パンくずリスト
  • ホーム
  • 西野亮廣
タグ:西野亮廣

 

来年1月、市川海老蔵さんが西野亮廣さんとタッグを組み、プペルが新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』として歌舞伎化されることが発表されました。大ヒット映画の歌舞伎化とあって大きな話題を呼ぶ一方で、一部の歌舞伎ファンからは批判を浴びているんだとか。

 

 



 

 

批判殺到の『プペル』歌舞伎化

 

『プペル』歌舞伎化は、西野亮廣さんの信者には大歓迎されていますが、信者以外、特に歌舞伎ファンからは批判の声が続出しているよう。

 

[以下引用]

「公開された公演ポスターには海老蔵さん、ぼたんさん、勸玄さんの3人の名前が同じ大きさで並んでいます。しかし、歌舞伎界の常識では、まだキャリアも実績もないぼたんさんと勸玄さんが海老蔵さんと同じ大きさで同列に名前が並ぶのは異例なんです。いくらお子さんとはいえ、“さすがにちょっと……”と困惑するファンは少なくありません」(芸能関係者)

 

歌舞伎ファンが困惑する最たる例はチケットの値段だ。SS席から7段階にランク分けされている座席だが、SS席は3万円。2階最前列のS席も2万円という設定だ。しかし、3万円ほどのチケットはなかなかお目にかかれないという。

 

たとえば、東京・歌舞伎座で2021年10月現在上演中の「十月大歌舞伎」で、最も高額な一等席で1万5千円。大阪・松竹座で上演中の「十月花形歌舞伎GOEMON」の一等席は1万4千円と、プペルの半額だ。こうした業界の“常識”を覆すプペルに違和感を表明する歌舞伎ファンが続出している。

 

《プペル歌舞伎のチケット、普段の歌舞伎の倍額くらいでビビる》

《なぜこの値段設計なんだろ? 肌感覚的に違和感が拭えない》

《プペル歌舞伎で歌舞伎クラスタの方たちが「(自分の)贔屓が関わりませんように」って言ってるのが全てを物語っている》

[女性自身]

 

 

まず、海老蔵さんは子供二人をとにかく売り出したいんだなと。

 

特にぼたんさんは、女性ですから本来は歌舞伎の舞台には立てないはず。

 

それなのに、今年1月の「初春海老蔵歌舞伎」の新橋演舞場の大舞台で長唄舞踊「藤娘」を演じました。

 

この「藤娘」は通常名代女形が演じる大役なのに、9歳の女児が演じたということで、当時話題になりました。

 

寺島しのぶさんは11歳の時に自分は女だから歌舞伎の舞台には立てないと知り絶望したといいます。

 

「多様性」「ジェンダーレス」いろいろ言われる今の世の中ですが、海老蔵さんは歌舞伎の伝統を、市川宗家という力をもって、覆そうとしているのでしょうか。

 

 

 

プペル歌舞伎、チケット代倍額のナゾ

 

もう一つ、チケット代が倍、ということについて。

 

ネットでは、これは西野信者の財布を狙ってるんだろう、という声が多く見られます。

 

確かにそういう面もあるんでしょうね。

 

実際、このコロナ禍で、歌舞伎は定員を通常の半分に設定しており、それでもその半分が埋まらないのが現状なんだとか。

 

その理由は、コロナ禍で主な客層であるお年寄りが観劇を控えているのかもしれませんし、単純に歌舞伎離れが進んでるのかもしれません。

 

歌舞伎離れを食い止めよう、若者を取り入れようと、「新作歌舞伎」と銘打って、これまで『風の谷のナウシカ』や『ワンピース』も歌舞伎化されてきましたよね。

 

※尾上菊之助さんのナウシカ愛が炸裂していました。

[amazon]

 

そして今回は『プペル』と。

 

客入りが渋くなっている中でも、海老蔵さんの演目は人が入る、しかも西野さんには強烈な信者がいるから多少高くても入るだろう、みたいな感じなんでしょうかねえ。

 

それでも、3万円ってすごい。

 

ふつうなら受け入れられなければ空席ができるだけですが、西野さんが関わるとなると、信者が活躍することになるのかもしれません。

 

 

これって詐欺では…西野亮廣がオンラインサロン会員を食い物にしてると言われる理由

 

しかしそれだと、たとえ『プペル』の席は埋まっても、逆に離れていく昔からの歌舞伎ファンというのもいそうですよね。長い目で見るとどうなのか…

 

とりあえずは、いったいその席がどのくらい埋まるのか、楽しみです。

 

◆これが西野亮廣の「洗脳」

非常にわかりやすいです→ geinou ranking geinou reading

非常にわかりやすいです→ geinou reading geinou ranking

 

※信者ビジネス、いいですね。

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※市川海老蔵さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

元吉本芸人の西野亮廣さんのアニメ『えんとつ町のプペル』が興行収入20億を超える大ヒットとなり、同時に様々な物議を醸していますが、なんと大手クラウドソーシングサービスでやりがい搾取としか言えないような募集があり話題になっています。

 

その他、プペル絡みで胡散臭い話が山盛りでいて、本人は反論していますが…

 

 

 

1850文字で19円という衝撃…しかし西野亮廣は関わっているのか?

 

[以下引用]

同映画は大ヒットを記録しており、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞も受賞した。ネットではブログやSNSを通じて連日のように多くの感想がつづられている。

 

しかし、中には〝サクラ〟とも判断されても仕方のないものも存在するようだ。大手クラウドソーシングサービスが「【えんとつ町のプペル】上映中の映画館に関する記事作成!」「『えんとつ町のプペル』の感想を募集しています!」「報酬目当てではなく、『プペルが面白かったから、ぜひみんなにシェアしたい』という気持ちをもった方向けのお仕事です」といった感想記事の作成の業務委託を複数掲載しているのだ。

 

その報酬はというと、ある依頼では「1850文字以上の記事で19円」というなんとも厳しい条件。同サービスではシステム手数料として20%が引かれるというから、〝プペル絶賛〟の記事作成者が受け取れる金額はわずかに15.2円となる計算だ。

[東スポ]

 

ネットでは「1記事19円………涙が止まらん」「西野はホント金儲け上手いですよね」「お金をもらってプペルの記事を書けるなんて神案件」と衝撃を受けた声が多く上がっているとのこと。

 

もう消えていますが、こちらの募集ですね。

 

 

 

この記事が消える前にこの仕事内容を見たのですが、求めていたのがプペルの感想というよりは映画館の情報で、空調や音響がどうとかポップコーンは売ってるかとか、かなり謎でした。

 

募集している会社の他の仕事も「??」な感じで、本当に西野さんと繋がってるんでしょうかねえ?もしかすると、西野信者が勝手にしたことなのかも。

 

今確認できる募集は他の仕事を見るといろんな映画の感想を求めていて、西野さんと関係があるのかどうか…

 

そもそも西野さんは自分のイベントの片付けをする人を5万円で募集する人です。

 

西野さんが5万円払うんじゃありません。「5万円払って片付ける権利」を販売してるんです。

 

19円でも支払って何かしてもらうことはしないのでは…

 

 

 

 

 

[スポンサーリンク]

 

ちなみに西野さんはブログでこの「1850文字19円」を否定しています。

 

その他、プペルの弁当屋を始めたという件は全否定、You Tubeで一般女性を30分公開説教はそんなふうに言われる内容じゃないと、該当のYou Tubeを貼っています。

 

お弁当屋はオウムと繋がってるなんても言われていて、さすがにあまりに胡散臭いので創作ネタなのかなと思います。

 

 

 

が、公開説教は何もYou Tubeだけのことではなく、翌日のブログで「ルールを守っている人を攻撃してしまう人が一番の癌なので、そこは真っ先に潰さなきゃいけない」と、激しい口調で糾弾していますし、否定しきれるものでもないような。

 

 

西野亮廣が木下優樹菜化!一般女性を30分公開説教の上「癌」呼ばわり

 

注目されているのでネタにされていることもありますが、西野さんが「西野を1日休ませる権利10万円」「西野の活動を1日辞めさせる権利(アンチ限定)10万円」などを販売したり、クラウドファンディングで電車代を集めたり、プペル美術館のお金を集めて目標達成したのに作ってないとか、「それ本当に正しいの?」と言いたくなるようなことをしているのも確かです。

 

今が旬だと思いますが、生き残るためには誠実でないといけないのでは…

 

◆西野亮廣さん、何してるの…

ホストみたい→ geinou ranking geinou reading

ホストみたい→ geinou reading geinou ranking

 

※33年ぶりのリニューアルに西野亮廣さんと西野亮廣エンタメ研究所が絡んでいたという衝撃

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※西野亮廣さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

何かと話題の西野亮廣さんが、一般女性を公開説教、癌呼ばわりしたと話題になっています。

 

※事務所総出の木下優樹菜を思い出します。

 

コロナ禍で予告の上映画を観る西野亮廣に疑問をぶつけたら…

 

騒動の原因は、映画『えんとつ町のプぺル』の上映開始以降、西野亮廣さんが「僕と一緒に劇場で観ましょう」と場所と時間を予告の上全国の映画館に出向いて「ファンと一緒に鑑賞会」を開いている、ということです。

 

2度めの緊急事態宣言が出た後の1月14日、ある女性ファンが西野さんのYou Tubeでのライブ配信に参加し、チャットで「コロナが増えているのに西野さん自身がなぜ行くのか」と素朴な疑問を投げかけたところ西野さんがヒートアップしたようで。

 

[以下引用]

これに西野は「自粛警察気味になっている。20時までの営業を守っている飲食店に営業するな、集客するなと言うのはどうなのか。言う相手を間違っている。法定速度を守っている車に走るな、と言っているようなもの。納得いかないなら政治家になって自分がルールを作った方がいい」などと猛反撃。約30分間にわたってやりあったが、チャットで話すしかない女性がほぼ一方的に〝説教〟される格好となった。

 

さらに翌日、女性は西野のブログに自分のことが書かれているのを発見。ライブ配信と同様の主張や「ルールを守っている人を攻撃してしまう人が一番の癌なので、そこは真っ先に潰さなきゃいけない」などと長文が書かれていた。素朴な疑問がまさかの千倍返しにあい、女性はたまらず今月9日、SNSの〝駆け込み寺〟コレコレの「コレコレチャンネル」に連絡し「30分ごちゃごちゃ怒られた。そんな著名人いるのかって思った。自分のファンをあおる形でやるのは不公平です!」とまくしたてていた。

[東スポ]

 

ライブ配信で30分、すごいですね。

 

さらに翌日ブログでまで長々と。

 

西野さんの「ルールを守ってるのに」という言い分もわからないではないですが、しつこい。

 

SNSで一般人を攻撃で思い出されるのが木下優樹菜さんです。

 

今だとファーストサマーウイカさんもですね。

 

 

ファーストサマーウイカ終了!SNSで冤罪ファンを攻撃し訴訟「木下優樹菜と同じ」

 

そして西野さんも仲良さそうな堀江貴文さんです。

 

 

堀江貴文が最悪で刑事罰の可能性!ほぼ名指しで餃子店を批判し第二の木下優樹菜に。

 

 

皆さん自分の影響力の大きさをどう考えてるんでしょうね。

 

 

西野亮廣の予告鑑賞会

 

[スポンサーリンク]

 

自分が正しいと思いこんでの行動なんでしょうけど、ブログでまではやりすぎでは。

 

人に対して癌だの潰すだの言葉が強すぎます。

 

影響力のある自分の言葉が通じる場所で一般人を批判したらどういうことが起こりうるのか、想像したらわかるでしょうに。

 

コロナ禍でルールを守ってるのにとか言ってますが、その「20時以降は閉店」というルールが有効なのか疑問視されている中で、人を集めること自体を心配する人を頭から否定するのがどうも納得いきません。

 

この辺もマスクなしの入店を拒否した餃子屋さんを「コロナ脳」と蹴散らした堀江貴文さんと似てます。堀江さんプペルで4回泣いたと言っていますし、いろいろ感覚が近いんでしょうね。

 

週刊女性プライムに西野さん参加のプペル上映回を鑑賞したときの記事が掲載されていますが、それを読むと、西野さんは上映1分前に特に挨拶などするでもなく席につき、終わると無言でドアまで歩き最後マスクを取って礼をして退場、その間観客は割れんばかりの拍手はするものの声は出していなかったとのこと。その他映画館は映画館でコロナ禍でのマナーや対策をしているんでしょうから、そのへん丁寧に説明すれば質問者も納得だったのでは?

 

そこまで事細かに説明しないとしても、ファンをお客さんと認識していれば、「ご心配いただきありがとうございます。感染対策はしているので安心してください」くらいの言葉は出てくるんじゃないかと思うのですが。

 

ただ、いくら安全対策していても気になることもあります。

 

週女プライムの人が鑑賞した会にも西野信者と思われる集団がいたということなんですよね。

 

この記事が配信された2月9日時点で西野さん同席の鑑賞会はもうすぐ100回を数えるところだったとのこと。100回、それこそ日本全国結構な地方まで西野さんは足を伸ばしているようですが、それに西野信者の方々が県をまたいでついて回ってるんだとすると…来られる地方の人にしたら、自分たちは移動してないのに…ウイルス持ってきてないよね?という気持ちにもなりそう。

 

信者の方々は西野さんに迷惑をかけるような行動はしないとは思いますけどね。

 

それにしても、西野さん100プペ…信者さんも引き連れてなら、そりゃ興行成績も良くなるというものです。

 

◆西野亮廣さん、何してるの…

ホストみたい→ geinou ranking geinou reading

ホストみたい→ geinou reading geinou ranking

 

※33年ぶりのリニューアルに西野亮廣さんと西野亮廣エンタメ研究所が絡んでいたという衝撃

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※西野亮廣さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

キングコングの西野亮廣さんは1月末に吉本興業との契約終了を発表し、退社はあくまで円満であると主張していますが、松本人志さんもいぶかるこのドタバタ退社はやはりウラありだったよう。

 

吉本は西野さんに猛烈激怒で、西野さんは宮迫博之さんと同列扱いになるようです。

 

 

 

西野亮廣に怒りが隠せない吉本興業

 

[以下引用]

「西野は円満退社をアピールしていますが、吉本とは大揉めですよ。西野が社員とのLINEをツイッターにさらしたのも大問題だったし、吉本社内では以前から西野の“吉本批判”が問題視されていたともいう。“クビ”に近い形と言っても過言ではないともっぱらです」(中堅芸能事務所関係者)

 

西野退社に関する報道にも“吉本の怒り”が滲んでいるという。

 

「吉本との関係性が強い一部のスポーツ紙が、特に西野を叩くような内容の記事を公開しているんですよね。吉本関係者しか知り得ないような情報が盛り込まれている記事もあるし、吉本側が西野叩きに動いているのではないかとという疑いの目があるのも事実です」(メディア関係者)

[日刊サイゾー]

 

 

スポーツ紙のみならず、週刊誌にも吉本サイドの話だろうな、というのはぼちぼち出ています。

 

例えば女性自身では、西野さんが主張する、半年や1年でマネージャーが変わってしまう吉本の体制に不満があった、これでは仕事の企画を始めたときと世間に送り出すときで担当者が異なり支障が出る、という内容について、吉本関係者が次のように否定しています。

 

[以下引用]

「吉本のマネジメントの体制を引き合いにだして説明していますが、吉本のほかのタレントは何年も同じマネージャーが担当することはよくありますよ。要は西野さんが例外だっただけ。

 

西野さんのマネージャーが半年や1年で代わってしまうのは、精神的負担が大きいからなんです。“西野さんの担当を外れたい”と上司やまわりに相談するのは毎度のことで、人事部に掛け合う人もいました」(前出・吉本興業関係者)

[女性自身]

 

 

他にも、西野さんがマネージャーには常に上から目線であり、自分が指導してやっている、という意識が強いのか高圧的な態度や物言いも多く、これまで担当した人の精神的疲労はひどかった、というコメントも。

 

実際、今回西野さんが吉本サイドの人間の対応が不満だとして公開したLINEのスクショに表示されてる時間を見ると深夜0時過ぎで、この時間に仕事の連絡してるというだけでも非難の声が出ていました。その上LINEのやり取りでは実名そのままで、マネージャーに対する気遣いゼロなのがよくわかりました。

 

そんなこんなで西野さんは吉本興業に所属する6000人以上のタレントの中で“マネージャーとしてつきたくないタレントランキング”では1、2を争うと言われていたとか。

 

1,2を争ってるのはもしかして友近さんでしょうか。友近さんもマネージャーへのパワハラで嫌われていましたし。

 

 

友近敗北…度重なるパワハラでマネージャーがつかず、解雇危機に膝を折る

 

ただ、吉本のマネージャーというものにもあまりよいイメージはありません。

 

エドはるみさんもマネージャーへの不満を訴えていましたし、アメトーークに「マネージャーほったらかし芸人」なんていう回ができるくらい、吉本のマネージャーはとにかく多忙で一人ひとりに構ってる時間はない、というイメージです。

 

 

エドはるみが告白!「私が消えた理由」。島田紳助は関係なかった!!

 

西野さんは芸人の枠を超えた仕事を多く手掛けていますし、西野さんがオンラインサロンの会員あてに言っていたように、吉本は「エッフェル塔での個展も、20~30億円の美術館建設も、オンラインサロン運営も、ブロードウェイミュージカルも、今回のような規模のアニメーション映画も、一つも手掛けたことがない」「(吉本の社員は)それらを攻略するノウハウは持ち合わせていない」わけですから、西野さん的に「使えないけど搾取はする吉本」から離れられたのは良かったんじゃ、と思います。

 

が、それでも円満を主張するのは、さすがに吉本と遺恨があるように見られると今後の活動に影響があるからでしょうね。

 

しっかり収入源のある西野さんにとってはテレビに出られないことは大きな問題ではないでしょう。

 

けれども『えんとつ町のプペル』がこれほど大規模な仕事になったのは西野さんが吉本所属だったからでしょう。一応『プペル』という実績ができたから今後フリーでももしかしたらどうにかなるかもしれませんが、そこは未知数なところです。

 

◆マネージャーほったらかし芸人の日常

笑える?笑えない?→ geinou ranking geinou reading

笑える?笑えない?→ geinou reading geinou ranking

 

 

吉本興業と断交状態の宮迫博之と西野亮廣の共通点は反社会性

 

[スポンサーリンク]

 

さらに西野さんには不安材料も。

 

[以下引用]

「吉本と宮迫の関係性は修復できないまま。吉本としては、宮迫の闇営業騒動において”嘘をついて裏切った”という思いが根深く、この遺恨が解消されないと次に進めない状況です。さらに、宮迫がYouTubeで頻繁に絡んでいるYouTuberのヒカルが、過去に情報商材販売の怪しげなビジネスにかかわっていたこともあり、吉本から“反社認定”されているとも言われています。吉本的には、そういった宮迫のグレーな交友関係も問題視しているということです。

 

西野についても宮迫とかなり状況が似ています。LINEをさらしたことは吉本にしてみれば重大な裏切り行為だし、オンラインサロンビジネスについてもネット上で“詐欺だ”などと批判されることも多い。実際に犯罪的な要素があるわけではないとしても、トラブルに発展しかねない要素を内包しているということで、吉本が西野の動きを問題視している可能性もあります」(前出・メディア関係者)

[日刊サイゾー]

 

 

西野さんのは、本当にこれぞ信者ビジネス、ですよね。

 

よくあげられているクラウドファンディングを使っての資金集め。

 

 

 

 

 

こちら2017年のことですが、最終的に12万円を超え、西野さんは「ワハハっ!!騙されやがったな(笑)」とコメントしてました。

 

こんなのは序の口で、プペル美術館を作ると言ってお金を集めてみたのもありますし、イベントの片付けをする権利5万円とかもありました。先日驚いたのがこちら。

 

 

 

まさに信者ビジネス。笑いが止まらないでしょうね。

 

参加者の「目立ちたい」とか「何かを成し遂げたい」というような何かをくすぐっていて、お金を払った人は自分で納得してるんでしょうけど、それでいいのでしょうか。

 

 

これって詐欺では…西野亮廣がオンラインサロン会員を食い物にしてると言われる理由

 

詐欺罪には次の5つの構成要件があります。

 

(1)欺罔(ぎもう)行為|錯誤を引き起こさせる行為

(2)相手方の錯誤|錯誤に陥る行為

(3)財物の処分行為

(4)財物・利益の移転

(5)財産的損害

 

また、ここまで注目されればおそらく国税庁もその収支には目を光らせるのでは。

 

プペル美術館のクラウドファンディングは2018年にはあまりの炎上に一度募金を止めていますが、その後の収支とか、きっちりしないととんでもないことになりそうな…。

 

 

※日本製マスクです

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※西野亮廣さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング