タグ:紅白歌合戦2018の記事一覧

タグ:紅白歌合戦2018
綾瀬はるかじゃなかった!紅白歌合戦2018紅組司会のダークホース現る

先週、2018年の紅白歌合戦司会は嵐の松本潤さんと綾瀬はるかさんが濃厚だと報じられたばかりですが、紅組は木村佳乃さんだという説が濃厚になっているんだとか。

 

※え、私じゃないの?

 

木村佳乃はNHKでなくても目をつける存在

 

紅白の司会に木村佳乃さんの名前が浮上したのは、一つには「夏の紅白」と言われる『思い出のメロディー』で司会を務めたことです。もうひとりの司会である氷川きよしさんを喰う活躍だったとか。

 

毎年のように白組司会がジャニーズタレントから予想されるように、紅組司会はこの『思い出のメロディー』か朝ドラ主演、または大河ドラマ主演女優から予想されてきました。

 

しかし実際に『思い出のメロディー』の司会を務めた年に紅白の司会にも抜擢された女性は過去に3人しかおらず、結局のところ、朝ドラまたは大河の主演から選ばれています。

 

その法則から言うと、今年4月の『半分、青い』の永野芽郁さんか10月スタートの『まんぷく』の安藤サクラさん、来春の『なつぞら』の広瀬すずさん、そして来年1月スタートの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に出演する綾瀬さんの名前が出てくることになり、先週綾瀬さんが最有力と報じたスポニチ的には、やっぱりオリンピック関係のドラマに出て過去司会経験のある綾瀬さんでは、というところだったのでしょう。

 

個人的には朝ドラ100作目の主演である広瀬すずさんも有力だと思うのですが、ここへ来て木村佳乃さんの名前が出てきたのは、ひとえにそのキャラクターが注目されてのことだとか

 

まず、木村さんが『思い出のメロディー』に抜擢されたのは、デイリー新潮によると、「美人で、明るくて、面白くて、トーク力もある、さらにアドリブ力もあるとなれば、NHKでなくとも目を付けます」とのこと。『イッテQ』でのゲテモノ食いも厭わない、しかもそれを女優がやっているのに悲壮感どころか面白さしか生まれないのは才能だと思います。

 

 

木村佳乃の魅力→女性ウケが良い

 

もう一つ有利なのが、夫である東山紀之さんのネタがNGではないこと。

 

[以下引用]

実際、今年5月に「チコちゃんに叱られる!」(NHK)に出演したときにも、「子どもはなんで寝相が悪いの?」の疑問に、木村は今も自分は寝相が悪いと答えて、チコちゃんに思いっきり叱られている。

 

「あなたは全然制御されてないわね。旦那に一回殺してもらいなさいよ、“必殺”で」(チコちゃん)

 

夫ヒガシの「必殺仕事人」(テレビ朝日系)までネタにされているのだ。いくらNHKでも、他のジャニ妻には許されないセリフ。それが平気なのも木村佳乃だ。しかもチコちゃんに叱られても、「旦那はピクリとも動かないんですよ」とヒガシの寝相まで明かしている。

[デイリー新潮]

 

逆にこの程度ネタにしただけで注目されるって、という気もしましたが、要するにこうやって東山さんをネタにしても批判的な声が起きないというのが大事なよう。

 

つまり、女性ウケが良いということです。

 

確かにコレをもし工藤静香さんがやっていたら、いろいろな方面で波紋があったことでしょう。

 

こういう妻の好感度の違いは、もちろん夫である木村拓哉さんと東山紀之さんの人気の違いもあるのでしょうが、根本的に妻本人が芸能活動をしてきた中でのキャラなんでしょうね。

 

木村さんは日航幹部の娘でお嬢さん育ちであり、女優としては堅いイメージがありましたが、実際には「え、それ演るの?」というような変態役も厭わないチャレンジャーな部分もあったとか。それが今のバラエティでの開花に繋がっているのでは。

 

工藤さんはアイドルで、イメージは「パープル」「暴走族の先導争い」「トラックの絵」「派手な男性関係」と、ちょっと一般受けは難しいタイプでしたから。

 

それでもあのキムタクが選んだんだから素敵な人なはず、とはならずに、そんな工藤静香を選んだキムタクって…となってしまったのも、仕方のないことなのでしょう。

 

 

木村佳乃が紅白司会の信憑性

 

木村佳乃さんの好感度の高さはわかりましたが、そうは言ってもいきなり紅白の司会というのも疑問はあります。

 

上記の通り、ここ数年は朝ドラまたは大河主演の女優から選ばれてきていること、それがNHKの宣伝にもなることを思うと、いきなり木村佳乃さんといのもどうなんでしょう。

 

[以下引用]

「可能性はありますよ。彼女はNHKへの貢献度も高い。そもそもドラマデビューがNHKの『元気をあげる〜救命救急医物語』(96年)でしたし、朝ドラは昨年(17年)の『ひよっこ』など4本、大河にも『真田丸』(16年)はじめ3本も出演しています。今年は『チコちゃん~』や『思い出のメロディ』、4月からは『所さん!大変ですよ』の新MCも務めています。司会ぶりは証明されましたし、彼女を紅白に呼べば、夫婦で出演となる可能性が高い。NHKも本気で検討し始めていると思いますよ」(芸能記者)

[デイリー新潮]

 

現在有力候補と言われる綾瀬さんは、ウリである「天然」が司会としては厳しくもあり、進行もダラダラ、視聴者もイライラ、そして綾瀬さんの好感度低下と、誰にとっても良いことがないような気はします。

 

ということで、綾瀬さんか木村さんの二択なら木村さんの司会を見てみたいですが、さて、どうなるでしょうか。

 

 

◆一見の価値あり!

木村佳乃のはっちゃけぶり→ geinou ranking geinou reading

木村佳乃のはっちゃけぶり→ geinou reading geinou ranking

 

※歌は黒歴史と言われています

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※広瀬すずさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

紅白歌合戦2018ジャニーズ枠にKing&Prince決定!Hey!Say!JUMPも滑り込みという噂

9月に入った途端紅白歌合戦の出場歌手の話題が報じられています。

 

今年スキャンダルが多かったジャニーズの中でも、元メンバーの山口達也さんが未成年スキャンダルを起こしたためTOKIOが出演できないのは確定かと思われますが、その他入れ替わりはどうなるのでしょうか。

 

 

※現在こちらのアルバムツアー中

 

まず最初に、昨年のジャニーズからの出場グループをおさらいすると、Hey!Say!JUMP(初)、Sexy Zone(5)、関ジャニ∞(6)、TOKIO(24)、嵐(9)の5つでした。

※( )内は出場回数。

 

NHKがジャニーズに甘いのか、このところジャニーズタレントは周年記念前後に紅白に出るケースが多く、最近だと2015年に35周年の近藤真彦さん、2016年に20周年のKinKi Kids、そして2017年には10周年のHey!Say!JUMPが出場しています。

 

ちなみにV6も2014年に20周年を前に初出場を果たし以降2016年まで3年連続、関ジャニ∞は2012年に8年(=エイト)で初出場で2017年まで6年連続で出場しています。

 

こうして見ると周年記念のご褒美としての1回のケースとブレイクのきっかけのように出るケースがありそうですね。

 

Hey!Say!JUMPがどちらに転ぶかは今年に掛かっているところだと思いますが、こんな記事が出ています。

 

[以下引用]

「ジャニーズはここ数年、Hey!Say!JUMPを猛プッシュし、グループの活動とともに個人の活動にも力を入れている。しかし、ジャニーズが思ったほど人気が出ず。それどころか、5月にCDデビューした新グループ・King&Prince(キンプリ)にすっかり勢いで押されてしまっている。今回のツアーとドームツアーでいかに人気を押し戻せるかが勝負どころ」(レコード会社関係者)

(中略)

昨年はグループとして紅白に初出場。今年の出場が気になるところだが…。

 

「間違いなくキンプリはジャニーズ枠で入る。そうなるとJUMPが枠から漏れても仕方ないが、TOKIOが元メンバー山口達也の不祥事で落選確実。JUMPが滑り込めそうだ」(同)

[リアルライブ]

 

結局のところ、勢いはキンプリに抜かれたもののHey!Say!JUMPも当確で、リアルライブとしての予想は嵐、関ジャニ∞、Sexy Zone、Hey!Say!JUMP、キンプリということでしょうか。

 

そうすると、Sexy Zone、Hey!Say!JUMP、キンプリと3つも似た系統のグループが出ることになって、AKB系も複数出るでしょうからなんだかなあという感じになりそう。

 

個人的には、嵐、Sexy Zone、キンプリは当確かなと思います。

 

嵐は言わずもがな、Sexy Zoneはここまで連続出場で、歌手別視聴率が低いのがNHK的には難点でしょうが、ジャニーズ的には小・中学生くらいには人気があり特に問題もないのに出ないとなると落ち目イメージが生じます。そしてキンプリは事務所の押しもありますし、デビュー曲が57万枚以上売れたので出る資格があるかなと。

 

[Amazon]

 

関ジャニ∞は渋谷すばるさんが脱退することでジュリーさんとの関係が壊れたと言われていますし、渋谷さんの「尊敬する先輩はいない」も「なんでマッチ先輩って言わないの!」と怒られてそうですし、何より渋谷さんが脱退・退所するのは12月末です。ツアーに参加するつもりがあったのに渋谷サヨナラツアーになることを避けるために参加を許可しなかった、なんて話もあるくらいですから、紅白歌合戦が渋谷さんサヨナラの場になるのは良しとしないような。

 

Hey!Say!JUMPはジャニーズ枠との兼ね合いでしょうか。枠に余裕があって、これ以上押しても返ってくるものがあると判断されれば出るでしょうし少ない枠にほかのグループを出したいと判断されれば出ないかなと。

 

比較対象になるとすれば、今年ユニットを結成したKen&TackeyかKis-My-Ft2でしょうか。

 

滝沢秀明さんがもし出るならメリーさんやジュリーさんとも円満に後継者となることが確定でしょうし、ジュリーさんが滝沢さんに嫉妬心を持っていたら出られなそう。

 

キスマイは北山がメリーさんへ膝を折ったので、それが受け入れられていれば紅白のチャンスが与えられるかも。そうなればジャニーズの評価がちょっと上がるかもしれませんね。

 

ちなみにNEWSは論外ですし、TOKIOも論外、ジャニーズWESTやA.B.C-Zもないでしょう。昨年出なかったV6がまさかのTOKIOの代わりとして復活は…もしかしたらあるかも?

 

 

もう一つ、ジャニーズがまるで出ない、という可能性もありますね。

 

「新しい地図」を出すならウチは引っ込めます、という圧力を掛けているんじゃないかと報じられたこともありましたし。

 →ジャニーズが「新しい地図」の紅白出場に横槍

 

もしもジャニーズのグループを一つも出さなければNHKの株が上がるかも?

 

 

◆高須院長「紅白には僕の作品がいっぱい」

えっ!?→ geinou ranking geinou reading

えっ!?→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※新しい地図さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

大波乱必至!2018年の紅白歌合戦にジャニーズは「出なくても…」とプレッシャー中

2018年の紅白歌合戦出場歌手に大幅な変化が見られそうだと報じられています。

 

過去多い年で7組も出場し、白組出場歌手の1/4を占めるとまで言われたジャニーズ勢が一切出場しない可能性が出てきたとか。

 

※TOKIOはまず出ないでしょう

 

だらしないジャニーズに苦言を呈したNHK

 

NHKとジャニーズの不穏な動きは、今年3月末、長く高視聴率を保ってきた朝の情報番組『あさイチ』から井ノ原快彦さんが降板したときから囁かれていました。

 

その後、『Rの法則』でMCを務めていた元TOKIOの山口達也さんが番組出演者の未成年に対しスキャダルを起こし番組終了、続いてNEWSの小山慶一郎さんが未成年に飲酒を強要したとして芸能活動を自粛しMCを務めていたBSの『ザ少年倶楽部プレミアム』が放送延期を余儀なくされています。

 

こういった状況につき、NHKの木田放送総局長が定例会見で「我々が直接、タレントさん個人についてコメントする立場にはない」としながらも、「事務所には責任を持ってコンプライアンスであるとか、教育を徹底していただき、タレント、アイドルである前に社会人ですから、自覚と責任を徹底していただくよう、お願いしたい」と苦言を呈しました。

 

[以下引用]

「NHKの総局長がジャニーズ相手にここまで言うのは、異例中の異例。翌日のスポーツ紙でも大きく扱われ、業界へのハレーションはことのほか大きいですよ。木田氏は『そんなつもりで言ったんじゃないのだけど……』と困惑していたそうです」(スポーツ紙記者)

[サイゾー]

 

NHKは山口さんの事件をきっかけに『Rの法則』が放送できなくなり番組も終了したことについて、受信料で成り立っていることを理由にジャニーズに対し損害賠償を請求する考えがあることを明かしていました。

 

そして、今回の苦言です。

 

ジャニーズタレントの不祥事でNHKの番組に支障が出ているわけですから文句が出るのも当然とは思いますが、NHKの放送総局長が定例会見で言えば影響が大きくなるのも当然で、「そんなつもりじゃ…」というのが本当なら考慮不足としか言えません。

 

ジャニーズとの関係が大事だったなら、苦情は直接言うべきだったかもしれません。

 

 

NHKが山口達也に未成年を献上していた

 

こういったある意味攻撃的なNHKの態度に対し、ジャニーズ事務所は…

 

[以下引用]

ジャニーズ事務所としては、納得いかない部分も多いようだ。小山の件は批判されてしかるべきだが、山口の問題はNHKもグル。週刊誌記者によると「番組出演者に手を出したのは山口だが、それを黙認してきたのは番組スタッフ。むしろ、山口がロリコンなのを把握した上で、未成年女性を“献上”していた感すらある。ジャニーズもそのあたりの事情を把握しているので、NHKだけが被害者ヅラするのは納得がいかないようです」という。

[サイゾー]

 

山口さんの被害者はNHKスタッフの支持で連絡先を交換していたとも報じられています。

 

もちろん悪いのは山口さんなのですが、未成年を預かるスタッフの責任として、山口さんを厳しく戒めることが難しいなら山口さんの手が及ぶことがないよう気を配るべきだったでしょうね。

 

事実山口さんと女性スタッフが一緒に泊まりのロケに出ることがないようにしていた局もあるといいますし。

 

NHKはそれどころか山口さんを助長させるようなことをしていたといいますから、悪いのは山口さんであり管理できなかったジャニーズだとわかっていても、あまりに上から目線で責められればイラッとくるだろうなとは思います。

 

ということでジャニーズも反撃に出ているよう。

 

 

2018年の紅白歌合戦は…

 

[以下引用]

前出スポーツ紙記者いわく「紅白にジャニーズは欠かせないが、今年は雲行きが怪しい。一部メディアでは『NHKがジャニーズ枠を減らす』と報じているが、真相は逆。現場を仕切る次期社長のジュリーさんが『いろいろ言われるんだったら、出なくても……』とプレッシャーをかけている」と明かす。

[サイゾー]

 

いくらスキャダルにあふれていようが、紅白からジャニーズがいなくなったらそこをどう埋めるか困っちゃうでしょうね。司会も長年ジャニーズ頼みでしたし。

 

ちなみに昨年はHey! Say! JUMP、嵐、TOKIO、関ジャニ∞、Sexy Zoneの5組が出場しました。

 

5年単位の区切りの年に初出場を果たすグループも過去多くあり、何もなければ15周年のNEWSも今年出てたんじゃないかと思いますけど、それはもうないでしょうね。

 

NHKは企画枠で元SMAPの3人を出すんじゃないかという話もあり、実現すれば話題になると思います。今年の紅白の出場者を見れば、NHKとジャニーズの関係性がよく分かりそうです。

 

◆ジャニーズじゃなくてもかっこいい芸能人はたくさん!

実際に見てかっこよかった俳優→ geinou reading geinou ranking

実際に見てかっこよかった俳優→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング