロナはこれ以上、はやらせたらマズイので、代わりに『EXIEEE』をはやらせようということで、〝コロナよりはやらせる〟にした」と、コロナを引き合いに出し続けた。

[まいじつ]

 

ここでコロナはないですね。

 

マスクやアルコール消毒が品薄になり手に入らない中、日々感染者数が増え、亡くなる人もいるのに…

 

ネットには「やっぱりこういう人なんよ」「意外といい歳なのに本気で馬鹿だよね。」「人として頭が悪い」「言って良いことと悪い事の区別がついてない」「重篤患者や亡くなった方の遺族の前で言えるのか」といったコメントが。

 

 

兼近大樹の「チャラそうに見えて実はいい人」キャラ崩壊

 

[スポンサーリンク]

 

兼近さんというと思い出されるのが、昨年の9月に週刊文春が報じた過去の逮捕歴です。

 

EXIT兼近大樹終了!過去の逮捕歴発覚!本人は笑顔で認めるも、世間は犯罪の内容にドン引き

罪を償っているのに過去の逮捕歴で仕事を奪うことはしないと吉本興業が全面的に味方になり干されることなく仕事をしてきた兼近さん。

 

EXIT兼近大樹のウソ発覚!金庫強盗で逮捕の過去を否定も…しかしこれで干されることはない理由

最近ではこんなことも。

 

[以下引用]

兼近が「何か正直、今一番YouTubeが楽しくなっちゃって」と本音を漏らした。

 

その理由として、テレビは「収録時間がバカみてぇに長ぇ上に、信じられないくらい(ひな壇に)座らされて、ワケ分かんない人たちの話とか聞いて放送されるのは一瞬」という〝コスパの悪さ〟が不満だと説明。他にも「若手はワイプ芸が大事とか意味分かんないルールがある」「どんだけヤラされんだ」などと不満を爆発させる兼近に対し、相方のりんたろー。は「テレビ出れなくなっちゃうよ」と大慌てで制し、テレビもYouTubeも「両方ガンバリたい」とフォローするのだった。

[まいじつ]

 

うん、You Tubeに集中すればいいんじゃないですかね。

 

もう十分テレビで顔を売ったんでしょうから、You Tubeへの集客もできてるでしょうしYou Tubeこそ「嫌なら観るな」が該当しますし。

 

そこで好きなことをやっていればいいんだと思います。

 

『24時間テレビ』でヤラセの被害者になったときは気の毒だと思いましたけど…

 

24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

もはやあえて嫌われてテレビから消えようとしてるんじゃないかという気もしてきます。

 

◆こういうの、全部なんだったの?

兼近大樹好感度ぶち上げ案件→ geinou ranking geinou reading

兼近大樹好感度ぶち上げ案件→ geinou reading geinou ranking

 

※イケメンに見えないけど高い

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※兼近大樹さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

先週発売の週刊文春で少女斡旋の過去で逮捕されていたことが明らかになったEXIT兼近大樹さんが、ウソをついていたことが明らかになりました。

 

 

 

 

EXIT兼近大樹の「金庫強盗で逮捕」疑惑

 

 

少女斡旋の罪についてはあっけらかんと認めた兼近さんでしたが、週刊文春が他にもう一つ関わった金庫強盗の一員として逮捕された刑事事件について疑惑をぶつけたところ、そちらはあくまで参考人としての事情聴取であり、10日ほど勾留されたのちに釈放されたが逮捕はされていないと答えていました。

 

 

EXIT兼近大樹が謝罪文発表も拒絶反応!吉本興業は週刊文春に対し保的措置の構え

 

週刊文春の記事の中では北海道警察の人が「一般論として、逮捕後に検察官が裁判所に対して勾留請求を行い、勾留の手続きをするわけです。逮捕されず勾留するというのは聞いたことがない」と答えるにとどまっていました。

 

が、ビジネスジャーナルにコメントを寄せた弁護士によると、「本人は『逮捕はされてない』と否定しているとのことですが、逮捕されずに10日間勾留されることは刑事訴訟制度上、絶対にあり得ません」とのこと。

 

つまり、兼近さんがウソをついていた疑惑は文春報道時からあったわけですが、今回やはり逮捕されていたことが判明しました。

 

 

 

「逮捕されていない」はEXIT兼近大樹のウソなのか

 

[スポンサーリンク]

 

こちらが当時の新聞の記事です。上段左のほうに「逮捕されたのは(中略)兼近大樹容疑者(21)ら」とあります。

 

 

 

これで兼近さんの「逮捕はされていない」が覆されてしまったことになるわけですが…

 

ただわからないのが、10日の勾留で釈放されたということ。

 

刑事事件ですし逮捕され要件を満たせば起訴され罰を受けることになると思うのですが、そうならなかったのは、あくまで犯罪の実行行為は行っていないとか、計画の段階から主体的に関わったわけではないとか、そういうことなのでしょうか。

 

吉本興業も週刊文春への抗議文の中で、「何らの刑事処分を受けていない事実についても、あたかも兼近が犯罪行為を行ったかのように伝えており」と書いていますし。

 

「逮捕」というのも、なんだか最近よくわからなくなってきました。

 

今年5月、池袋で車が暴走し複数の死傷者が出た事件がありましたが、事故を起こした本人は逮捕されず、任意での事情聴取となり「容疑者」呼びもされていません。

 

これは明らかに同様の暴走事故とは扱いが違い、その理由は事故を起こした人が元通産省官僚だからじゃないかと言われ世間の反発を買い、遺族が厳罰を求める署名運動を展開したところ、約30万人の署名が集まりました。

 

また、今話題のN国党立花孝志さんが脅迫容疑で任意の事情聴取を受けている件では、新聞では「容疑者」呼びをしていますが、任意の事情聴取である今の立花さんは「被疑者」です。

 

池袋で多数の被害者を出した犯人と立花さんでは罪の重さがまるで違うのに、なんでこうも真逆に扱いが違うのか、こういう差をつけるというのは何かしら印象操作したいという意図があるんじゃないかとなりますよね。

 

なんだかこの辺の表現の仕方っていい加減なんだなあと思っていたタイミングでの今回の兼近さんの件です。

 

珍しくもない事件で気を使うような犯人でもないしと十把一絡げで「逮捕」とし、嫌疑が晴れたその後のことが報じられていないだけなのかも、という気もします。

 

◆ジャニタレにもあったよね

言葉の使い方での印象操作→ geinou ranking geinou reading

言葉の使い方での印象操作→ geinou reading geinou ranking

 

 

しかしEXIT兼近大樹は消えない。なぜならそれをすると…

 

[スポンサーリンク]

 

未成年時代かどうかは微妙なところにしても、既に罪を償っている過去の犯罪歴が週刊誌により暴露されたことについては、プライバシー侵害だとして吉本興業が法的措置も辞さない構えを見せています。

 

文春は、兼近さん本人も「いつバレるか」という状況にいるよりはスッキリしたと話しているとか、あの過去があっての今の兼近さんだ、現在の兼近さんを否定する気はない等々言っていますが、このあたりのことは、しっかり法廷で争ってみてほしいと思います。

 

それとは別に、これで兼近さんが干されるということについては業界内でも異論が上がってるとか。

 

[以下引用]

制作会社関係者はこう話す。

 

「逮捕歴がある芸能人なんていくらでもいますよ。ビートたけし、そのまんま東、坂上忍、稲垣吾郎、草なぎ剛、蛭子能収……など、挙げていったらきりがない。薬物系で逮捕されたことがあるミュージシャンを含めると、相当な数です。

さらに、兼近のように芸能人になる前の若い頃に道を踏み外していたタレントなんて、本当にたくさんいます。複数回逮捕されたことがあるのに、それがバレていないだけのタレントも多い。今回の報道を受けて、兼近の仕事が減るというのであれば、そういった芸能人たちにも何らかの対応をしなくてはならなくなる可能性もあるということで、それはちょっとやりすぎなのではないかと言われていますね。兼近だけを処分するのもおかしいし、今はちゃんと更生しているわけだから、お咎めなしでいいのでは?という声も多いです」

[サイゾー]

 

 

確かに逮捕歴のある芸能人は少なくないですよね。

 

甘い!一般社会なら一発アウト、芸能界が特殊すぎる、全部そうですし、清廉潔白がいいのはもちろんなのですが、過去道を踏み外しても、心を入れ替え自分自身に魅力があれば成功できるのが芸能界なんだとしたら、それはそれなのかもしれません。

 

ただし、心の底から更生していることが必要ですし、何度も薬物を繰り返すとか、変な力関係を利用して汚い関係を強いるとか、そういう人は問題外ですが。

 

兼近さんはここからが勝負なのかもしれません。

 

◆こういう意味で凝りてない人もいるよね

追突事故歴、なんと4回のあの俳優→ geinou ranking geinou reading

追突事故歴、なんと4回のあの俳優→ geinou reading geinou ranking

 

※ところでEXITはおもしろいの?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※EXITの兼近さん、りんたろー。さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

[スポンサーリンク]

 

先日放送された日テレの『24時間テレビ』内のコーナー『ニノのあの人に会いたくない』でヤラセ被害にあったEXITの兼近大樹さんに、逮捕歴があったことが判明しました。

 

今週発売の週刊文春が「吉本芸人EXIT兼近は少女売春あっせんで逮捕されていた」というタイトルで報じるもので、そこでは吉本興業の隠匿体質も明らかになっています。

 

 

 

 

EXIT兼近大樹の逮捕容疑

 

今回週刊文春が報じたところによると、兼近さんは2011年11月に売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたとのこと。

 

当時19歳、とありましたが、女子高生に携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたとのこと。その女性は「小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った」と供述していたそうです。

 

当時兼近さんは全面的に罪を認め、罰金刑の有罪判決を受けたそう。

 

本人に直撃すると、次のようにあっさりと認めています。

 

[以下引用]

「はいはい。そうです。簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」

 

さらに安堵の表情を見せ、次のように語った。

 

「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」

[週刊文春]

 

 

どこまでもキャラ通りというかなんというか。

 

しかしサラッと爽やかに認めていますが、すごい犯罪です。

 

なんせ少女に100人相手させたんです。

 

兼近さんが一人でどうにかしていたのでしょうか。

 

兼近さんは父親の会社が倒産し離婚、母親と妹と暮らし、高校中退後は家計のためにとび職などで働いていたなど壮絶な貧乏エピソード披露しており、それを思えばたいへんだったんだろうなとは思います。

 

でも、1人1万5000円で、少女にも当然取り分は渡していたでしょうから、そんなはした金を違法で倫理的にもおかしいことで稼ぐなら、とび職まじめにやっていたほうが良かったのでは。

 

しかもそんな犯罪を犯していても罰金10万円って…そんなものなのでしょうか。

 

さらにダメージがありそうなのが吉本興業です。

 

 

「誰にも言うな」「絶対ダメ」吉本興業はひた隠し

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

吉本興業の広報担当者はこう回答した。

 

「事件の詳細については回答を差し控えさせていただきます。一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしました」

[週刊文春]

 

 

吉本興業が闇営業騒動の際の聞き取りで初めて知ったなら、ちょっと今は内緒にしとけ!となるのもまあわからないでもありません。

 

とはいえ、別なタイミングでもわざわざ発信はしなかっただろうなと思いますが、それをここで兼近さんがバラすというのは、会社にとってはマズイのでは。

 

なんせ宮迫さんたちの闇営業問題でも「静観」を主張し隠匿体質、なんて言われていましたし。

 

他の芸人たちのなんやかやも、こうやって握りつぶしているものがあるんじゃないでしょうかね。

 

しかし兼近さんが吉本に逮捕歴を告げたのが闇営業のときならほんの2ヶ月ほど前のことのはず。

 

兼近さんの「吉本にはずっと話していて」の「ずっと」は、そんな最近のことなのでしょうか。

 

「ずっと」をつけることで、吉本に責任をなすりつけてる部分もあるような。

 

今回の爽やかな認めっぷりも、もしかしたら「いつかはバレる」と覚悟する中で、そのときはすっとぼけたりごまかすよりはこうやって認めようとシミュレーションしていたのかも。

 

案外ズルいというか計算する人なのかもしれません。

 

ふっきれたのか、兼近さんは明日発売の週刊文春では、「もう一つの警察沙汰」についても話しているそう。

 

肩の荷が下りたってこんな感じなんでしょうね。

 

とはいえ世間の声はそれほど優しいものではありません。

 

そういう系の犯罪には厳しいのが世間です。

 

24時間テレビのヤラセのときは、「チャラいけどピュア」というキャラ付けが一気に暗転するところでさらっと返しました。

 

24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

 

いろいろ経験して今がある、ということかもしれませんが、今回は罪が罪なだけに難しそう。

 

◆こういうの、全部なんだったの?

兼近大樹好感度ぶち上げ案件→ geinou ranking geinou reading

兼近大樹好感度ぶち上げ案件→ geinou reading geinou ranking

 

※兼近大樹さん

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※EXITの兼近さん、りんたろー。さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

[スポンサーリンク]

 

先週末放送された日テレの『24時間テレビ』でのヤラセが話題ですが、今年の『24時間テレビ』の総合演出が昨年ヤラセが問題となった『イッテQ』スタッフだったことで、さらに非難の声が上がっているんだとか。

 

 

※お祭り、楽しかったのに

 

 

2019年の24時間テレビで放送されたヤラセ

 

話題になっているのは、『24時間テレビ』の深夜枠で放送された「二宮和也のあの人に会いたくない」というコーナーのこと。

 

他に出演したチョコレートプラネットの長田さんや武田真治さんの反応を見ても全体に盛った内容だったようですが、一番ひどかったのはEXIT兼近さん。

 

中学時代の元カノエピソードで、兼近さんが告白し交際が始まったのに、当時からチャラくて二股が発覚して破局した、そもそも告白自体が罰ゲームだった、等々、「イケメンでチャラそうだけど根はピュア」という兼近さんのイメージが崩壊する内容でした。

 

しかし直後にEXITの二人と元カノがそれぞれSNSでヤラセを告発。EXITの二人はすぐにツイートを削除したものの、元カノはBPOへ訴えることも考えているよう。

 

24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

 

 

 

『イッテQ』にも飛び火した理由

 

[スポンサーリンク]

 

そして今飛び火しているのが『イッテQ』です。

 

[以下引用]

今年の『24時間テレビ』の総合演出は、昨年、存在しない祭りをでっち上げるやらせ疑惑が大きな問題となった『世界の果てまでイッテQ!』のチームが手がけており、やらせ体質が抜けきれていないのではと、視聴者も不信感を募らせています」(テレビ誌ラーター)

[サイゾー]

 

 

日テレは週刊文春が報じた「お祭り男」企画のヤラセ疑惑を認め、BPOは「放送倫理違反があったと言わざるを得ない」との見解を示しています。

 

 

日テレが疑惑を認めた!『イッテQ』のでっち上げ2つ目発覚で謝罪も週刊文春は追い込む

 

そして今回の24時間テレビでチャリティランナーがなかなか決まらなかったのは、総合演出が『イッテQ』のプロデューサーでありスタッフも『イッテQ』スタッフであるために、芸能事務所が「また同じようなヤラセ問題が起こる可能性があるのでは?」と警戒されていたためだと週刊新潮が報じていました。

 

 

狙いは涙!そして視聴率、CM収入!!24時間テレビランナー選出の困難と打算。ときに圧力

 

マラソンではありませんでしたが、案の定というか、『24時間テレビ』に関わってヤラセ問題に巻き込まれてしまったわけですね。

 

日テレはなぜそこまでして視聴率にこだわるのでしょうか。

 

 

日テレが放送倫理よりも優先するのは…

 

[スポンサーリンク]

 

ただでさえ、『24時間テレビ』はチャリティなのにギャラが出ていることが明らかになって以来、出演者に対する風当たりが強くなっています。

 

チャリティランナーなんて、長い距離を苦しい思いして走っても「1000万円もらってるんでしょ」と言われますからね。

 

「チャリティランナーに1000万円」の真偽はわかりませんが、ギャラが出ていることは確かです。

 

なんせ、ふなっしーが「24時間テレビのギャラ5万と2万4千足して梨円チャリするなっしー♪」(合計7万4千円で『74=梨』)とツイートして、たった40メートル走ったゆるきゃらリレーで5万円もらったことを明かしていますからね。

 

 

日テレ大嘘!ゆるキャラリレーにギャラ5万!24時間テレビはCM収入丸儲け、視聴率3冠奪取の「日テレを救う」番組だった

 

こちらの記事にもありますが、日テレにとって『24時間テレビ』はスポンサーの付きにくい2月、8月にガンガンスポンサーがつく優良番組であり、さらに視聴率3冠を得るための必須番組です。

 

スポンサーは「チャリティに参加している」というイメージのためにも出資しますが、加えて視聴率が上がれば上がるほど出資効果がありますから、日テレには頑張ってもらわないと困るでしょう。

 

そう考えれば、たとえば今回の兼近さんの件もそうですし、いとうあさこさんが放送時間内にゴールできず次の番組『行列のできる法律相談所』開始間際にゴールインするのだって、ヤラセなのか視聴率UPのための演出なのか…

 

いずれにしても日テレにとってはたいした罪悪感はないのかも。

 

それでもタレントにとってはイメージも大事です。これでは来年以降、より一層キャスティングに難航しそう。

 

◆いろいろあります

24時間テレビの黒歴史→ geinou ranking geinou reading

24時間テレビの黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

※こういうグッズの売上は当然募金へ

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※EXITの兼近さん、りんたろー。さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

ホームPage 1 / 212