パンくずリスト
  • ホーム
  • 米倉涼子
タグ:米倉涼子

 

テレビ朝日の超人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が、ついにシリーズ打ち切り内定になったといいます。

 

しかも、主演の米倉涼子さん自身が申し出たそうで、その裏にはある理由があるとか・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】ドクターX ~外科医・大門未知子~ 7 Blu-ray-BOX【Bl...

価格:26235円(税込、送料無料) (2022/7/12時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「テレビ朝日サイドの再三にわたる出演オファーを足蹴にし、ミュージカル『CHICAGO』に専念するというのです」(事情通)

 

ひたすら我が道を行く――そう言えば聞こえもいいが、ワガママを貫いている状態にしか見えないと陰口されているのが女優の米倉涼子だ。

 

「テレ朝のドラマ担当幹部らは、胃痛と不眠症に悩まされているそうです。米倉は一度、言い出したら後には絶対引かないガンコな性格なんです。交際中の彼氏と破局するとか、それくらいの大きな出来事がないと『ドクターX』最新版の話は前に進まないでしょう」(テレビ朝日関係者)

 

さらに、周囲を驚かせたのが、『ドクターX』の打ち切りを申し出たのは米倉本人だったといわれる点だ。

 

「恋人で結婚間近にあるアルゼンチン人タンゴダンサーのゴンサロ・クエッショ氏の影響です。コロナ第7波が来るのは時間の問題で、再びさまざまな制限がかかる前に彼はアルゼンチンに帰って親の世話をしたいそうです。米倉も付いて行くべきか迷っている。即決できないのは独立して新事務所を立ち上げた責任があるから。最終的にはアメリカに移住するという話も出ている。ミュージカルに軸足を置きたいんです」(芸能プロ関係者)

 

毎回『ドクターX』で披露していたお色気シーンにも限界を感じているという。

 

「米倉も8月1日で47歳ですからね。立派なアラフィフ。いつまでもミニスカや入浴シーンはきつい。そもそも、ドラマは演技力ではなく、このお色気シーンで数字を取っているのでは…というジレンマもあります。また、最新の第7シリーズで過去最低となる世帯視聴率14%台を出してしまった。明らかに、視聴者が飽き始めていることを肌でヒシヒシ感じている」(夕刊紙記者)

[週刊実話]

 

 

まあ、すでに第7シーズンまできましたからね、「ドクターX」も。

 

さすがにマンネリ化は否定できませんし、視聴率も下がり気味ですから、米倉さんとしても簡単にクビを縦に振るわけにはいかないのでは?

 

もちろん、たとえ視聴率が落ちてもしがみついていたい人もいるでしょうけど、米倉さんほどの大物ともなればプライドもあるでしょうし、

 

「落ち目になってから終わるのはイヤ!限りなく全盛期のうちに終えたい」

 

と考えているように思います。

 

しかし、テレ朝側はいまもしつこく米倉さんを口説いているようで、同ドラマを期末期首の特番ドラマとして編成する方向で勝手に調整しているんだとか。

 

テレ朝の看板ドラマ「相棒」は、新相棒に初代相棒寺脇康文さんが復活ということでシリーズ終了へ向かっていると言われています。

 

なので、ここで「ドクターX」もあっさり終わってしまっては、喪失感があるのは事実。

 

米倉さんも、特番なら仕方ない、という譲歩もありかもしれませんが・・

 

和田アキ子さんに怒られてるところにエイベックスの松浦さんから助け舟を出されたら、

 

「アンタは黙ってて!」

 

とピシャリと言っちゃうくらいの人ですから、ないと決めたらないような気もしますが。

 

「北川景子は整形ブス」「菜々緒うすらでっかい女」「石原さとみは…」avex松浦勝人の暴言が呆れる

◆女性芸能人の学生時代画像いろいろ

トップバッターから美しい→ geinou ranking geinou reading

トップバッターから美しい→ geinou reading geinou ranking

 

※さみしい。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米倉涼子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

視聴率の女王・米倉涼子さん(46)と奇跡の美魔女・石田ゆり子(52)さんの間に、新たな因縁が勃発してしまったようです。

 

二人は以前から“共演NG” であると囁かれていますが、どうやら今回はある男性を巡るトラブルのようで、下手すると流血沙汰になる恐れもあるとか、ないとか・・

 

◆熱中症対策にスカスカのメッシュマスクをどうぞ!



 

 

[以下引用]
「石田さんが不定期でMCを務めるJ-WAVEの番組に、なんとTBS局員の安住紳一郎(48)アナがゲスト出演。もちろんTBSの番組を通して親交もあり、スタイリストも同じで常に連絡を取りあえる関係にあるため、特例で安住アナの出演OKが出たようです」(ラジオ番組プロデューサー)

 

安住アナと言えば、米倉と熱愛のウワサがあることは有名だが、そこにかこつけて女性セブンが『共演NGの2人の関係を取り持つのは安住アナ』と締めた。

 

「2人ともかなり以前に、元男闘呼組の俳優・岡本健一(53)と交際報道があった。交際時期は被ってはいないが、業界の『交際被りは共演させない』という忖度ルールにより、まったく共演していないのは事実。そして、それぞれ親交が深い独身の安住アナを、今後は2人の独身美熟女で取り合う可能性があるかも」(芸能リポーター)

 

岡本との交際歴によって、本人たちの意志に関係なく忖度が働き “共演NG” となった2人が、今度は新しい男性をめぐっての “因縁バトル” となるか。

 
「さっそく石田はインスタグラムで、セブンの共演NG記事に『全く根も葉もない』と猛反論。そりゃ、自分の意志で『共演NGにして』と伝えたことはないはずですから当然でしょう。しかし米倉の方は、この件を完全スルー。格上で主演も多い米倉の方が『共演NGリスト』に石田の名前を入れていた可能性は捨てきれない」(同前)

 

米倉は、石田以上に共演NGのウワサのあった鈴木京香(54)を、昨年行われた自身の事務所設立1周年記念ディナーショーのゲストに招いて『テレビ局がなぜか共演させてくれないけど、ずっとお会いしたかった』と、自ら電撃共演を実現し話題を振りまいていた。

 

次に米倉が開くディナーショーに、果たして石田もゲストとして招かれるのか……その時になれば、2人の “共演NG” の真偽が明らかになるだろう。

[覚醒ナックルズ]

 

これはダメですよ、J-WAVEさん!

 

安住アナといったら、米倉さんが密かに狙っているオトコなのは、誰でも知っています。

 

そんな男性をよりによって同じアラフィフの共演NG女優につなげちゃうなんて・・

 

まさか、二人を煽って何か企んでるとか?

 

それとも、石田ゆり子さんがついに結婚に向けて動き出したとか?

 

◆石田ゆり子が結婚しなかった理由。それはこの超大物が関係しているんです!

 マジ?→ geinou ranking geinou reading

 マジ?→ geinou reading geinou ranking

 

石田さんについては、近くに人がいる生活なんて耐えられないとか、ペットの世話と仕事で結婚んなんて無理とか、いろいろと言われています。

 

ですが、本人は結婚願望を持っていることを公言していますし、決して”生涯独身”をポリシーにしているわけではありません。

 

一方、米倉さんも一度は結婚に失敗したものの、再婚して次こそ幸せになってやる!という野望を持っているとも言われていて、その最重要ターゲットが安住アナだともっぱら。

 

これはアラフィフのビッグネームによる流血沙汰に発展しちゃうかも!?

 

安住さん!

 

今すぐポリアモリーを宣言して、事態の収集を図ってくださいな。

 

※てゆーか、芸能人全てが宣言すべき。ねえ、渡部さんっ!?



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石田ゆり子さん、米倉涼子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

米倉涼子さんの代表作『ドクターX』がついに終了しそうだと報じられています。

何度となくささやかれ続けてきた終了説ですが、今回は割とマジなようで…

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【プレゼントにもお勧め!】おもしろtシャツ 俺流総本家 魂心Tシャツ 私、失敗し...

価格:2480円(税込、送料無料) (2021/12/5時点)


楽天で購入

 

[以下引用]

誕生から10年目に突入した米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)に陰りが見え始めている。今年で第7弾を迎えたが、初回の世帯平均視聴率は19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と今期トップの好発進だったものの、第2話以降は15~16%台とかつての勢いは見られない。

 

「なにより米倉やスタッフがショックを受けていたのは、11月25日放送の第7話の視聴率でした。この日は田中圭のゲスト回で、田中演じる外科医の森本は9年前の第1シリーズ、そして4年前の第5シリーズにもレギュラー出演しており、今回4年ぶりの再登場ということでネットニュースなどで話題を呼んでいたのですが、ふたを開けてみるとシリーズ歴代ワーストとなる14.9%と、売れっ子俳優を投入してもふるわなかった。

 

しかし田中がどうこうではなく、もはや“フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)が病院内での敵や壁に立ち向かう”というストーリーが飽きられてきているのは間違いない。視聴者からも『マンネリ化』『ワンパターン』の声が飛び交っていますが、どんなに深刻な病状となっても、最後には手術が成功するのはわかりきっていますからね。予定調和な内容が退屈になるのは当然で、実際、『ドクターX』は放送開始から15~20分後には視聴者が離れてしまう傾向が見られるそう。見せ場だったはずの大門の手術シーンもどんどん短くなっています」(テレビ誌ライター)

[日刊サイゾー] 

 

 

シリーズ開始から10年目となり、現在放送しているのは第7シリーズとなっていますが、これまでも、米倉さんが乗り気ではないと、何度も終了の噂は流れていました。

 

しかし今、シリーズが続いているのは、昨年3月に米倉さんがオスカーから独立し個人事務所を立ちあげたため、社員のためにも継続を決めたとも言われています。

 

一方で、年齢的にもミニスカ衣装や入浴シーンはキツいと感じているとか、現在交際中のアルゼンチン人バレエダンサーが、新型コロナが収まってきたことで国に帰りたがっているという話もあるとか。

 

もともと海外進出したいという思いもあり、Netflixのオファーを受けたのも、作品に出演すれば世界に顔を売ることができるから、ということもあったと言われており、海外進出が叶えば、もはや『ドクターX』がなくても社員を食べさせられますしね。

 

驚愕!米倉涼子、ドラマ1本のギャラが総額1億円の大台突破!

 

とはいえ、今の時代に14.9%はじゅうぶん高視聴率ですから、テレビ朝日としてはこのまま続けていきたい。

 

ということで、間を取って、今後は連ドラではなく特番で継続するという形で折り合いがついたとテレビ関係者がコメントしていました。

 

テレ朝には『ドクターX』以外にも『相棒』『科捜研の女』という人気シリーズがありますが、いずれも終了の噂はあります。

 

テレ朝的には厳しいでしょうが、次々と新しいシリーズ物も始まっていますしね。

 

視聴者の中には2時間ドラマの復活を望む声もありますし、BIG3は殿堂入りということで、特番化でいいのでは。

 

しかし、田中圭さんやばいですね。

 

記事では「田中がどうこうではなく」とありますが、いや、田中さんが人気だというなら、田中さんで最低を更新はしてはいけないでしょう。

 

脇をやっていたころはさわやかだったのに、実はお酒にだらしないのが露呈して、もう人気なくなったんでしょうね…。

 

◆米倉涼子のモデル時代の顔!よく見れば他にもいろんな現「女優」が…

若い!→ geinou ranking geinou reading

若い!→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米倉涼子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

「ドクターX」シリーズの大ヒットにより、日本トップの高視聴率女優としての地位を盤石にした米倉涼子さんですが、どうやらギャラがとんでもないことになっているみたいです。

 

 



 

 

[以下引用]

「現時点の平均視聴率が16%超と十分高いのですが、ほぼ全てのシーズンで全話の平均視聴率が20%を超えているだけに、局内では視聴率低下を指摘する声もあります。そうは言っても、この時代にこれだけ数字を取れるドラマはほかにありません」(テレビ朝日関係者)

 

’12年から『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズで主演を務めて今年で10年目を迎えた米倉涼子。放送中のシリーズ7作目でも躍動する米倉だが、実は出演に際して迷いがあったという。

 

「代表作ではありますが、イメージが固定化されることを懸念した米倉さんは今シーズンに出演するかかなり悩んでいたといいます。局としてはドル箱だけにシーズン10まで続けて、映画化も検討しているシリーズ。なんとか米倉さんを説得するために、1本500万円だったギャラを800万円に上げてオファーしたそうです。 最終的に米倉さんは、昨年にオスカーを退所し、個人事務所の社長になったこともあって“コロナ禍に仕事をもらえるだけありがたい”と快諾し、“ギャラも据え置きで”と逆提案したそうです」(前同)

 

ギャラアップを断るという粋な計らいを見せた米倉だが、実は別の作品で驚きの契約を結んでいた。 それは、来年1月にNetflixで全世界同時配信される『新聞記者』だ。

 

「’19年に公開され、日本アカデミー賞を総ナメした同名映画のドラマ化で、共演者も綾野剛さんや寺島しのぶさんと豪華な布陣。米倉さんのギャラは1話で800万円ほどと、Netflix側もかなり力を入れているそうです」(芸能関係者)

 

さらに、この契約にはおいしい“オプション”もあるという。

 

「Netflixのようなストリーミングサービスでは、各話の出演ギャラに加えて、配信後の反響を加味したオプションのギャラも用意しています。すでに大きく宣伝していますし、米倉さんのギャラはトータル1億円に達するかも」(前出・テレビ朝日関係者)

[女性自身]

 

ということで、米倉さんのギャラは1話800万円まで相場が跳ね上がっているようですね。

 

地上波テレビの連ドラは10話が標準なので、1作品8000万円!

 

うーむ、スゴイ・・

 

こちらの記事では「ギャラ半額を申し出た」とありましたが、「ギャラ据え置き」というのが正解だったんですね。

 

なぜ?絶好調の米倉涼子に大ブーイングが起きる意外な理由

 

さらに、ネトフリやアマプラのような動画配信サービスでは、プロスポーツでいうところのインセンティブ契約があるので、全6話の「新聞記者」でも1話あたり1000万円超えは確実だといいます。

 

また、地上波テレビと最も違うのは、世界同時配信というところ。

 

日本国内だけではなく、世界中で大ヒットとなれば、インセンティブによる高額ギャラ以外にもデッカイおまけが付いてきます。

 

たとえば、今年9月にNetflixで配信開始され世界中で大ブームを巻き起こした韓国ドラマ「イカゲーム」で、メイン級の役を演じていた女優・チョンホヨンさんなどは、名だたるハイブランドからの指名が殺到し、笑いが止まらない状態になっているんだそう。

 

つまり、米倉さんにとっても世界進出の大きな足掛かりになる可能性があるわけです。

 

「私、失敗しないので」

 

が、世界中で認知される日も近いかもしれません!

 

◆女優の年収ランキング!

 異議あり!→ geinou ranking geinou reading

 異議あり!→ geinou reading geinou ranking

 

◆このジャージでお生姜雨を過ごしてみてはいかが?



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米倉涼子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング