タグ:陸王の記事一覧

タグ:陸王

最悪のタイミングでカミングアウト。三世芸能人緒形敦が『陸王』で俳優デビュー

緒形拳さんを祖父に、緒形直人さんを父に、仙道敦子さんを母に持つ緒形敦さんがTBS日曜劇場『陸王』で俳優デビューすることが発表されました。

 

ネットでは、明かさないほうが良かったのに、の声が上がっています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

敦さんが演じるのは、山崎賢人さんが演じる主人公・宮沢の息子の親友・広樹役です。

 

現在21歳の敦さんは、高校はアメリカに留学し現地の大学に合格していたものの、「進路を考えたときに、本気でやりたいと思ったのが俳優だった」と帰国し、昨年、出自を明かさずスターダストプロモーションのオーディションを受け合格。1年間の演技レッスンを経て今回のデビューとなったそう。

 

小さい頃から緒形拳さんや直人さんの役作りや作品を見て影響を受けてきたといい、母親の仙道敦子さんも含めきちんとした俳優一家の子供ですから、演技をしたいと思うのはある意味当然の流れなのかもしれません。

 

でも、せっかく出自を明かさず芸能事務所に所属できたのに、今このタイミングで明かす必要ありましたかね?

 

ネットでも、「自らハードルを上げた」「コネいいですね」「ラクにデビューできたというイメージ」「今は二世はマイナスポイントでしかない」といったコメントが多く見られます。

 

黙っていてもバレるくらい祖父・父・母にそっくりなら仕方ないかもしれませんけど、輪郭が多少思い出されるくらいで、言われないとわからないレベルでは。

 

 

※緒形敦さん↓

 

 

 

※ご両親共演作

 

 

 

 

 

出演する『日曜劇場』は良枠として評価されていますし、高視聴率が約束されたも同然の池井戸潤さん原作のドラマに出演するのはなかなか良いスタートだったと思います。

 

二番手の親友役というのもいいところですし、そうやって少しずつ露出しこの人いいよね、と注目されるようになってから「実は…」の方が良かったのでは。

 

ただでさえ二世芸能人は親とセットで溺愛エピソードを前面に出してテレビに出ているような印象な上に、つい先日、二世タレントだった清水良太郎さんが覚せい剤取締法違反で逮捕され、過去の二世芸能人の犯罪にも注目されているときです。

 

『陸王』が今日から放送されるにあたり、主演の役所広司さんや二番手の山崎賢人さんが番宣に適したタイプとは思えませんし、三番手の竹内涼真さんは先日の熱愛発覚以来、どうにも流れが下降気味ですから、ちょっと注目を集めたいところでしょうけど。

 →『陸王

 

なんだかもったいないような気がしました。

 

※陸王、ビミョー

 

 

※緒形拳さん出演作[Amazon]

http://amzn.to/2idOYd7

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山崎賢人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

竹内涼真が足を引っ張る…『陸王』最低でも視聴率15%が達成できるかビミョー

10月クールにTBS日曜劇場で放送される『陸王』は、池井戸潤さん原作ドラマということで高い視聴率が期待されていると報じられています。

 

が、若手のキャスティングに拒絶感を持つ人も多いようです。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

期待される『陸王』

 

池井戸潤さん原作ドラマというと、最終回で42.2%、全話平均28.7%を記録した『半沢直樹』が有名ですが、その後ドラマ化された作品はすべて一桁知らず。これは一桁が当たり前の今の時代珍しいことです。

 

唯一、『民王』は7.1%でしたが、これは放送されたのが深夜帯だったことを思うと仕方なかったのかなと。

 

TBSの日曜劇場枠では、唐沢寿明さん主演『ルーズヴェルト・ゲーム』が14.5%、阿部寛さん主演『下町ロケット』が18.5%と、『半沢直樹』ほどではないですが、やはり高視聴率ですし、ストーリーの面白さもあり、日曜劇場が良質なドラマを放送すると認識される大きな要素になったと思います。

 

ということで、『陸王』も期待されているそうです。

 

[以下引用]

「最低ノルマは15%超え。できれば、『下町ロケット』の18%と同等くらいの視聴率ははじき出してほしいところでしょう。脚本は八津弘幸氏、演出は福澤克雄氏、プロデューサーは伊與田英徳氏で、『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』と、まったく同じ布陣で臨むだけに、TBSとしては必ずヒットさせなければならない作品です。不安な面があるとしたら、キャストが地味な点です。役所は近年、ムービースターとして活躍しており、ドラマ出演はめったにありませんし、テレビ派の視聴者には、なじみが薄いですね。若い視聴者層を取り込むために、山崎賢人、竹内涼真、上白石萌音を起用してはいますが、そのほかは寺尾聰、ピエール瀧、キムラ緑子、檀ふみ、光石研、志賀廣太郎といった演技派メンバーで、固められています。これはもう、キャストよりドラマの内容で勝負しようということなんでしょう」(テレビ誌関係者)

[サイゾー]

 

 

 

 

 

 

キャストよりドラマの内容で勝負

 

『半沢直樹』が大ヒットしたとき、演出の福澤克雄さんがインタビューで答えていたのが、「(半沢直樹は)ドラマ界の常識で考えると、登場人物に女性が少なく、わかりやすく視聴率を取れるキャラクターもおらず、恋愛もないという、『ないないづくし』」「自分が面白いと思うものを作るしかないと思った」と、従来の常識を外して作ったということです。

 

キャスティングはプロデューサーの伊與田さんのセンスが大きかったそうで、特に見ただけで悪人とわかる配役が上手だと言い、また大物俳優を起用したからには出番を作らないと、というような気遣いをせず本当に必要なところに出てくるという、あくまで視聴者目線で作ったと明かしています。

 

なので、「キャストよりドラマの内容で勝負しよう」なんて当たり前のことなんでしょうに。

 

逆に、「若い視聴者層を取り込むために、山崎賢人、竹内涼真、上白石萌音を起用した」んだとしたら、期待値が下がってしまいます。

 

 

不安なのは若手俳優

 

ちなみにネットでは、山崎賢人さんと竹内涼真さんの起用について不満の声が多くあるようです。

 賞味期限切れ山崎賢人が起用された『陸王』

 

中でも竹内さんは今、人気が出ている反面アンチも増えてきており、『陸王』の宣伝画像でも特に苦手とする人が多い上目遣いで写っていて、拒絶反応を示す人も。

 

何かと言われる不安も、予告動画を見たら、それよりも面白そうだなと思いました。

 

 

棒演技が指摘される山崎さんも、なんだか良さそうですし。

 

もう一つ、ここまで頻繁に池井戸さんの作品がドラマ化されていると飽きられるんじゃないかという心配もあります。

 

パターンとしては、小さなものが大きいものに勝つと、毎回そうですからね。

 

ただ勧善懲悪は水戸黄門しかり日本人が好きなパターンですし、いくら好きでもワンパターンは、と言っても、言ってみれば、ジョジョもONE PIECEも鋼の錬金術師もハンターハンターも、人気漫画は特殊能力をもったキャラが活躍するという意味ではワンパターンですけど飽きられず人気が出ていることを思うと、そんな心配はいらないのかも。

 

◆この人が出演していたら観ないなあ…

という女優・俳優→ geinou reading geinou ranking

という女優・俳優→ geinou ranking geinou reading

 

※ついに脱皮?[Amazon]

http://amzn.to/2yVgSyq

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※竹内涼真さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

山崎賢人がNo.1イケメン俳優から転落。次のNo.1は…

7月期のドラマが次々と終了し、話題が10月期のドラマに移りつつある中、注目の作品である『陸王』で、このドラマで「イケメン俳優」のトップが入れ替わるのではないかと報じられています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

10月期のTBS日曜劇場では役所広司さん主演で『陸王』が放送されます。

 

『陸王』は『半沢直樹』『下町ロケット』『ルーズベルトゲーム』など同枠で高視聴率を記録した池井戸潤さん原作のドラマで、内容的には『下町ロケット』『ルーズベルトゲーム』的な企業再生の話です。

 『陸王』キャスティング

 

このドラマでは、主演の役所さんの息子役で山崎賢人さん、ストーリーのカギを握る陸上選手役で竹内涼真さんが出演しますが、ここでイケメン俳優No.1の入れ替わりが起きるのではないかと言われています。

 

[以下引用]

「高身長と整った顔立ち、飾らない性格が女性ファンに大人気。成功作と言っていい『過保護のカホコ』に続き、今度はヒットドラマが多いTBSの日曜劇場の枠で『陸王』に出る。『陸王』もヒットすれば『数字を持ってる』ともてはやされ、竹内の業界人気はさらに高まるだろう」(報道関係者)

 

(中略)

 

「山﨑は役所の息子という役どころだが、竹内の出演が発表されるや、すでに存在感が薄くなっている。演技の出来次第で、山﨑にはブーイング、竹内には称賛……なんていう図が出来上がるかもしれない。そうなれば、No.1イケメン俳優の座の交代を印象づけることになりそうだ」(前出・報道関係者)

[デイリーニュースオンライン]

 

山崎さんは『四月は君の嘘』『orange』『デスノート』『ジョジョ』等々、漫画実写化作品に出過ぎた結果、もううんざりという感じになってしまっています。

 

 

※10月には斉木楠雄の映画にも。[Amazon]

http://amzn.to/2h88G9C

 

 

一方で、竹内さんは7月期に出演した『過保護のカホコ』で本当にいい役を演じて好感度があがってるところに、注目作である『陸王』ですから、いい波に乗っているところです。

 

『過保護のカホコ』や『ひよっこ』など出演したドラマの視聴率が良かったため「プリンス・オブ・視聴率」なんて言われたりもしていましたが、『陸王』は池井戸作品でありTBS日曜劇場である時点でそもそもある程度の高視聴率は見込めています。

 

それが竹内さんの手柄になるなら、竹内さんもラッキーとはいえ、これが「持ってる」ということなのかも。

 

※ランナー適正試験も実施されたというオーディションを勝ち抜きました

 
[楽天市場]

 

気になるのは男性にしては珍しいあざといキャラなことでしょうか。

 竹内涼真に「男版・土屋太鳳」の声

 

とはいえ、イケメンなだけでも演技力があるだけでも人気が出ないのが現実ですから、どんな形でも注目を集められたのも実力なのかも。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※上目遣い自撮り多め・竹内涼真さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング