タグ:綾野剛

 

綾野剛さんがテレビ業界から”完全消滅”しそうです。

 

来年1月には自身の41歳の誕生日に合わせて写真集が発売されますが、どうやらガーシー砲によるイメージ悪化によって、コンプライアンスに厳しい地上波テレビでは「使ってもらえない」ことが確定してしまったようで・・

 

◆残念!



 

 

 

[以下引用]

「撮影は著名な写真家の操上和美さんが行い、撮影期間は8か月、560ページにも及ぶ大作です。オンラインでのトークイベントも発表され、申し込みが殺到しています」(テレビ誌ライター)

 

綾野といえば、今夏に放送されたTBS日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』の放送開始直前に暴露系ユーチューバーの“口撃”を受け、世間の注目を集めたことは記憶に新しい。今も、その影響は少なからず残っているようだ。

 

「テレビ局のドラマプロデューサーたちは炎上が起きることを恐れているので、スポンサーがつくCMやドラマのキャスティング会議では綾野さんの名前があがりづらくなりました。ただ、オファーの数自体は以前と変わっていないみたいですよ。実際に、10月7日には来春公開の映画『カラオケ行こ!』の主演を務めることが発表されていますし、現在は映画3作品の撮影を並行して進めています」(テレビ局関係者)

 

地上波で見かける機会が減っているのには、こんな理由もあって……。

 

「もともと綾野さんは、作品の質にとことんこだわるタイプなんです。地上波の連続ドラマでは、撮影期間や制作費の兼ね合いがあるため、納得がいかなくても妥協しなければならない場面が多々ありますからね。“視聴者が満足する作品が作れていないのではないか”と数年前から思い悩んでいたといいます」(制作会社関係者)

 

その結果、綾野が出した答えはというと─。

 

今年に入ってからは“『オールドルーキー』が終わったら、地上波の連続ドラマにはもう出ないことにした”と周囲に漏らしていました。というのも、もっと海外を視野に入れた活動をしていきたいそうなんです。綾野さんが初めてSNSのアカウントを開設したのは中国の『Weibo』でしたし、今もそこで出演作品の告知をして、ファンを増やしています。地上波でも、単発のドラマであれば出演するかもしれませんが、今は世界的に評価される可能性のある映画や、全世界に配信されるドラマを中心に頑張りたいと考えているようです」(前同)

 

綾野は'18年の中国映画『破陣子』で、日本人男優で初めての主演を務めた。今年1月には、出演したNetflixドラマ『新聞記者』も全世界に配信されている。世界進出のGOサインはまもなく!?

[週刊女性プライム]

 

この記事、典型的な”提灯記事”に感じてしまいます。

 

トライストーン社長・又さんが、”ナニカ”を餌に綾野さんのアゲ記事を週女に書かせたと。

 

近いうちに同事務所のイケメン俳優の撮り下ろしグラビアか、独占インタビュー記事などが同誌に掲載されるんじゃないでしょうか?

 

月刊MEN 綾野剛 (DVD付写真集) - 綾野剛

月刊MEN 綾野剛 (DVD付写真集) - 綾野剛

[Amazon]

 

というのはさておき、そうですか、今年に入ってから海外進出メインでやっていきたいという意向を周囲に漏らしていたんですね・・

 

ガーシー砲の攻撃が始まったのは今年2月頃からですが、偶然にもその少し前だったと。

 

今後、露出が大幅に減るのは決してガーシー砲によってイメージが悪化し、スポンサーやテレビ局から総スカンを喰らったからじゃないんです!

 

そういうことですな、ハイ。

 

◆芸能界ってコワイところだと、改めて感じました・・

 ジャニのガーシー砲→ geinou reading geinou ranking

 ジャニのガーシー砲→ geinou ranking geinou reading

 

でも、綾野さんの人間性はともかく、役者としての演技力や雰囲気が「好きだ」という人は、男女問わずにたくさんいるのは事実。

 

今回、きっかけはどうであれ、安っぽい(失礼)日本のテレビドラマを卒業して、国際的な映画や予算潤沢で世界規模なネット配信系作品を主戦場にするというのは、かなり良い戦略のような気がします。

 

というか、成功する予感がプンプンするのですが・・買いかぶり過ぎ?

 

ただし!

 

海外の繁華街で酔っ払って破廉恥行為を繰り返し、日本人の品位を落とさないようにしてくださいな。

 

綾野剛が小島瑠璃子に強姦未遂!元NMB48松岡知穂と未成年淫行!柏木由紀、元欅坂46の松平璃子とも関係を持っていたことが暴露される

 

あと、お節介かも知れませんが・・

 

おクスリ関係は気をつけてくださいね。

 

綾野剛が違法薬物!!ガーシーこと東谷義和がうっかり(?)暴露!事務所が必死なワケだ…

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※綾野剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

 

綾野剛さんが精神的に不安定になり、不眠症になってしまったと報じられています。

 

なんでも、以前は断り切れないほど舞い込んでいたドラマや映画の出演オファーが、ピタリと止まってしまったそうで・・

 



 

 

[以下引用]

綾野といえば主演を務めていた日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)が、9月4日に大団円を迎えたばかり。当然、次の仕事が決まっているのかと思いきや…。

 

「決まりかけていたドラマや映画のほとんどが、ペンディング状態になっているんです」(事情通)

 

これまで争奪戦が展開されていた綾野が不人気になった理由は明らか。ドラマの放送前から暴露系ユーチューバーの〝ガーシー〟に女性問題を執拗に攻撃されたことが響いているのだという。それは、今回の日曜劇場の視聴率がすべてを物語っている。

 

「当初、TBSサイドや綾野サイドは無視を決め込み、『むしろ番宣になる』などとうそぶいていた。しかし、結果は数字を見る限り視聴者離れは明らかです。全話平均世帯視聴率は10.4%。ちなみに、前枠の二宮和也主演した『マイファミリー』は12.9%、その前の阿部寛主演『DCU』は14.5%、さらに小栗旬主演の『日本沈没』は15.7%。2020年代に放送された日曜劇場の中でワースト記録を出してしまった。やはりガーシーの暴露攻撃は功を奏したという他はない。東谷氏はなんだかんだ言っても今や国会議員です。視聴者もあながち嘘は言っていないと信じ、綾野の裏と表の顔に嫌気が差したのだと思います」(芸能記者)

 

◆低視聴率といえば・・

 コッチのほうがヤバイッしょ→ geinou ranking geinou reading

 コッチのほうがヤバイッしょ→ geinou reading geinou ranking

 

さらに事態は悪い方向に向かっている。頼みの綱としていたNHKも、綾野と距離を起き始めたのだ。

 

「現在、所属事務所の小栗旬は大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主演を務め、NHKとはいい関係にある。この人脈で綾野をドラマにキャスティングできないかとスタッフが動いていたそうです。ところが、ガーシーの背後にはNHK党の党首・立花孝志氏が鎮座している。2人を敵にしたら面倒なわけです」(芸能プロ関係者)

 

すべては身から出たサビだろう。

[週刊実話]

 

ということですが、「オールドルーキー」の視聴率が低かったのは、なにも綾さん一人の責任というわけでもないような。

 

直前の4月期に放送された「マイファミリー」がとても面白く、ネットで大盛りあがりだったことで、日曜劇場という枠自体に追い風が吹いていました。

 

また、ガーシー砲によって良くも悪くも綾野さんに注目が集まっていたことを考えると、ストーリーさえ魅力的だったならばかなりの数字が取れたと思います。

 

まあ、正直言って「オールドルーキー」が単に面白くなかっただけなんじゃないかと。

 

もし、同ドラマが大ヒットしていれば、

 

「ガーシーを返り討ちにした男」

 

として、逆に綾野さんの評価は上がったはず。

 

そう考えると、綾野さんへのオファーがピタリと止まってしまったのは、

 

「数字を持ってない上に、叩けばいくらでもホコリが出てくる要注意人物」

 

というイメージが業界内で定着してしまったから・・のように思います。

 

こうなったら、これまでの悪業を反省して”良い子”になるのではなく、ゲスだけどなんか憎めない・・というキャラで悪役や敵役をメインにやれば、再び活躍できるような気も。

 

ま、しばらくは暇な時間がありそうですし、人生を見つめ直す旅にでも出たら良いかと。

 

 

綾野剛 写真集 『 胎響 』 - 平間 至

綾野剛 写真集 『 胎響 』 - 平間 至

[Amazon]

 

それよりも気になるのは、ガーシー。

 

アノ人、まだ暴露王を気取ってるんですかね?

 

オンラインサロンは約4000円の月会費で約4万人の会員が集まったと豪語してましたが、それが本当なら1億6千万円/月というトンデモナイ収益があることになります。

 

・・ロクに暴露もしないでこんなに稼げるなんて、信者商売は笑いが止まらない?

 

念願の”主演映画”が実現したら、その時は綾野さん本人を起用してあげてくださいな。

 

死なばもろとも (幻冬舎単行本) - ガーシー(東谷義和)

死なばもろとも (幻冬舎単行本) - ガーシー(東谷義和)

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※綾野剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

綾野剛さんが出演した映画「日本で一番悪い奴ら」の撮影時に、綾野剛さんの申し出で性加害とも言えることがあったと白石和彌監督自ら暴露し話題になっています。

 

日本映画界では今年、文春砲をきっかけに性暴力/ハラスメント告発が相次ぎ、白石監督はいち早く防止策への提言を行っていた人物です。

 

※この6年前の映画です。怖かった。

 

 

 

監督自ら暴露していた「了承」を得ずに進めた撮影

 

話題になっているのは、2016年6月公開の綾野剛さん主演「日本で一番悪い奴ら」です。

 

これは日本警察史上最大の不祥事とされる北海道警察の「稲葉事件」をモチーフにした作品で、綾野さんは正義感が強い好青年だったものの、業績を上げるために裏社会とのパイプを築き悪事に手を染めていく北海道警察の刑事・諸星要一役を演じました。

 

この映画に関して当時白石監督が参加したトークイベントのレポート記事がSNSで拡散されているようで。

 

[以下引用]

白石監督によると、同作には、諸星が薬物に溺れた由貴を殴りながら性行為を行うシーンがあるものの、当初、台本にはなかったとのこと。しかし、綾野が≪監督、俺、セックスしたいっス≫と申し出たため、矢吹に詳細を明かさぬまま、≪『もしかしたら(キスの)先までいくかも』くらいに≫伝えたといいます。  

 

スポーツ紙の記事は、綾野がスケベ心から性行為シーンを要求したと書かれており、そこはさすがに自身の役と作品のことを考えての提案だったと思いますが、矢吹にしっかり了承を得ぬまま撮影した点は見過ごせません」(芸能ライター)

 

矢吹本人は≪脱がされても、何が起こってもいいように≫マイクを外し、そのシーンを演じきったといい、「日刊スポーツ」のインタビューでは≪クスリに溺れているわけですから、セックスを求める気持ちが強くなるんじゃないか。いろいろ悩んだんですけど…キレイに撮ってくださって、とても好きなシーンになりました≫とも述べているが、「俳優側が苦痛を感じる可能性のある演出」(同・前)と言っていいだろう。

[週刊女性プライム]

 

矢吹さんは「キスの先にいくかも」である程度覚悟を決めたようで、そこはまだ救いがあるような気はします。

 

役柄を考え、行動を理解して撮影に臨んだんですね。

 

…と、この記事を読んだ時は思ったのですが、

 

こちらがそのトークショーの記事です。

 

[以下引用]

その話を聞いた白石監督は「後半、薬物をやっちゃって、(綾野に)バシバシ殴られながらセックスするシーンがあったんですけど、台本にはなかったんですよ。ちょっと綾野君と話をしていて『どうする?』って。ビンタしながらキスするくらいにしようかなと思っていたら、『監督、俺セックスしたいです』って言いだして、クスリやっているのに殴りながらセックスするってどういうことだろうって思いながら…。矢吹さんには申し訳なかったんだけど、あまり詳細にどうこうするって言わなくて『もしかしたら先までいくかもしれないから(胸元の)ワイヤレス外しておこうか』って伝えたんです」と、過激な濡れ場シーンの裏側を暴露。

矢吹もこのシーンは衝撃的だったようで「ずっとナイトドレスみたいなのを着ていて、その中にマイクを仕込んでいたんですけど、(そのシーン前に)全部外しますって音声さんに返して、もう脱がされてもいいように、何をされてもいいように(笑)。あそこはテスト1回ですぐ本番だったんです」と告白した。

しかも監督は「延々カットをかけなかった(笑)。自分でもいつ終わるんだろうって思いながら(笑)」と、“悪い顔”で笑い飛ばした。続けて、矢吹は「あのシーンは綾野さんが思い切りビンタしてくださって。なかなかそうやってビンタされることもまず生きてきてなかったので、ちょっとDVされるとこんな感じなのかな?って(笑)。ただ、ビンタされながらもそれが“愛のムチ”っていうのを、芝居しながらひしひしと感じていました」と、笑顔を見せた。

[ザテレビジョン]

 

矢吹さんは仕事を受ける前に台本を読んで内容はある程度把握しており、「ハードな部分も自分に対してチャレンジでしたし、果たしてこのシーンを自分が演じられるのかっていう不安もたくさんありましたけど、とにかく(白石監督と)お会いしたいなと思いました」という話もしていました。

 

だからやはりある程度の覚悟はしていたんでしょうけど、「もしかしたら先へ…」くらいの言葉で撮影が進むなんて本来恐ろしいことです。

 

しかも、この記事だと、監督は「どういうことだろ」とそのシーンの必要性についてストンと落ちてないのに綾野さんの提案を受け入れてるんですよね。

 

そしてそれを矢吹さんに説明すればまだしも、なぜかしなかったと。

 

矢吹さんはたまたま覚悟がありましたが、過去に性被害を訴えた女優さんの中には、脱ぐのはNGと伝えていたにも関わらず知らされないままそういった撮影が行われ、後から抗議するも本人はその後演技の仕事ができなくなってしまった、という人もいました。

 

なんにでも対応できてこそプロ、というわけではありません。

 

そういうシーンが必要な可能性があるならば、事前にきちんと説明してそれが可能な人をキャスティングする、くらいは当然の手間なのではないでしょうか。

 

 

イメージ失墜は免れない綾野剛

 

引用記事は、映画界の性加害・パワハラについて対策することを主張している白石監督がこんなことを、といった論調ですが、ネットでは言い出しっぺの綾野さんに対する批判の声も大きいです。

 

ちなみにあまりにひどくてカットされたシーンもあるようです。

 

[以下引用]

また、瀧内との共演シーンで、カットされた箇所があったことを綾野が明かす一幕も。警官の敏子(瀧内)が諸星(綾野)のもとを去ろうとする際、彼女に後ろから襲いかかるシーンだったといい、綾野が「この作品に出てくる人ってどこか憎みきれない部分があったりするんですが、あれがあると諸星の見方が変わるでしょうね」と切り出すと、白石監督も「編集していて、綾野君が山賊みたいになっていて。ダメダメ、人じゃないということでカットした」とコメント。瀧内も「犬に襲われているみたいで。カットと言われた後、『大丈夫?』と言われましたけど、『触らないで!』と言ってしまったくらい強烈でしたね」と述懐するなど、相当壮絶なシーンだったようだ。

[シネマトゥデイ]

 

「日本で一番悪い奴ら」は稲葉事件を起こした本人が書いた実話がもとになっていますが、日本の警察史上最悪の事件と言われるだけあって、人の弱さや汚さが描かれたかなりインパクトの強い映画です。

 

綾野さんの見た目の変化も結構なもので、個人的にもかなり衝撃的な内容で、俳優としての綾野さんを見る目が変わった作品でした。

 

そういう作品の撮影現場が独特な雰囲気になるのも仕方ないのかもしれませんし、だから生まれたのがあの作品なのでしょう。

 

が、この性加害が問題になっている今のタイミングでこういうところが明らかになるとダメですね。

 

よりによって、映画界から性加害・パワハラをなくそう!と先頭に立ってる白石監督と、ガーシーにより女性にだらしない素顔がバレた綾野さんですからね。

 

ガーシーが暴露したいろいろがちらついて、もはや、綾野さんは役得♪くらいの気持ちで好きにやってたんじゃないのとか思ってしまうと、キモチワルさが勝ってしまうという。

 

そういう印象も、ガーシー砲後の今の綾野さんだからですよね。

 

メディアの言葉のチョイスからも綾野さんの扱いが変わったのがわかります。

 

公開当時の記事であるザテレビジョンでは「監督、俺セックスしたいです」と言ったことになってますが、同じく当時の日刊スポーツでは「ここは抱きたいと思うんじゃないですか」と言ったことになっており、そして今の週刊女性プライムでは「監督、俺、セックスしたいっス」で。

 

言葉で印象が変わるのに、「俺したいっス」が今の綾野さんの扱いなんでしょうね。

 

そもそも主演ドラマ「オールドルーキー」最終回放送に合わせて出たこの記事が、綾野さんに対する逆風です。

 

ガーシー砲はやり過ごしたように見えますが、ここからジワジワくるのかも。

 

この後の仕事が決まってない、なんて話もありますが、綾野さんも過去の人になるのでしょうか。

 

◆綾野剛、過去にも似たようなことがあった疑惑

あっちゃんが…→ geinou ranking geinou reading

あっちゃんが…→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※綾野剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

 

 

これまでガーシーから執拗に攻撃され続け、数々のゲスな女性問題や暴力事件、薬物使用まで暴露されてきた綾野剛さんが、なぜかガーシーを心配しているといいます。

 

 



 

 

[以下引用]

主演ドラマ「オールドルーキー」の第8話が21日放送され、世帯平均視聴率が9・7%と再び1ケタ台に突入した。6月26日放送の初回は11・2%でスタート。第6話で初めて9・5%と1ケタ台となり、第7話で10・3%と盛り返した直後の再ダウン。大ヒットドラマを連発してきた日曜劇場枠だが、3年半ぶりに世帯平均視聴率が1ケタ台で終わる可能性もある。

 

好調なら視聴者から放送中に続編や映画化を求める声が寄せられるが、それもなし。それもそのはず。ドラマ開始前から暴露系ユーチューバーで参議院議員のガーシーが綾野の女性関連の暴露を連発。お蔵入り危機にも瀕していただけに、TBSは「とにかく無事に終わってほしい」と視聴率を気にせず平穏なフィニッシュを願っているという。日曜劇場初主演だった綾野とすれば、ガーシーに大激怒してもおかしくないが・・

 

綾野剛、さようなら。CM終了、連ドラオファーなし…ついに干され始めた!

 

「綾野さんは困惑はしつつも、お世話になってきたガーシーの暴露について、ほとんど怒ってはいない。むしろNHK党の立花孝志党首に『洗脳されているのでは?』とまで心配している。これまでの付き合いから悪い人じゃないとわかっているだけに、立花党首の言動に不信感を持っている」(芸能プロ関係者)

 

だが、怒りの矛先をガーシーではなく立花氏に向けているのは、綾野の所属事務所社長ではなかったか。ガーシーは自身の配信の中でそう明かしている。あるいは両者とも同じ心境なのかもしれないが…。

 

「ガーシーさんは30年近くタレントのアテンドやフォローをしてきましたが、『BTS詐欺』をきっかけに世話したタレントから手のひらを返され、暴露を決意した。その後、政治家を目指したことで今は『世直し暴露』などを掲げていますが、綾野さんは『なぜ?』という気持ちがあるんですよ」(前同)

[東スポ]

 

ということですが、ガーシーは洗脳されているというよりも、立花党首にガッツリ利用されているのは間違いないでしょうね。

 

まあ、逆にガーシーも立花党首を利用しているのも事実なので、お互い様ですが。

 

ただ、もしこのままガーシーが”暴露するする詐欺”を続けるようだと、立花党首から三行半を突き付けられて”破局”する可能性は高いです。

 

NHK党としても、選挙前の公約であった”47都道府県暴露”を反故にされたり、”悪徳政治家の一掃”を謳っていたのに納得行くような暴露がなければ、ガーシーを庇うことはできませんから。

 

NHK党から見捨てられれば、ガーシーが議員資格を剥奪されるのは時間の問題。

 

ですが、もし議員辞職となればNHK党は比例代表名簿2位の山本太郎氏が繰り上げ当選になるので、党としてはほぼノーダメージであることを考えると、やはり立花党首の方が一枚上手なのかなと。

 

◆暴露系活動家としての年季が違います。

内部告発者「立花孝志」2: 元祖暴露系!反撃は2ちゃんねるから始まった - 立花孝志, 森山 英樹, 遠西 愛美

内部告発者「立花孝志」2: 元祖暴露系!反撃は2ちゃんねるから始まった

[Amazon]

 

というのはさておき、ガーシーは今月7日に青汁王子・三崎優太氏のチャンネルに出演した際、綾野さんと電話で話したことを明かしていました。

 

しかし、その時は謝罪されたわけでもなく、お互いの落とし所を探るわけでもなく、ひたすら昔話でごまかされたんだとか。

 

その後、トライストーン社長の又さんからも連絡があり、

 

「オレは元からガーシーには怒ってない」

「オレは立花にムカついてるんや!」

「だから、ガーシーとこれ以上話すことはなにもない」

 

と、なんだかよく分からない言動で逃げられたといいます。

 

綾野さんとしては、主演ドラマが終わったらドバイまで行って直接話をしたいという希望も持っているようですが、果たしてそれが実現することはあるのでしょうか・・?

 

◆綾野剛の意外な一面

 動画→ geinou ranking geinou reading

 動画→ geinou reading geinou ranking

 

◆もう、放っておいても大丈夫なのでは?綾野さん・・

浜辺美波とガーシー、消えるのはどっちが先?

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※綾野剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング